話題

イオンラウンジ再開いつから?営業店舗が閉鎖やなくなる可能性もあるのか調べてみた

イオンラウンジと言えば、お買い物の合間に休憩がてらゆったりくつろげるスペースとして人気ですよね。

そんなイオンラウンジですが、2020年春から新型コロナウィルス感染の拡大に伴い、全国の店舗で休止・閉鎖の状態が続いています。

2022年に入っても感染者は増えており、いつから再開になるのでしょうか??

今回は「イオンラウンジの再開はいつから?営業している店舗やなくなる可能性もあるのか」と題して、2022年現在分かったことをお伝えします。

 


イオンラウンジ再開の見込みいつから?営業している店舗はある?

イオンラウンジの再開時期についてですが2022年5月に入ってもなお、イオン公式サイトには以下の通りのお知らせが掲載されています。

新型コロナウィルス感染症の、感染防止拡大に伴い、イオンラウンジは休止しております。

新しい生活様式に沿ってお客さまの安全が十分確保できることを基準として再開の判断をさせていただきます。

お客様にはご不便をおかけして誠に申し訳ございませんが、ご理解・ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

(引用元:公式サイト

営業再開の時期に関しては安全確保が出来次第・・となっており具体的な日時が明記されていない状況です。

2020年夏には収束すると思われていたコロナの感染が、2020年12月には東京都の感染者だけで2,000人を超えていき、冬の季節に入っても全国的に広がりました。

翌年の2021年3月21日には1都3県の緊急事態宣言が解除となったものの、徐々に感染者数も増加の傾向が。

その後10月には感染者数が全国的一ケタ台となり緊急事態は再解除となりましたが、12月に入ってオミクロン株が全世界的に流行。

3年目となる2022年も全国的に感染者数は増減を繰り替えしています。

その為コロナ前にマスク不要だった「安心して生活できる」までは再開の目処が立っているとはいいがたいです。

これまでだったらお買い物をしながら一息休憩したかったところですよね。

ラウンジ再開の調べ方は、各店舗でのお知らせ・もしくは公式サイトでアナウンスされます。

営業再開した場合も恐らく店舗一覧にて記載されると思われますので、チェックしてみてください。

→イオンラウンジ店舗一覧

 

 

イオンラウンジ閉鎖いつまで?なくなる可能性について

「イオンラウンジがなくなるのでは?」との巷の声もあがっています。

感染症の拡大の影響で、「新しい生活様式」を取入れるざるを得なくなったことにより従来のような休憩方法を確保できないのが理由の一つです。

また閉店や休業するイオン系列の店舗もあります。

愛知県にある「イオン名古屋みなと店」が、2021年2月28日をもって一時休業となることが分かりました。

イオン名古屋みなと店 2021年2月28日をもちまして一時休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。イオン名古屋みなと店は、1999年のオープンから21年と長きに亘り、地域のお客さまのご厚情をいただきながら営業を続けてまいりましたが、2021年2月28日をもって一時休業します。今後は新たに建替えし、お客さまにより快適な店舗環境で、ご満足いただける品揃えやサービスを提供する店舗へと生まれ変わります。

長年に亘る皆さまのご愛顧に従業員一同、心から感謝を申し上げるとともに、ご健勝をお祈り申し上げます。

イオン名古屋みなと店における諸般のサービス等については、引き続きイオンスタイル名古屋茶屋にて承ります。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。

イオン名古屋みなと店

店長 穂苅 秀彦

従業員一同

 

大阪府吹田市の阪急千里線南千里駅近くにあるイオンリテールの総合スーパー「イオン南千里店」は、2021年5月31日をもって一旦閉店しています。


南千里店については完全閉店ではなく、リニューアルして今冬にイオンが一部店舗としてオープンするとのことです。

【2021年1月1日追記】

休業でなく、イオンモール系の店舗の完全閉鎖は、2022年に入って既に3店舗の閉鎖が決まっています。

【2022年度】

  1. 松阪ショッピングセンターマーム/イオン松阪店:1月31日(月)
  2. イオン 佐世保店:2月28日(月)
  3. イオン旭川春光店:2月28日(月)
  4. イオン東鷲宮店:4月10日(日)

今後のコロナの収束状況によっては閉鎖の店舗が増える可能性もあります。

 

 

イオンの経営状態は大丈夫?

コロナの影響によりイオンの経営そのものに、マイナスの売り上げが続いていることも関連しています。

イオンが発表した2021年2月期第1四半期決算によると、営業収益2兆762億7800万円(前年同期比1.9%減)、営業損失125億5200万円(前期は277億4500万円の利益)、経常損失160億7200万円(前期は242億4000万円の利益)、親会社に帰属する当期損失539億7300万円(前期は43億4200万円の損失)となっています。

新型コロナウイルス感染拡大下、地域のライフラインとして食品・生活必需品ニーズに対応したものの、感染防止のため緊急事態宣言を受け店舗の臨時休業、営業時間短縮などが行われました。

これらの対応に起因する費用及び損失等298億9300万円を新型感染症対応による損失として特別損失に計上されています。

なのでこの状態が今後も続いていくとなると、イオンラウンジが再開されたとしても利用の基準の大幅変更もあるかもしれません。

(おひとり様につき、月一回までの使用など。)

長期に渡って再開されない日が続いていることで、ゴールドカードやイオンの株を持つ意味があるのだろうか?との声もあがりだしています。


またイオンが2020年12月にweb配信で株主説明会をおこなう前に何らかの発表があるのでは?という声があがりましたが、特に何の説明もありませんでした。

その事でやはり、イオン株を売ってしまおうとの声もあがり始めています。

さすがに2020年・2021年に続いて2022年度も何も発表がないということは考えられないので、2022年5月25日(水曜日)・午前10時から始まる株主説明会での発表を待つしかないようですね。

ちなみに宮城県の「イオンモール新利府」がリニューアルオープンしましたが、イオンラウンジが設置されているので、閉鎖はない、とみなしてよいのではないでしょうか。

今回はイオンラウンジの再開について、2022年現在分かったことをお伝えしました。

公式サイトの発表により、イオンラウンジの再開時期はまだまだ未定です。

以前の通常営業の時は列ができるほどの混雑ぶりで密になる空間だったこともあり、無理もないかなと思いますが残念ですよね!

イオンラウンジについては、また再開の情報が入りましたら更新したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!