エール朝ドラ

朝ドラエール最終回ネタバレ予想!結末ラストは甲子園で校歌の合唱!

2020年3月30日(月)から、NHK朝ドラ「エール」の放送がスタートしますね。

 

「エール」は、昭和の音楽史を代表し、5,000曲の名曲を残された、作曲家・古関裕而さんと、歌手としても活躍されていた、妻の金子(きんこ)さんがモデルとなった、物語です。

 

実在の人物を元に作られた、ドラマの最終回がどうなるのか気になります。

 

そこで今回は、朝ドラ「エール」の最終回結末を予想してみたいと思います!

 

スポンサーリンク

朝ドラエールのあらすじは?

 

まずはざっくりと、「エール」のあらすじネタバレをご紹介します。

 

この記事では分かりやすいように、キャストの名前は、エールの役名で書いていきます。

 

主人公は、古山裕一(窪田正孝さん)で、ヒロイン役は、関内音(二階堂ふみさん)です。

 

明治42年、日本が生糸輸出量世界一を誇っていた時代に、古山裕一は誕生します。

 

古山裕一は、福島県にある、老舗呉服屋「喜多一」の長男として、跡取り息子として育てられてきました。

 

しかし、おっとり、気弱な性格から、周りからは「取り柄がない。」などと言われたりしていました。

 

そんな裕一ですが、小学生となってから、音楽の才能を開花させます。

 

担任教師の東堂清晴先生は、音楽教育に情熱を注いでおり、裕一は東堂先生の影響を受けて、音楽の魅力にハマり、次第に独学で作曲を行うようにまでなっていきます。

 

ですが、古山裕一は老舗呉服屋「喜多一」の跡取り息子ということもあり、学校を卒業後は、商業の道へ進むことを決め、伯父が経営する銀行で働くようになります。

 

だがしかし、裕一は音楽の道を諦めることが出来ませんでした。

 

そんな裕一はある日、家族に内緒でイギリスの作曲コンクールに応募するのですが、この曲が、見事上位入賞を果たすのでした。

 

裕一のコンクール入賞が、新聞に報じられると、その新聞記事を見た、関内音は、裕一に興味を持ち手紙を送ります。

 

そのことがキッカケとなって、二人は文通を始めることになるのです。

 

福島と愛知・豊橋という遠距離でしたが、二人は次第に惹かれ合い、結婚することに。

 

昭和5年、古山裕一が20歳、関内音が、18歳の時でした。

 

その後2人は上京して、多くの人たちとの出会いが・・・。

 

不遇の時代もありましたが、その波を乗り越えて、数多くのヒット曲を生み出していくのです。

 

スポンサーリンク

戦時中の歌を作曲することに苦悩

 

そんな中、第二次世界大戦が勃発して、日本も参戦することに。

 

裕一は日本軍の要請で戦時歌謡を作ることを強いられます。

 

古山裕一は、自分の作った歌を歌って戦死していく人々のことを思うと辛い気持ちでいっぱいになっていました。

 

そして第二次世界大戦は終わりを迎え、戦後、裕一と音は戦争で傷付いた人々の心を、音楽の力で勇気づけようとするのでした。

 

裕一は音楽で日本を明るくしようと、再び音楽活動に没頭するのです。

 

1964年の東京オリンピックの開会式の曲である「オリンピック・マーチ」を作曲されています。

 

朝ドラ「エール」では、戦時中から戦後の時代を描かれていくでしょう。

 

5,000曲も作曲されてきた、古山裕一ですから、昭和を代表する懐かしいあの名曲が、ドラマの中で数多く楽しめると思います。

 

 

スポンサーリンク

エール最終回の結末ラスト予想は?

 

朝ドラ「エール」、古山裕一のモデルとなった古関裕而さんは、1989年(平成元年)に、80歳でこの世を去っています。

 

エールのラストはどこまで描かれていくのでしょうか?

 

古関裕而さんは、これまでにも、「早稲田大学応援歌」や、「慶応義塾大学応援歌」「中央大学応援歌」といった、学校の応援歌を作曲しています。

 

最終回の場面は、「栄光は君に輝く」の30周年となる、夏の甲子園の開会式だと予想してみました。

 

現在も夏の甲子園で流れている「栄光は君に輝く」は誰もが一度は聞いたことがある、壮大な名曲で、時代を超えて愛される音楽です。

 

古山裕一は30周年を記念して、夏の甲子園の開会式に招待されるのです。

 

そしてさらには、母校である福島県商業高校が甲子園初優勝を飾ります!

 

古山裕一は自身の作曲した大会歌の大合唱を生で聞くことになります。

 

感動のラストを迎えることになるのではないでしょうか?

 

NHKは、毎年高校野球の実況中継も行っていますので、その可能性はあると考えて、予想してみました。

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、朝ドラ「エール」の物語について、最終回の結末を予想してみました。

 

今回のドラマが実現するにあたっては、「古関裕而さんの音楽を今の若い人達にもっと知ってもらいたい!」という願いを持って、福島県商工会議青年部が、5年の年月を費やして、朝ドラに取り上げてもらおうと活動していたということが分かりました。

 

音楽の持つ素晴らしさが、今回の朝ドラでは、思う存分知ることが出来そうですね。

 

春からの「エール」、楽しみです!

 

error: Content is protected !!