青のSP

青のSPドラマ最終回結末ネタバレ予想!スクールポリスは閉鎖される?

「青のSP(スクールポリス)」火曜ドラマ

2021年1月12日スタート・毎週火曜日夜21:00~/フジテレビ

公立中学校にスクールポリス制度が設けられたらどうなる?

警視庁捜査一課の刑事日本初のスクールポリスに志願する嶋田隆平役を演じるのは藤原竜也さんです。

今回は、「青のSP(スクールポリス)」ドラマのラスト最終回結末をネタバレ予想してみました!


青のSP(スクールポリス)ドラマ最終回結末ネタバレはこうなる

今回のドラマの最終回ネタバレ予想として考えたのは、佐々木充郭による『スクールポリス』の小説原作通りの結末と同じににはならないでしょう。

学校内に警察制度が置かれることで一度は学校の秩序も保たれるのですが、生徒だけでなく教師の中に問題を起こす先生がいたことでトラブルが発生するも、藤原竜也さん演じる嶋田隆平(しまだ りゅうへい)が解決していきます。

ですが、嶋田が配属された「赤嶺中学校」はそんな単なるトラブルが起き続ける問題の多いだけの中学校ではありません。

2月2日の第4話放送の中で校長(高橋克実さん)が何やら意味ありげな電話をしている場面がありました。

この場面があったということは校長自体にも問題があるということなのです。

学校の最高責任者である校長が嶋田に弱みを握られるのは嫌でしょうから、校長は嶋田に言いがかりをつけてクビにするのです。

それだけ現在の学校というのは闇深い問題が根付いているという、終わり方にになると考察してみました。

青のSPスクールポリスドラマのロケ地や撮影場所!

青のSP(スクールポリス)ドラマの内容について


フジテレビドラマ「青のSP(スクールポリス)」は、作家・佐々木充郭さんによる『スクールポリス』(ポプラ文庫)を原作として作られています。

 

毎話あぶりだされる“悪”を成敗する“爽快感”が見どころの本作。

「校内に警察がいる」という特殊な設定の中で起こる事件の犯人をスクールポリスが次々と成敗していく。

「守ってやるが、容赦はしない」という言葉通り、教師でも生徒でも、法に触れれば容赦無く逮捕する嶋田は、想像を絶する解決方法でトラブルに対処する。

荒療治と思われる強引な手法だが、次第に学校や生徒の心にもさまざまな変化が起こっていく…。

さらに、生徒・教師・嶋田の命を狙い迫ってくるさまざまな敵と戦うシーンでは、激しいアクションが展開され、“爽快感”が倍増!

そして、気になるのは嶋田の過去と目的。

子どもたちに対し、冷酷で容赦ない面と命の危険から子どもたちを守る面の両方の顔を持つミステリアスな存在の嶋田の“秘められた過去”が次第に明らかになって行く…。

スクールポリスは、敵なのか、味方なのか!?

そして、警視庁捜査一課の敏腕刑事からスクールポリスとなった目的とは!?

 

 

青のSP(スクールポリス)としてドラマに登場する主なキャストは、こちらの方々です。

  • 嶋田隆平(しまだ りゅうへい)…藤原竜也さん
  • 浅村涼子(あさむら りょうこ)…真木よう子さん
  • 三枝弘樹…山田裕貴さん
  • 水野楓(みずのかえで)…山口紗弥加さん

他のキャストさんについては「青のSPドラマあらすじキャスト」で詳しくお伝えしています。

 

青のSP(スクールポリス)のドラマにSNS上の声は?

 

「青のSP(スクールポリス)」のドラマが決まったことに、世間の声を見てみましょう~♬

おわりに・・・

今回は青のSP(スクールポリス)のドラマについて、あらすじネタバレからラスト最終回を予想してみました。

2021年年明けからのドラマになりますし、どう考えても悪い結末にはさせないハズ!だと思ったのですが、敢えて悪い展開になると思いこの予想をたててみました。

2021年1月放送スタートで繰り広げられるこれまで取り上げられなかった「スクールポリス」についてのドラマを見れるということで、今から楽しみです~(⌒-⌒)

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!