肥土伊知郎の逆転人生プロフィール!高校や妻は?秩父ウィスキーも調査!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ベンチャーウイスキー代表取締役の肥土伊知郎さんが、NHKの「逆転人生」に出演されましたね!

 

近年ジャパニーズウィスキーが高く評価されています。

 

そんな中、肥土さんが商品化した、イチローズモルトの製品が高額で落札されました。

 

肥土伊知郎社長はどんな方でしょう?

 

今回は、肥土伊知郎さんの名前の読み方、妻や高校などプロフィールを調査してみました!

 

スポンサーリンク

肥土伊知郎の逆転人生プロフィール!高校や妻は?

 

まずはこちらで、肥土伊知郎さんのプロフィールをご紹介させていただきますね!

 

 

肥土伊知郎さん、珍しい苗字ですよね!

 

読み方を調べてみますと「あくと いちろう」です!

 

この名字は埼玉、東京、群馬に多いそうで、肥土伊知郎さんが埼玉県秩父市出身の方なので、本当にその通りという感じですね!

 

あくと(現茨城県である常陸国真壁郡関本肥土が起源(ルーツ)である)など関東地方に多数みられる。

名前由来net

 

肥土伊知郎さんの、生年月日は、1965年(昭和40年)ですので、2020年現在の年齢は、55歳になります。

 

肥土社長は、江戸時代から続く日本酒の蔵元の21代目として育っています。

 

ちなみに、祖父は羽生蒸溜所を運営していた、東亜酒造の設立者でもあります。

 

肥土伊知郎社長の出身高校は公表されておりませんが、おそらく、地元埼玉県秩父市の進学校に通っていたものと推測されます。

 

ちなみに秩⽗市の⾼校は、「秩⽗⾼等学校」「秩⽗農⼯科学⾼等学校」の2校しかありませんので、このどちらかの⾼校に通っていた可能性があります。

 

高校卒業後は、東京農大農学部醸造学科へ入学。

 

大学卒業後は、サントリーに入社し、仕事は充実していたので、定年まで勤めてようとしていたそうです。

 

ですが、29歳の時に、東亜酒造の経営が傾いてしまい、父から家業を手伝うよう要請されて、実家に戻って、笹の川酒造でイチローズモルトを立ち上げることになりました。

 

そんな肥土伊知郎さんのプライベートはどうでしょうか?

 

ご結婚されてるのか、妻がいるのか調べてみますと、長女がいることがわかり、しかも2018年に20歳を迎えています。

 

もしかしたら一緒にお酒を飲んだのかもしれませんね!

 

肥土社長の夢の一つに、将来、子供と一緒にお酒を飲むことでしたので、もしそうなら夢を叶えていることになりますね。

 

将来はその娘さんにベンチャーウィスキーを継いでもらえたら・・・と考えているそうです。

 

もし継いでもらえたら嬉しいとおっしゃられていました。

 

お子さんがいらっしゃったので、すでに結婚されていたということですね!

 

スポンサーリンク

肥土伊知郎社長の秩父ウィスキーとは?

 

もともと、モノづくりをしたかった肥土伊知郎社長。

 

軽井沢蒸溜所やベンリアック蒸溜所、本場スコットランドの有名蒸留所でも経験を積んでいます。

 

イチローズモルトに至るまでの経歴を見ていきたいと思います!

 

・1965年:江⼾時代から続く⽇本酒の蔵元の21代⽬として秩⽗市で⽣まれる

・1988年:⼤学を卒業しサントリーに⼊社

・1993年:サントリーを退社し、家業の東亜酒造に⼊社

・2000年:東亜酒造は経営破綻し⺠事再⽣法の適⽤を受ける

・2001年:⽗親から経営を譲り受け社⻑に就任

・2003年:同社を⽇の出通商(現⽇の出ホールディングス)に売却肥⼟は東亜酒造の⽻⽣蒸溜
所にあったウイスキー原酒を福島県の笹の川酒造に預ける

・2004年:東亜酒造は⽇の出通商グループ⼊り肥⼟は同社から離れ、9⽉に秩⽗市にベンチャーウイスキー社を設⽴

・2005年:笹の川酒造にあるウイスキーを「イチローズモルト」として商品化

・2007年:スコットランドのベンリアック蒸留所で研修を受け、11⽉に「ベンチャーウイスキー秩⽗蒸溜所」が完成

 

2005年の、「イチローズモルト」は、 カードシリーズの「キング オブ ダイヤモンズ」(KINGOFDAIAMOND)ととして、イギリスの『ウイスキーマガジン』のジャパニーズモルト特集で、最⾼得点の「ゴールドアワード」に選ばれています。

 

これらのシリーズが、54本セットで香港で競売にかけられ、約719万2千香港ドル(約9,750万円)で落札されました。

 

このシリーズは、アジアの女性コレクターが落札し、日本産ウイスキーの落札額では過去最高となったことで、話題になりました。

 

落札されたのは、1985年から、2014年に製造された「イチローズモルト」シリーズの54本セットです。

 

それぞれが違った樽で熟成され、ボトルのラベルにトランプのカードがデザインされているという、凝った造りになっています。

 

トランプのカードは♥♤♣♢の4種類×1~13までの数字、あとはジョーカーが2枚で、54本となります。

 

肥土社長のアイデアが、世界でも評価されていることが分かりますね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、肥土伊知郎社長について、経歴プロフィールについて、まとめてみました!

 

54本のウイスキーセットが、約1億円という超高額で落札されるなんて、それだけ肥土さんのものづくりが、世間から評価されていることですよね。

 

どんなに人気が過熱しようとも、品質の良いものづくりを貫く姿勢は揺らいでないので、今後も注目していきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© nikmatic story , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!