話題

ACジャパンのCMが最近多い理由はなぜ?安倍晋三元首相との関係とは

ACジャパンのCMが2022年7月に入って特によくTVで流れています。

特に午前中に放送される朝のワイドショー情報番組では連続で流れることも多いです。

そして、2022年7月8日に起きた安倍元総理の事件以来、ACジャパン日本広告機構のCMが多くなっている印象があります。

この記事は、ACジャパンのCMが2022年に多くなっている理由を、安倍元首相との関係を元にお伝えします。

 


ACジャパン2022のCMが多い理由はなぜ?

2022年のACジャパンのCM が多くなった理由ですが、 東証プライム(旧東証1部)の大手企業の営業関係者の証言がありました。

  1. 「前代未聞の有事が起きた中でCMを放送し、企業イメージが下がるのを懸念したため。」
  2. 「安倍元首相の事件で銃撃されるリアルな瞬間がテレビ番組で何度も放送され、視聴者には強烈な〝残像〟がある。そんな有事の環境下でCM放送しても、スポンサーとしては商品の魅力が視聴者に伝わるか疑問。各スポンサーが不謹慎だから〝自粛〟というよりCM効果が薄いから〝中止〟というスタンスを取ったためです。」

 

「CM中止」が終わるまで、7月17日の日曜日頃までかかるようです。

大きな災害や全国民の気持ちを揺るがす衝撃的な事件が起きた時、浮かれたCMを流すのはかえって評判を落とすのではないかと企業側がテレビCMを取り下げるのですね。

実際にSNSでも、CMがACに切り替わったとの意見が多いです。

2022年7月8日の事件当日、テレビ各局は予定していた番組を相次いで取り止め、正午過ぎから報道特番を展開した時も、ACのCMが流れていました。

そして7月10日の参院選の選挙特番でもACのCMが少なくありませんでした。

思い出すのが2011年の東日本大震災です。

この時も多くの人々が被災されたので「それどころではない。」とCMのほとんどがACに切り替わっていました。

安倍晋三元総理がご逝去された2022年7月8日は、与野党とも選挙活動を一斉に自粛したたため、政党CMも自粛されたようです。

本来、参院選挙前は政党のCMが多かったのでそのCM枠にACジャパンが入ったという意見がありました。

7月9日(土)10日(日)は特にACジャパンのCMが多かったとのとで、この期間に日本広告機構のCMが増えたのは「政党のCMの差し替え」と考えられます。

 

 

安倍元首相の特番で急遽番組差し替えの影響について

7月8日の夜はどのテレビ局も安倍晋三元総理の特別番組を組んでいて、急な特番の場合はACジャパンが入るという意見がありました。

ただしACジャパンのCMは週明けの11日(月)にも多く流れているので、安倍晋三元総理の事件に対して各企業の広告自粛は関係あるのかもしれません。

事件と関係あるのか、詳しく調べてみました。

安倍晋三元総理大臣の件との関係について

多くの企業が喪に服して、自粛でCMをACジャパンに置き換えていると推測されます。

ただし安倍元総理の自粛だけがACジャパンの増えて理由ではなく、やはり少し前からACジャパンのCMは増えていたのは間違いありません。

先日起きたau通信障害によるCM自粛や、安倍元総理の事件に対する各企業の自粛が、ACジャパンCMの増えた理由と推測出来ます。

なお広告枠をACジャパンに置き換えても、広告料は企業が支払うと言われています。

ACジャパンのCMが流れたことで2011年3月11日の東日本大震災を思い出す人も多く、CMの内容がとても気になる人は多くいました。

ACジャパンのCMは興味深い内容が多いのですが、当時のことを思い出してしまうので、早く従来CMに戻ってほしいとの声が多く見られました。

error: Content is protected !!