弘田三枝子さん訃報!死因の病名や病気は何?告別式やお別れの会の日程がいつかも調査

2020/07/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年7月21日、歌手の弘田三枝子さんが、73歳でお亡くなりになったことが明らかになりました。

 

弘田三枝子さんは、ヒット曲「人形の家」の歌手として長年活躍してこられた方ですよね。

 

今回は、弘田三枝子さんがお亡くなりになった死因や病気の理由・病名と、告別式やお別れの会日程についても調査しました。

 

スポンサーリンク

弘田三枝子の経歴プロフィール

 

 

弘田三枝子(ひろた みえこ)さんは、日本の歌手です。

 

生年月日は1947年2月5日、生まれは東京都世田谷区、没年月日は2020年7月21日で享年73歳でした。

 

弘田三枝子さんは1961年、14歳にして「子供ぢゃないの / 悲しき片想い」でレコードデビュー。

 

「ヴァケーション」「砂に消えた涙」「夢みるシャンソン人形」といったヒットを連発する一方で、週に10本以上のテレビ番組レギュラーを持つ人気タレントとしても活躍した。

 

R&Bの曲を日本人として、和製英語っぽく歌えた歌手として、先駆者だった方なんですよね。

 

1969年には、明るい曲調の歌手としての活躍が続いていましたが、それまでのイメージを覆す大ヒット曲「人形の家」を発表して話題になります。

 

 

そして、1970年に発売したダイエット本「ミコのカロリーBOOK」では、ダイエットブームの火付け役を務めた方でもあります。

 


その後も精力的な活躍が続いていましたが、2015年10月発売のデビュー55周年記念シングル「悲しい恋をしてきたの / ひいふうみいよう」がラストシングルとなっています。

 

スポンサーリンク

歌手の弘田三枝子が死去

 

2020年7月27日、歌手の弘田三枝子さんの訃報が複数のメディアによって伝えられました。

 

こちらでお悔やみの言葉の一部をご紹介したいと思います。

 


弘田三枝子さんの突然の訃報にみなさん驚き、悲しみの声が広がっていますね。

 

スポンサーリンク

弘田三枝子の死因や病気の理由はなぜ?

 

弘田三枝子さんの死因や病気の理由はなんだったのでしょうか?

 

所属事務所およびレコード会社の発表によると、弘田三枝子さんは、7月20日に千葉県内の自宅で倒れて病院に搬送されたものの、翌21日に亡くなったとのことでした。

 

これまで特に、闘病中だったとの話もなかっただけに、驚きの声があがっています。

 

スポンサーリンク

弘田三枝子さんの告別式やお別れ会日程はいつ?

 

 

弘田三枝子さんの告別式やお別れの会についても調査していきたいと思います。

 

所属事務所の話から、告別式は既に26日に近親者のみで行われたとのことで、後日お別れ会を開く予定であることが明らかになりました。

 

そのため、残念ながら告別式に一般の方が参列することは出来ないようですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、7月27日に訃報が報じられた、歌手の弘田三枝子さんについて調査しました。

 

弘田三枝子さんの死因は、「心不全」で、葬儀・告別式は近親者のみで執り行われたことが、所属事務所の報告から明らかになっています。

 

お別れ会については後日開く予定ですが、コロナの状況を見極めながら、決定するそうです。

 

具体的な日程についてはまだ明らかになっていないため、新たな情報が入り次第追記したいと思います。

 

弘田三枝子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© nikmatic story , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!