緊急事態宣言で大阪の百貨店はどうなる?デパ地下や休館・営業情報まとめ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

緊急事態宣言が新型コロナウィルスの影響により、4月18日より全国に発令され、5月7日以降も延長されています。

 

対象となった場合、営業している店舗によっては、自粛の要請が求められます。

 

この中で、ショッピングモールや百貨店が休業要請の対象となっています。

 

「デパートの食料品売り場はどうなるんだろう?」

 

「仕事は休めないから、帰りにデパートでお惣菜買って帰りたいなあ。」

 

そう思う方に、5月7日(木)以降の、大阪府の百貨店の、デパ地下の営業時間や、臨時休業期間をお知らせいたします。

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言で休館となった大阪の百貨店はどうなる?

 

緊急事態宣言が延長されたことにより、5月7日(木曜日)以降も休館が決定している、大阪の百貨店はコチラになります。(情報は随時更新しております。)

 

【緊急事態宣言の延長により、大阪で臨時休業が続く百貨店】

 

・【大丸梅田店】期間:当面の間

・【大丸心斎橋店】期間:当面の間

・【阪急メンズ大阪】期間:当面の間

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言で食品売り場のみ営業となっている大阪の百貨店は?

 

緊急事態宣言が発令された中で、食品売り場のみ営業している大阪の百貨店をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

【緊急事態宣言延長により、大阪で食料品売り場のみ営業する百貨店】

 

・【阪急うめだ本店・千里阪急・高槻阪急】営業時間→11:00~19:00(平日のみ、土日祝日は休業です。)

 

・【阪神梅田本店】営業時間→11:00~19:00

 

・【あべのハルカス近鉄本店・上本町店】営業時間→10:00~18:00

 

・【大阪高島屋】営業時間→10:00~18:00

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言解除はいつまで?

 

5月7日(木)の緊急事態宣言の延長により、実施機関は、5月31日(日)までと発表されています。

 

今回の延長により、食料品は引き続き、通常通り営業となっています。

 

これまで百貨店やデパートは、臨時休業となっても、食料品売り場は営業されていた店舗もありましたが、緊急事態宣言ということで、このような休業体制に入ることになりました。

 

これだけの大規模な休業で、仕方がないとはいえ、早く終息出来ると良いですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、緊急事態宣言が延長された5月7日以降の、大阪府の百貨店の、デパ地下の営業時間や、臨時休業期間についてまとめてみました。

 

緊急事態宣言が発令された大阪で休館が決定した百貨店は、大丸梅田店・大丸心斎橋店・阪急メンズ大阪の3店舗です。

 

阪急うめだ本店・阪神梅田本店・あべのハルカス近鉄本店・近鉄上本町・大阪高島屋では、平日のみ、食料品売り場の営業となります。

 

緊急事態宣言の延長期間は、感染者の状況により短縮される可能性もあります。

 

今後、変更がありましたら随時更新していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© nikmatic story , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!