エール朝ドラ

佐久本宝の演技やドラマは?朝ドラエールや3年A組(怒り)の作品を調査!

若手俳優の佐久本宝(さくもと たから)さんが、2020年3月30日(月)から始まる、NHK朝ドラ「エール」に出演されますね。

 

映画「怒り」の演技が、デビュー作にもかかわらず注目され、着実にキャリアを積まれてきました。

 

今回は、佐久本宝さんの経歴プロフィールから、身長や出身地、演技力など、さまざまな角度から調査してみました!

 

スポンサーリンク

【佐久本宝】経歴プロフィール

 

まずはこちらで、佐久本宝さんのプロフィールをご紹介させていただきますね!

 

芸名のような名前ですが、佐久本宝さんは本名なんです。

 

佐久本宝さんの、生年月日は1998年、7月22日ですので、2020年現在の年齢は、21歳になります。

 

出身地は沖縄県うるま市で、血液型はA型、身長は163cmとなっています。

 

身長が163cmということで、日本人の男性平均170cmよりは低めなんですよね。

 

ちなみに、朝ドラ「エール」で共演している窪田正孝さんは175cmで、佐久間さんと10cm以上も差があります。

 

ですが、画面から見ていると、佐久本宝さんって身長以上に大きく見えるんですよね!

 

それだけ役者としての存在感があるということなんでしょうか?

 

そんな佐久本宝さんが、芸能界デビューとなったキッカケは何だったんでしょう?

 

佐久本宝さんは、高校2年生の時に、沖縄の舞台・現代版組踊「肝高の阿麻和利」に七代目阿麻和利役で出演していました。

 

この舞台は、沖縄県の中学生、高校生が演じることになっていて、沖縄の伝統芸能「組踊」がベースです。

 

ここに、音楽やセリフ、舞踊ミックスされており、沖縄の地域活性化や子供の居場所を作る事を目的として作られた舞台となっています。

 

 

佐久本さんの演じる姿が、この舞台を見た、李相日(り・そうじつ)監督の目に留まり、オーディションを受けてほしいと言われます。

 

オーディションは、映画「怒り」です。

 

この時は、1200名もの人が参加していて、佐久本宝さんはその人数を勝ち抜いて合格します。

 

佐久本宝さんには、お姉さんがいるんですが、映画の最終オーディションでは家族も同席していたそうなので、嬉しかったでしょうね。

 

ちなみに映画「怒り」では、知念辰哉役で出演して、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞されています。

 

元々は俳優を目指していなかった、佐久本宝さん。

 

「怒り」の撮影は高校2年生の時で、撮影が終わったら、看護系に進もうと思っていたんだとか。

 

ですが、映画での経験を経て、考え方が変わり、高校卒業後は大学進学はせず、役者になることを決意したのでした。

 

スポンサーリンク

【佐久本宝】福島県とのつながりは何?

 

佐久本宝さんは、現在福島県とのつながりがあるんです。

 

沖縄県出身の佐久本さんが、福島とどういう事でつながっているんでしょうか?

 

これは、映画「怒り」のオーディションに合格するキッカケとなった、佐久本さんが高校時代に出演していた、現代版組踊「肝高の阿麻和利」です。

 

佐久本さんは現代版組踊の福島県公演で、演出を手掛けているんです。

 

演技だけでなく、演出も手掛けることが出来るなんて、スゴイ才能ですね。

 

スポンサーリンク

【佐久本宝】なで肩とは?

 

佐久本宝さんについて調査してみたところ、「なで肩」という言葉が出てきます!

 

どういう事なのかな?とチェックしていると、ジャニーズWESTの濱田さんが、

 

「3年A組に出てる片寄くんの隣にいる赤い服の子、凄い なで肩で全然セリフが入ってこなかった。」

 

と言ったことが発端になっているようです。

 

 

確かに、佐久本さんの画像を見ると、結構な“なで肩”ですね。

 

今回出演される朝ドラでは、古山浩二は呉服屋の跡取り息子の役なので、なで肩の方が、着物がとっても似合って、良いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

佐久本宝の3年A組のドラマとは?

 

佐久本さん宝さんといえば、2019年に放送され、大ヒットしたドラマ「3年A組」に、生徒役で出演されてました。

 

このドラマは、菅田将暉さんが教師となって生徒を人質にして、教室に立てこもる、という独特のストーリーでしたが、ここでも佐久本宝さんは、たくさんいる生徒さんの中でも、存在感が光っていましたね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、佐久本宝さんについて、経歴プロフィールや、これまでに出演された作品をご紹介しました。

 

映画デビューが2016年で、子役としての経験もなく、地元の舞台に立っていた方が、短期間で朝ドラに出演されるということで、将来を期待されている、佐久本宝さん。

 

「エール」に出演されることで、一気にブレイクしそうですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

error: Content is protected !!