MENU

鬼滅の刃【無限城編】なぜ映画化?地上波放送がヤバいと言われる理由とは

鬼滅の刃(きめつのやいば)は2024年5月より「柱稽古編」が放送。

6月30日の最終回放送後、最終決戦となる「無限城編」の予告動画が流れました。

「無限城編」は3部作で映画化されるとのこと。

でも何故?3部作の映画化で公開されるのでしょう?

今回は「鬼滅の刃・無限城編」がなぜ映画化となるのか?

予想をもとに調査してみました。

 

 

目次

鬼滅の刃 無限城編が映画化で三部作の理由はグロ?

「無限城編」は、5~6月に放送された「柱稽古編」の続きです。

原作マンガでは、敵の本拠地・無限城での鬼舞辻無惨を倒すために総力戦となる壮絶な戦いが描かれています。

そのためネット上では、「無限城編」のアニメはテレビよりもむしろ映画化で見たい、との声も数多く挙がっていました。

「上弦の鬼」との戦いの連続で、激しい戦闘シーンが続くことから、映像のクオリティーが高いほど

迫力が増すでしょう。

実際、「遊郭編」では戦闘シーンのあまりの画像レベルの高さに「映画館でみたい」との声が挙がり、

「刀鍛冶の里編」の放送前に、映画館でも編集された「遊郭編」を見ることが出来ました。

鬼滅アニメ特有のグロいシーンが映画化の理由?

ただ「上弦の鬼」との戦いの連続で、激しい戦闘シーンが続くということは、

鬼滅アニメ特有のグロいシーンが出てきます。

もはや国民的人気アニメということで、子供を持つ親にとってはいくら好きなアニメでも

グロい場面の連続が地上波放送で流れるということで「子供に見せたくないテレビアニメ」となるのでしょう。

このあたりは、親が子供と一緒に見る時に、説明しながらみるといいのではないでしょうか?

鬼滅の刃(きめつのやいば)無限城編の映画化はいつからいつまで?公開日は早くて2024年?

鬼滅の刃(きめつのやいば)「無限城編」の映画公開はいつからでしょう?

出来ればなるべく早くに映画館に足を運びたいですが、作画クオリティの高さを維持してとなると、

2024年の公開は難しいでしょう。

又、3部作ということで原作マンガのどのあたりを3つに分けて映画公開するのかも気になるところです。

初回放送が2019年4月。 テレビや劇場版を経て、16巻の柱稽古編を終えるまで5年超の月日が流れました。

クオリティは言うまでもなく、制作には長い時間を費やすでしょうから劇場3部作は少なくとも3年掛かりでは?

となると、無限城編以降の最終話まではあと5年ぐらいは覚悟したほうがいいかもしれません。

これを待ち遠しいと思うか、まだまだ楽しめると思うか。

これから始まる柱達の物語。 鬼に至るまでの悲しき理由。 そしてかまぼこ隊の友情を、まだまだ楽しみにしたいところです。

今回の産屋敷邸爆破のシーンは圧倒的画力!

鬼滅のアニメ版がすごいのはその圧倒的画力と音響にもあるでしょう!

原作マンガだけでも十分楽しめたのに、テレビアニメはさらにその上を行っている!

これは声優さんも含め制作陣の本気度とたゆまない努力の賜物ですよね。

三部作はぜひ劇場で鑑賞したいところです!

目次