【断捨離】はエコリングで可能?意外な売れるものを買い取ってもらいました

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「断捨離」したいと思ったことはありませんか?

最近では「ミニマリスト」という言葉もあって、少しでも使わないものを捨てて、スッキリしたい方が増えているんですね~。

ただ、出来たらちょっとでも、現金化出来たらいいなあ、と思いません??

今回は私が要らないものを捨てようとして、エコリングを利用とした体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

断捨離しようと思ったキッカケは?

我が家は、私自身と主人とのモノに対する考え方が全く違います。

私は、なるべく物を持ちたくない派。

洋服や小物類でも(帽子、バッグ、アクセサリー類)例え気に入ったものでも、買うかどうか決めるまで、半年間かかって、結局購入しなかったこともあるくらい、考えまくります。

なので、一人暮らしをしていた時期もあるのですが、遊びに来た友達には「近いうちに引っ越しでもするの??」とよく聞かれるくらい、女子なのに、必要最小限以上に、物がありませんでした(笑)

結婚するまで3度ほど引っ越したことがありますが、ヒドイ時にはテレビもなく、敷布団一枚と最小限の衣類だけで3か月暮らしていた時もありました。

それに対して、主人は義父に似て、物を捨てられない人でした。

捨てられない性格に加えて、買いたいと思ったら、即購入するところ、前に買ったことを忘れて、また同じものを購入するところは義父そっくりで本当に考えが合わなくて、イライラしました。

(今も、イヤですけど。)

我が子が小6になる前に、義父は亡くなるまで、義父の住む家に行くのが苦痛でたまりませんでした。

だって、モノがあふれかえってるんですよ~!

我が家は結婚してすぐに子供が誕生したので、ドタバタしててなかなか片づけられなかったのですが、もうすぐ高校生になるということでやっと時間がまとまって取れるようになったのと、年末の大掃除や、断捨離も兼ねて不用品を捨てることにしました。

スポンサーリンク

エコリングに問い合わせてみた

最初は、一気に捨ててしまいたい~!!と思ったので、色々とリストアップしてみますと、貴金属(指輪とネックレスで、なぜか、翡翠(ひすい)ばかりでした。)、カウスボタンや、海外の記念硬貨が出てきました。

そこでブランド品でないので、それでも引き取ってくれるところを探してみると、自転車で行ける距離で、近所に「エコリング」がありました。

ただ持っていけるのかどうか問合せしてからでないと、その分手間がかかると思ったので、店舗に確認して持っていきました。

初めての買取の時は、査定前に詳しく説明があり、その後査定に入ります。

買取金額が確定したら、タブレット端末に表示された明細を確認して、OKなら端末の、OKボタンをチェックすれば、確定となります。

その時に身分証明書も同時に提出となります。

あとは、明細書を渡されて、確認の自筆のサインと、身分証明書の返却があったことへの、チェックを入れる欄にチェックを入れたのちに、お金を渡してくれます。

そして、メンバーズカードももらえます。

このカードで、2回目以降の来店は、カードと身分証明書だけですぐ査定してくれますので、スムーズに査定が進みますよ。

スポンサーリンク

つながらない時は?

お店によっては、1人で対応(特に平日)していることもあり、電話をしてもつながらない時がありました。

その時は、フリーダイヤル0120-611-511に電話してみました。

この番号は、エコリングのコールセンターのナンバーです。

問合せると、買取り対象となるかハッキリ答えてくれます。

その後、最寄りの店舗の案内番号(こちらもフリーダイヤルです。)も紹介してくれます。

スポンサーリンク

他にも売れたものは?

貴金属を引き取ってもらってから後日に、今度は絵画を2つ、持っていきました。

全く有名な方の絵画ではありません。

どちらも大きいサイズで、自転車でギリギリ持っていきましたが、持込んだら、ちゃんと鑑定してくれました。

この時は片方が400円、もう一つは100円の、合計500円です。

正直本当にうれしかったです^^

我が家の居住地区は、ゴミのサイズによっては市のセンターに電話をかけて、1品300円から引き取ってもらわないといけない決まりになっています。

その次に、引き取ってもらったのが、和装小物です。

エコリングのHPや、チラシを見ていると「着物」としか書いてありませんでしたので、私はてっきり布地だけかと思っていました。

我が家にあったのは、帯留め用の紐や、草履(義母が使わずにとっておいたものなので、昭和時代の、年代物です。)、足袋といったものが何点かありました。

こちらは、1点ずつの買取ではなくて、「おまとめ」となり、合計250円でした。

ということで、この日は絵画が2点の450円と、和装小物の250円で、650円を得る事が出来ました。

ちなみに、同じ日に何回かに分けて持っていくと、2回目以降は身分証明書の提出は求められません。

承諾書のサインは、その都度必要です。

それと、たくさんあって持込出来ない場合や、遠方だったり、忙しくて時間がない、という方には「出張買取」もしてくれるそうです。

ただ、例年12月と3月には申し込みが殺到するそうです。

12月は、11月の半ばに、そして3月だと2月の半ばには、予約でいっぱいになるそうなので、出張買取を希望される方は、早めに申込んでみてください。

・出張買取の電話番号:0120-541-850

・電話受付時間:10時~17時半

・電話受付休業日:水曜日、12月30日~1月4日

スポンサーリンク

まとめ

今回は、大掃除も兼ねて、我が家では要らないと思った不用品を、エコリングへもっていった時の体験談をお伝えしました。

ホンっトに、持って行って良かったです~!!

しかし何であんなに捨てられない人って、いつまでも放置出来るんでしょうね~(苦笑)

あくまで私個人の意見ですが、何か欲しいものがあった時は、絶対一呼吸(ワンクッション)置いてから、買うかどうか決めた方が良いですよ~!

(私は、購入するのに6か月かかるので、かかり過ぎですけどね(笑)

エコリングのようなお店は、ブランド品だけだと思いがちですが、「これは売れないだろう・・。」と思うようなものでも、査定対象となることがあるので、ぜひゴミの日に出す前に、いちど問い合わせてみてくださいね~^^

ちなみに、この記事を書いてる時に、クリスマスツリー(組み立てると約180cm)も出てきたので、問い合わせると買取OKとの返事をもらえました。

(2019年12月時点の話です、念のため気になることがあれば、電話で問い合わせてみてください。)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© nikmatic story , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!