ドラマ

ハケン占い師アタル6話ネタバレ感想!大崎さんの爆発でアタルの居場所がバレた?

2019年に放送されていたテレビドラマ「ハケン占い師アタル」。

 

主人公の的場中(まとばあたる)を演じたのは杉咲花さん。

 

この記事では、第6話を見た感想をネタバレでお伝えします。

 


ハケン占い師アタル6話ネタバレ感想

 

 

大崎さんは、初回放送の時から「職場のみんなに気を配れる、優しい上司」という感じで、個人的には、「大崎さんのような上司の元で働きたかったな~。」って思う位、ほっこりさせてくれる女性です。

 

そんな大崎さんは、家に帰ると反抗期の中学生の息子に話しかけても無視されるし、旦那さんに息子さんのことを相談してもロクに話を聞いてもらえない毎日。

 

決して家事育児も手を抜いてないのに、これじゃ大崎さんの立場ないです。

 

そんな大崎さんに、部長の代々木さんから非情な命令が・・・。

 

経費削減のために、上層部からの命令で本社から遠く離れた倉庫への出向という名目で、Dチームからリストラ候補者を1名選ぶことに!

 

でもDチームのみなさん、以前とは打って変わって見違えるほど働く意欲に燃えて、団結力を増して職場の雰囲気が明らかに良くなってるんです。

 

 

前回5話に登場した、田端さん(野波麻帆さん)なんかよ~く見ると、口紅の色が明るめになってましたし。(えっ?もしかして上野さんに??)

 

誰もリストラしたくはないけど、大崎さんのNOと言えない性格もあって代々木部長の命令を突っぱねれないんですよね。

 

そこで、大崎さんは本当のことを言わずに部下1人1人と個別面談を始めます。

 

でもあんな回りくどい言い方で個別に面談やってたら絶対バレますね。

 

食堂で職場のみんなが一緒に食べている時に、食堂のおばちゃんからリストラの話を耳にしてしまい、大崎さんに問い詰めることに・・・。

 

大崎さん可哀想~!この状態では、何かにすがりたくなる気持ちは仕方ないですよね。

 

ということで、謎の占い師・キズナ(若村麻由美さん)のところへ占ってもらおうと、15万を払ってみてもらう大崎さん。

 

15万も払うなんてこれは相当なストレスが溜まっている、ということですね。

 

大崎さんの気持ちにアタルの答えは?

 

そんな大崎さんに今回もアタルちゃんが占ってくれることに・・・。

 

「神田さん守ってあげれなかった・・。しょせん、偽物なのよあたし。」

 

「あたしには人に誇れるようなもの何一つないの。オリジナルなくって・・

いつかは偽物って言われるんじゃないかって・・この頃何か疲れちゃった。」と、ネガティブ発言が続いた大崎さん。

 

大崎さんに言ったアタルちゃんの言葉沁みました・・・。

 

「最初は、誰かの真似事でも 一生懸命やったなら もうそれは本物だから。 アンタにしか出来ない、オリジナルだから。」って。

 

アタルちゃんの言葉によって回復した大崎さん。

 

優しくてNOが言えない女性から、言う時はズバッと言える女性課長に変われて良かったです(^^)

 

最後に

 

今回の大崎さんの回も、アタルちゃんの心に刺さるアドバイスで無事に大崎さんがストレスから解放されて良かったです。

 

アタルちゃんの「本物のリーダーっていうのは、悩んで悩んで悩み抜いてる人のことだから。」 って、今日もいい言葉だったなあ。

 

神田ちゃんもリストラされないでよかったです。

 

ただ大崎さんがアタルちゃんより先にお母さんのキズナさんに占ってもらったことで、アタルちゃんの居場所がバレたのが気になります~。

 

(思ってたよりもお母さんの本格的な登場、早まりそう!)

 

次回以降は母と娘の確執みたいな展開になっていきそう!

 

来週は、いよいよ?代々木さん(及川光博さん)です。

 

代々木さんプライド高そうだから、アタルちゃんの占い効果あるのか、どんな言葉をかけていくのか次回も楽しみです!

 

error: Content is protected !!