神様のカルテ

神様のカルテドラマ最終回結末予想!原作や映画と同じ展開のラストへ

神様のカルテ【ドラマスペシャル】

 

2021年1月スタート/テレビ東京

 

夏川草介さん原作となる、シリーズ累計330万部を超える感動のベストセラー小説「神様のカルテ」がドラマ化されることになりました。

 

主演をつとめるのは、福士蒼汰さんです。

 

今回は、「神様のカルテ」ドラマのラスト最終回結末をネタバレ予想してみました!

 


神様のカルテドラマの内容について

 

 

ドラマ「神様のカルテ」は、同名タイトル小説が原作となっています。

 

「神様のカルテ」のドラマは、現役の医師としても仕事されておられる、夏川草介(なつかわ そうすけ)さんが描かれた同名タイトルの小説が原作となっています。

 

2011年、2014年には映画化されており、この時は福士蒼汰さん演じる栗原を嵐の櫻井翔さんが演じていました。

 

栗原一止いちと(福士蒼汰さん)は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く内科医。

ここでは常に医師が不足している。

専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事で、睡眠が3日取れないこともあるが、 妻・ハルに支えられ日々の診療をなんとかこなしている。

そんな一止に、母校の医局から誘いの声がかかる。

大学に戻れば、休みが増えハルと過ごす時間も増える。

最先端の医療を学ぶこともできる。

だが、大学病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか?“命”の現場で葛藤しながら生きる栗原が出した答えとは…。

引用元:公式サイト

 

神様のカルテとしてドラマに登場するのは、こちらの方々です。

 

  • 栗原一止(くりはら いちと)…福士蒼汰さん
  • 現時点で決まっているのは福士蒼汰さんのみとなっており、他の出演者は決まり次第随時更新していきます。

 

 

神様のカルテドラマ最終回結末ラスト予想について

 

 

今回のドラマの最終回ネタバレ予想として考えたのは、原作通りの結末となるという事です。

 

原作の小説を読んでみましたが、福士蒼汰さん演じる松本の本庄病院に勤務する栗原一止は内科医5年目の医師で、どんな修羅場でも茫洋とした様を崩さずに救急医療もこなす貧乏くじの変人医師として、不眠不休の忙しい毎日を送っています。

 

内科病棟に入院する栗原受け持ちの37人の中には、手の施しようのない患者もいるのですがこれは本庄病院ではどんな患者さんも受け入れるから。

 

そんな中、栗原一止に母校である大学病院への移動の話しが持ち上がることになり、最先端医療の研究に栗原一止は心惹かれるのですが、末期癌患者の孤独な老人を切り捨てた大学病院の実態に反発を覚えていました。

 

そんな栗原一止に、友人である同僚医師・砂山の恋の悩みや患者の死、御嶽荘の仲間「学士殿」の自殺未遂が襲いかかります。

 

栗原医師は悲しむことが不得手な栗原一止は強い一面を持つ山岳写真家の妻・榛名に支えられていることで自分のメンタルを保っているのでした。

 

栗原一止は大学病院を見学するのですが、大学病院は患者よりも医師の多い環境であることが分かります。

 

そんな時、本庄病院の病棟ナースの人気者で急変し死去した安曇さんという患者さんが、栗原に一通の手紙を残していました。

 

安曇さんからの手紙に慟哭した栗原一止は、本庄病院に残り安曇さんのような人達を支える医師であることを決めるのだった・・、という予想をしてみました。

 

 

神様のカルテドラマにSNS上の声は?

 

「神様のカルテ」のドラマが決まったことに、世間の声を見てみましょう~♬

 

おわりに・・・

 

今回は神様のカルテのドラマについて、あらすじネタバレから、ラスト最終回を予想してみました。

 

仮面ライダーフォーゼの印象が強かった福士蒼汰さんも、ここ最近は様々なジャンルの役柄に挑戦していて今回の医者役もまた違った魅力が発見できそうです。

 

お相手のヒロイン役も誰になるのか気になるところ。

 

2021年1月放送スタートで繰り広げられる、医療ドラマを見れるということで、今から楽しみです~(⌒-⌒)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!