話題

石原燃wikiプロフィール!読み方や学歴は高校?夫や太宰治の孫は本当か調査!

2020年6月16日に、第163回「芥川賞・直木賞」の候補10作品が発表されましたね!

 

その中で、太宰治の孫にあたるとされる、劇作家石原 燃(いしはら ねん)さんの「赤い砂を蹴る」がノミネートされたことで注目が集まっています。

 

今回は、石原燃さんの経歴プロフィールや、「赤い砂を蹴る」のあらすじや発売日などについても調べてみました。

 

スポンサーリンク

石原燃wikiプロフィール!読み方や学歴は高校?小説の発売日は?

 

まずはこちらで、石原燃さんのプロフィールをご紹介させていただきますね!

 

 

石原燃さんの名前の読み方は、燃(ねん)です。

 

とても珍しいお名前なので、こちらは本名なのか気になり調べてみますと「石原燃」は本名ではなくペンネーム。

 

本名は、津島 香以(つしま かい)さんでした。

 

母親の津島佑子さんも小説家で「津島」姓ですね。

 

でも、本名の津島香以でも、カッコイイ名前だと思います。

 

この名前で活動されても素敵なくらい、と思いましたが、「お母さんの子供」だということで見られないようにと、敢えてこの名前にされたのかもしれませんね。

 

石原燃さんの生年月日は、1972年5月となっていて、2020年6月現在、48歳です。

 

出身地は東京都で、現在は大阪府に在住となっています。

 

石原燃さんの好きな作品ですが、「アンダーグラウンド」「母なる証明」「太陽を盗んだ男」「セデック・バレ」です。

 

また、石原さんは、日本劇作家協会会員であり、非戦を選ぶ演劇人の会実行委員でもあります。

 

「劇作家」とは、舞台台本を描く作家のことですが、今回は、小説家としてのデビュー小説でノミネートもされていて、才能の高さが伺えます。

 

そんな石原燃さんは、小・中学生の時に演劇クラブに入っていて、その頃から芝居が好きだったんだとか。

 

高校の進学先も、演劇系に進みたかったのですが、親に相談したところ、「戯曲を読んだこともないくせに!」と言われて、演劇の道を一旦は諦めていたそうです。

 

ですが、30歳を過ぎて、時間に余裕が出来た時に「戯曲を読もう!」と思い立って、本屋で劇作家協会の出版物「戯曲が書ける」と出会います!

 

それから戯曲講座を受講し、そのまま劇作のおもしろさにハマったそうです。

 

その後、劇団劇作家に所属。

 

東京にて、他の団体への書き下ろしを中心に活動をします。

 

2010年に、日本の植民地時代の台湾を描いた「フォルモサ!」が、劇団大阪創立40周年の戯曲賞にて、大賞を受賞しました。

 

2011年夏以降は、大阪に移住後、関西で活動し、2012年5月 劇団劇作家を退団後、石原作品の上演を目的とした演劇プロデュース・演劇ユニット「燈座(あかりざ)」を立ち上げます。

 

その後も様々な作品を創りあげていき、「人の香り」が、第18回劇作家協会新人戯曲賞・最終候補となり、「父を葬る』が第24回テアトロ新人戯曲賞・佳作を受賞します。

 

2011年、原発事故直後の東京を描いた短編「はっさく」が、テアトロ誌2011年10月号に掲載。

 

その抜粋版はNYの演劇人が立ち上げたチャリティー企画「震災 SHINSAI:Thester for Japan」で取り上げられ、2012年3月11日に全米で上演されて、その社会性の高い作品は、評価を得ています。

 

今回ノミネートされた、石原燃さんの小説「赤い砂を蹴る」の発売日は、2020年7月13日です。

 

又、2020年の直木賞の発表は、7月15日(水)の14時からとなっています。

 

小説の内容については、現時点では、「幼くして死んだ弟、世間に抗い続けた母。ブラジルの大地に母娘のたましいの邂逅を描く。」となっています。

 

 

スポンサーリンク

石原燃さんの学歴は高校?大学?夫や子供や結婚について

 

石原燃さんの学歴や、プライベートはどうなんでしょうか。

 

残念ながら、石原燃さんが卒業された高校の情報はありませんでしたが、おそらく当時、東京にすんでいたことから、都内の高校に通っていた可能性が高いです。

 

高校卒業後は、武蔵野美術大学 建築学科を卒業しています。

 

そして、石原燃さんは、ご結婚されていて、お二人の娘さんがいらっしゃいます。

 

ご本人のフェイスブックにて、夫と娘さんの画像が確認することが出来ます。

 

スポンサーリンク

石原燃さんは太宰治の孫?

 

石原燃さんは、太宰治さんの孫であり、作家の津島佑子さんの娘として、知られています。

 

 

実はそれだけでなく、祖母であり太宰治さんの奥様である津島美知子さんも作家なんですね。

 

母親で作家の津島佑子さんは、二人の次女にあたります。

 

また、叔母である太田治子さんも作家で、別の叔母の津島園子さんは政治家津島雄二の妻、従兄の津島淳さんは政治家です。

 

作家と政治家の家系だったんですね。

 

ちなみに、祖母で太宰治さんの奥様で作家の津島美知子さんの旧姓は「石原」なので、石原燃さんの「石原」は祖母から取ったのではないでしょうか。

 

そして、今回石原燃さんの作品が候補となったことで、祖父の太宰治さんは、芥川賞を受賞できず、悔しい気持ちを持ち続けていて、どうしても受賞したいと強く思っていた、という資料が残っていたことが分かりました。

 

こうなったら、ぜひとも孫の石原燃さんに受賞して欲しいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、石原燃さんの経歴プロフィールや、候補となった作品についてまとめてみました。

 

個人的には、メガネをかけていない石原燃さんの画像を見た時、てっきり男性かと勘違いしていました。

 

賞を受賞するかどうかは別にして、7月以降に本が発売されたら、今まで以上に話題となりそうですね。

 

ですが、是非、祖父の芥川賞受賞のリベンジを果たして欲しいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!