英検2020年度の日程はどうなる?コロナで申し込み締め切りの変更について調査!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年より、新型コロナウイルスの影響で、あらゆる分野での、検定試験が軒並み中止か延期となっています。

 

4月18日には、全国で「緊急事態宣言」が発令されたことにより、全国の学校においてGWの連休明け(5月6日)まで休校の措置が取られています。

 

そのことにより、学生の方々が、入試や大学受験の成績の目安とするために受験する、英語検定試験においても、コロナにより影響が出ています。

 

そこで今回は、2020年度に行われる、英語検定(英検)の日程や申し込みについて、変更点や試験会場など気になることを調査してみました。

 

スポンサーリンク

【2020年第1回】英検の日程はどうなる?申し込み締め切り期限はいつ?

 

2020年度の英検の申し込みと試験の日程は、既に発表されていて、申し込みは始まっています。

 

今年度の英検の日程は、6月・10月・年明けの2021年の1月で、合3回実施されます。

 

例年は、申し込み締め切り日は受験日の約1か月前となっています。

 

「英検の申し込締切りが過ぎてしまった!」となったり、「試験日や会場を間違えてしまった。」ということがよくあります。

 

このようなことが無いよう試験日程だけじゃなく、申し込み締切り日もしっかり事前チェックしておきたいところです。

 

ですが、2020年度は事前に発表されていた、試験日程や申込み締め切り日が、急遽変更になることが多いです。

 

これまでの第1回英検の申し込み期間

 

・3月13日(金)~ 4月28日(火)

 

書店受付締め切り日は4月24日(金)、書店申込書類の協会必着日は4月28日(火)

 

新型コロナウィルスの影響により、以下の点が変更。

 

準会場の受付期間のみ、延長されることになりました。

 

準会場申し込み予定の方は事前に確認しておくことをお勧めします。

 

2020年度第1回「英検」準会場の受付期間延長(5月12日まで)

 

第1回英検一次試験の日程も変更

 

・本会場:6月28日(日)
・準会場(すべての団体) :6月28日(日)、7月18日(土)、7月25日(土)
・準会場(中学・高校のみ):7月17日(金)

 

第1回英検二次試験の日程も変更へ

 

・本会場:8月23日(日)

・準会場:A日程 :8月22日(土)
B日程 :8月23日(日)

 

 

スポンサーリンク

【2020年第2回目以降】英検の日程や申し込み締め切り期限はいつ?

 

2020年度の英語検定の、第2回目以降の日程については、現在のところ変更や中止はありません。

 

2020年度の第2回目以降の、英検申込みの際は、以下にことに注意して、当日は落ち着いて試験に挑めるようにしましょう。

  • 試験開催は年に3回で、それぞれ6月、10月、1月に実施。
  • 締切日は約1か月前だけど、日にちは毎回前後している。
  • 書店申し込みは、更に約1週間ほど早まる。
  • 試験時間、集合時間は級によって、午前と午後に分かれている。
  • 個人受験か団体受験かによって受験日や会場が変わる。

 

新型コロナウィルスの、感染状況によっては、第2回目以降も変更の可能性はあります。

 

こちらでは、変更がありましたら、随時更新させていただきます。

 

スポンサーリンク

2020年に行われる英検の延期に関しての世間の声

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、2020年度に行われる、英語検定(英検)の日程や申し込みについて、変更点や試験会場などについてまとめてみました。

 

例年なら、決められた通りに受験料を支払って申し込むだけで、指定会場で試験を受ける、という手順になります。

 

今のところ、第1回目の試験日が延期となっている以外は、これまで通りの受験方法で行われます。

 

ですが、コロナウィルスの感染状況によっては、密室状態を避けるために、第2回目以降の開催については、従来と違う対策が取られる可能性はあると思います。

 

いずれにしても、一にも早くコロナの感染拡大が終息してくれることを願うばかりです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© nikmatic story , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!