ドラマ

橋本じゅん(俳優)の経歴プロフィール!なつぞらドラマやCMの演技を調査!

2020年4月からスタートするTBSドラマ「MIU404」に、陣馬耕平役で出演が決まった、橋本じゅんさん。

 

「劇団☆新感線」 に所属していて、舞台の演技力も高評価を得ている橋本さんは、3枚目の役が多いこともあってか、舞台で観客を笑いの渦に巻き込むこともあり、お笑いのセンスもお持ちです。

 

今回は、橋本じゅんさんの経歴プロフィールや、出演ドラマやCMでの演技、橋本さんのプライベートについても調査してみました!

 

スポンサーリンク

橋本じゅんのプロフィール

 

橋本じゅんさんは、兵庫県神戸市東灘区出身の俳優です。

 

出身は東京都、1964年2月25日ですので、現在の年齢は56歳になりますね。

 

身長171cm、血液型はB型。

 

最終学歴は、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科卒業で、大学在学中の1985年より、「劇団☆新感線」に参加されています

 

この頃より、役者として演じることに興味を持たれていたのでしょう。

 

趣味は沖磯釣りだそうです。

 

橋本じゅんさんは、劇団☆新幹線の看板俳優として活躍されていたこともあり、メディアではそれほど知られた存在ではありませんでした。

 

1992年に、NHK連続テレビ小説「ひらり」で、熱狂的阪神タイガースファンの医師・小林雅人を演じたことにより、お茶の間での知名度が上がり、その存在を知られることになります。

 

この作品は、橋本じゅんさんの、テレビドラマ初出演となっています。

 

橋本さんの役柄は、ヒロインひかりのお姉さん、みのり(鍵本 景子さん)に猛アプローチをして、恋人からみのりを奪って結婚するという役を演じていました。

 

翌1993年には、阪神戦での始球式にも立つほどの人気ぶりでしたが、実は橋本さん、大の熱狂的な広島カープのファンなのだそうです。

 

これだけ長期に渡って、活躍されてきた橋本じゅんさんですが、劇団☆新幹線を参加10年を機に、休団していた時期がありました。

 

イギリス ドーセット州のボーンマウスにある、若年の筋ジストロフィー患者の施設で、住み込みのケースワーカーとして1年程働いていたそうです。

 

劇団の看板俳優として、頑張っていたこともあって、ここらでちょっと休憩したかったのかもしれませんね。

 

橋本じゅんさんは、患者さんの介助をしていくうちに「体が動くことは、自分がしたいことが出来るということ。

それってどういう意味なんだろう、と考えた結果、役者を続ける決意ができた。」のだそうです。

 

「ヘタでもいいから、やれることを精いっぱいやろう。」と思い、この時の経験で、人生観が大きく変わった、橋本さん。

 

日本に帰国してからは、以前よりも舞台に力を入れていて、舞台『直撃!ドラゴンロック〜轟天』では、主役・剣轟天(つるぎ ごうてん)を演じています。

 

アクションシーンと、おバカな笑い満載の舞台が、シリーズを重ねて、三部作となる人気となりました。

 

スポンサーリンク

橋本じゅんさんのこれまでの出演ドラマ舞台やCMは?

 

ここからは、橋本じゅんさんが演じていた、主なドラマや映画・CMをまとめました。

 

ドラマ

・2012年 「ひらり」-小林雅人役

・2017年 「おんな城主 直虎」 – 近藤康用 役

・2019年 「なつぞら」-佐藤利之役

 

舞台

・2010年 「鋼鉄番長」 – 兜 剛鉄(かぶとごうてつ) 役

・2017年 ミュージカル「レ・ミゼラブル」- ティナルディエ 役

 

映画

・2018年 「SUNNY 強い気持ち・強い愛」- 奈美の父 役

・2019年 「キングダム-ムタ」役

CM

・2019年~継続中 「Tver」見逃し探偵

 

橋本じゅんさんは、最近では2019年放送のNHK朝ドラ「なつぞら」に出演していました。

 

広瀬すずさん演じる、なつが働くアニメーション制作会社の、制作部長。

 

個性的な風貌とアクションで、見覚えのある方もいるかと思います。

 

そして、2019年より、現在も出演されている、「Tver」のCM。

 

みたかったドラマを、一週間限定配信している「Tver」のCMに、「見逃し探偵」として出演されているんです。

 

見覚えがある人もいるのではないでしょうか?

 

このCM、松田優作さんが演じていた昭和のドラマ「探偵物語」を思い起こさせると、密かに話題になっているそうです。

スポンサーリンク

橋本じゅんさん結婚は?妻や子供はいる?

 

続いて、橋本じゅんさんのプライベートについても、調査してみました。

 

舞台役者さん出身ということもあってか、詳細な情報がほとんどありませんでしたが、以前橋本さんが出演された「ボクらの時代」 というトーク番組で、「40歳で結婚し、娘が1人いる。」と話していました。

 

「本音が話せるのは、家より舞台です。」と語っていたそうです。

 

お家でお父さんとしているよりも、舞台で演じている方がくつろげる方なのかもしれませんね!

 

そんな橋本じゅんさんは、「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」
という病気を患われたことがあるそうです。

 

2010年に、主演予定の舞台「鋼鉄番長」を、途中で中止するという事態に見舞われました。

 

橋本さんの所属事務所の発表によりますと、過度の疲労による、「重度の腰痛」と「坐骨神経痛」
引き金になったんだとか。

 

橋本じゅんさんは、舞台の役作りに向けて、16kgの減量を済ませてから、走り込み、栄養食事管理、禁酒やストレッチ、ケアなど、これ以上ないコンディションに整えて、舞台に臨んでいたんです。

 

この時の舞台の代役は、三宅弘城さんが途中から務めることになり、残念ながら途中降板となってしまいました。

 

仕方がなかったとはいえ、橋本さんかなり残念な想いをお持ちになったそうです。

 

この時の舞台作品以降は、徐々に舞台からテレビドラマに、出演の場を移していったそうです。

 

それでも現在、幅広く活躍されているのは、ひとえに奥さんや子供さんの存在があるからなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、名脇役との声も高い、俳優の橋本じゅんさんについてご紹介しました。

 

橋本じゅんさん、30年以上のキャリアがあるだけに、これからもさまざまな作品で存在感を発揮してくれるでしょう。

 

「MIU404」では、岡田健史さん演じる新米刑事・九重のバディとなって面倒を見る、ベテラン班長を演じるそうなので、当分はお茶の間でも橋本さんの演技を楽しめそうですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

error: Content is protected !!