話題

加治ひとみプロフィール!体重や腸活かぢボディの秘訣は?唇が変と言われる理由も画像から調査

腸活かぢボディで注目を集めている、モデルでアーティストの加治ひとみさん!

 

「食べるのが好き」なのに太ってない、理想のボディスタイルの秘訣が気になります。

 

今回は「加治ひとみプロフィール!体重や腸活かぢボディの秘訣は?唇が変と言われる理由も画像から調査」と題して、加治ひとみさんについて、まとめてみました。

 


加治ひとみ経歴プロフィール!

 

まずはこちらで、加治ひとみさんの経歴プロフィールをご紹介させていただきますね!

 

 

加治 ひとみ (かじ ひとみ )さんは、日本のアーティストで、モデルです。

 

愛称は「かぢちゃん」なんだそう。

 

生年月日は、1987年8月26日 生まれで、2020年7月現在、32歳になります。

 

出身地は東京都。

 

身長163cm。

 

血液型は、AB型となっています。

 

加治 ひとみさんの所属事務所は、エイベックス・マネジメントとなっています。

 

加治ひとみさんの実家では、お祖母さんがスナックを経営していました。

 

その影響で、加治ひとみさんは、小さい頃から歌うのが好きだったんだとか。

 

学生時代はテニス部など運動部に所属しつつ、毎日書いていた日記を元に楽曲を制作していました。

 

それがキッカケとなって、将来はアーティストになりたいと考えていたそうです。

 

その後、ユニットを結成して音楽活動をスタートするのですが、デビューまでは至りませんでした。

 

加治ひとみさんは、遅咲きデビューとなっていて、26歳の時に、TGA(東京ガールズオーデション)2014年に応募し、アーティスト部門グランプリ受賞。

 

デビュー期間1年を経て、28歳でAVEXよりデビューを果たしました。

 

アーティスト活動としては、本人の歌うオリジナル楽曲はすべて作詞を手がけています。

 

音楽活動と並行して、8年続けているのが、フィットネスや独自の食生活、腸活!

 

ヘルシーで健康的な生活や、フィットネスで鍛え上げたボディ「かぢボディ」が女性から憧れのボディとして、ここ最近数々の雑誌やWEBに取り上げられています。

 

最近では、奇跡のアラサーとして、その美しい、お肌やボディが注目されています。

 

他にもファッションブランドや雑誌のモデルとしても活躍されています。

 

加治ひとみが体重をキープ出来るのは腸活!かぢボディの秘訣とは?

 

 

8年前から実施している「腸活」ですが、加治ひとみさん、8年も継続されるって、並大抵の努力では続かないですよね!

 

どんな腸活をおこなっているのか、ご紹介しますね。

 

  1. 朝起きたら、白湯を飲んで、腸を温める。
  2. しばらくして、おへそまわりの筋肉をもみほぐす。(これで腸のマッサージになる。)
  3. 食べる時間は気にしなくていい (お腹が空いたら食べる)
  4. 塩分や糖質が高い組み合わせは避ける
  5. おやつは質の良いものを食べる(加治さんは、チョコレートを食べるそうです。)
  6. 食べすぎた”と思ったときは1週間かけて栄養バランスを調える。
  7. 定期的に運動を取入れる。

 

加治ひとみさんは、これらのルーティーンを一日も欠かしたことがないそうです!

 

めちゃくちゃストイックな女性ですよね。

 

特に食事においては徹底しているそうで、絶対に「お腹が空いた」と体が感じるまでは、食べないそうですよ。

 

ただ、このストイックさから、熱愛彼氏が出来ても、食事のタイミングが合わなくて、お別れすることも何度かあったそうです。

 

なので、加治ひとみさんと付き合おうと思ったら、食事について理解してくれる男性が一番の理想になりますね。

 

加治ひとみの唇が変と言われる理由を画像から調査

 

そんな加治ひとみさんには、なぜか唇が注目を集めています。

 

加治ひとみさんの一番のチャームポイントは、何といってもぽってりした厚い唇ですね。

 

 

でもこの唇が、「なんか変」「ヒアルロン酸でも入れた?」と整形疑惑があがっているようです。

 

でも最近は、メークの仕方によって、女性の表情は変わりますし、メイクの影響もけっこうありそうですね。

 

まとめ

 

今回は、加治ひとみさんについて、経歴や、かぢボディの秘訣についてまとめてみました。

 

なんかもう、とにかく羨ましいゆるふわ美ボディなんですよね、加治ひとみさん!

 

でもだからといって、じぶんがここまでのスタイルを維持するために、加治ひとみさんのようにストイックには出来ないんですよね。

 

とりあえずは、毎朝の白湯を飲むことから始めたいと思います!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!