中央競馬コロナウィルスで中止(無観客)?JRAの2020年の日程はどうなる?

2020/04/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

中央競馬の開催が、新型コロナウイルスの影響で、2020年3月に入っても、無観客レースとなっています。

 

一方、東京都では、3月の下旬に入って、毎日感染者が増加しています。

 

競馬は、大人数が参加して開催されるイベントです。

 

特に東京を中心とした、中央競馬で行われる「G1レース」ともなると、毎年大人数が入場されています。

 

これから暖かい春の季節の到来とともに、G1レースは毎週のように開催されますが、4月以降の中止や延期の可能性はあるのでしょうか。

 

今回は競馬のレース開催について、今後どうなるのか、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

中央競馬JRA2020年、4月以降も無観客レースを開催

 

厚生労働省が最初に要望を出したのは、2月20日です。

 

22日から、24日までの、3連休前に「イベント開催の必要性を再検討してほしい。」との発表がありました。

 

2月23日は、東京競馬場でG1レースの「フェブラリーステークス」が開催されました。

 

G1レースということで、5万人とも6万人単位ともいえる入場者が、いつも通りに来場されていたそうです。

 

私も気になってテレビの競馬中継を見てみましたが、確かに時々映し出された観客のマスク姿が、あまり見られませんでした。

 

新聞と鉛筆を片手に、普通に会話されている姿があちこちに見られていました。

 

この時の、JRA日本中央競馬会の、公式ホームページでは、新型肺炎コロナウィルスの感染に関してこのような発表がありました。

 

新型コロナウイルス等の感染予防について、来場のお客様には次の対応と協力をお願いいたします。

  • 感染症対策の基本は、「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」です。頻繁な手洗いの実施をお願いします。トイレ等に正しい手洗い方法を掲示しておりますので、ご参考ください。
  • ご入場の際は、エントランス付近に設置のアルコール消毒薬をご利用ください。
  • ご来場中に体調が悪化された場合など、速やかにスタッフにお声かけください。
  • また、風邪のような症状など、体調に不安のある方は、来場をご遠慮いただきますようお願いいたします。
  • スタッフも予防措置としてマスクを着用している場合があります。
  • 感染防止のため、以下のイベントを、当面の間、休止いたします。
    ターフィーグリーティング
    キャラクターショー等の写真撮影会、握手会
    一部の馬事イベント(ミニチュアホース・誘導馬のお出迎えなど)

また、ウイナーズサークル等での騎手によるサイン・握手なども同様に休止いたします。

JRAでは、今後ともお客様の安全と健康を最優先に取り組んでまいります。皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

引用元:JRA公式サイト

 

スポンサーリンク

JRAコロナウィルスで無観客レースへ

 

ところが政府が、イベント開催の中止や延期の要請を出したことから、競馬レースも動きがありました。

 

JRA日本中央競馬会は、2月29日からのレースについて当面の間、無観客で実施することを発表しています。

 

2020年4月に入っても、コロナウィルスの感染者数は増加していることから、中央競馬は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月19日(日曜)まで、お客様の入場をお断りした無観客競馬として実施しています。

 

4月25日(土曜)以降の無観客競馬等の取扱いは、改めて公表するとのことです。

 

スポンサーリンク

JRA競馬(2020年)の馬券の購入方法は?

 

ここで気になるなるのが、馬券はどうなるのか?です。

 

コロナウィルス感染の拡大を防ぐために、競馬場や場外馬券売り場では購入出来なくなりました。

 

馬券の発売や払い戻しは、電話とインターネットのみとなっています。

 

競馬好きの方にとっては、直接パドックで出走馬の様子を見ながら、予想して購入したいところですが、もしそうなった場合は、コロナウィルスの感染が収束するまでは仕方がないのかもしれません。

 

スポンサーリンク

他のスポーツイベントでも無観客や中止が決定。

 

他の、大人数の観客が入場されるスポーツイベントはどのような対策が取られているのでしょうか?

 

サッカーJ1は、2月21日に開幕となっていました。

 

「湘南―浦和戦」が行われた、神奈川県平塚市にある、BMWスタジアム平塚では、予定通りに試合が行われました。

 

この時は、スタジアムの7カ所全ての出入り口において、観客のマスクの着用徹底と、係員が入場者の手に消毒液を吹きかける対策を講じていました。

 

選手とハイタッチできるファンイベントは中止になったものの、23日までは試合が行われていました。

 

ですがサッカーも、3月15日までに予定していたJ1、J2などの全公式戦計94試合を中止することが決定しました。

 

4月3日(金)以降に開催予定の、2020明治安田生命Jリーグと2020JリーグYBCルヴァンカップの試合についても、開催延期を決定しています。

 

3月にはいり、大相撲は無観客での試合を決定。

 

春野センバツ高校野球は中止となりました。

 

プロ野球の開幕は、4月24日(金)となりました。

 

ですが、3月27日に、阪神タイガースの藤浪晋太郎投手、伊藤隼太、長坂選手ら3人に、陽性が確認されたことが分かりました。

 

 

このため、現時点で4月に予定通りに開催されるかどうかは、未定の状態になるのでは?との声があがっています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、競馬レースの開催について、新型肺炎コロナウィルスの感染の影響や、中止や延期となった時の開催についてまとめてみました。

 

東京都では、3月後半に入ってから、1日の感染者数の数が大幅に増えていて、桜も満開となったにもかかわらず、不要不急の外出を避けるように、との要請が出ています。

 

中央競馬のレースが、いつになったら通常時の開催となるかは、現時点では全くの未定となっています。

 

普段通りの楽しみ方が出来ないのは残念ですが、感染拡大が収束するまではしばらくの間、我慢するしかないですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© nikmatic story , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!