緊急事態宣言の期間はいつまで?出たら美容院や美容室はどうなるの?

2020/04/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -

新型コロナウイルスの感染拡大により、対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が、4月18日より、全国に発令されました。

 

緊急事態宣言は効力が、4月18日の深夜0時より発生しますが、期間がいつまでなのか気になると思います。

 

今回は「緊急事態宣言」がいつまで続くのか、また宣言することで、休業対象と言われている、美容院や美容室、理髪店(散髪・床屋)についてどうなるのか、又、補償についても、調査しました。

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言の期間はいつまで?出たらどうなる?

 

今回の、緊急事態宣言は、4月18日からの発令で、約1カ月程度とされています。

 

4月17日の夜に、安倍首相の緊急記者会見で具体的に発表されたことにより、最長で、5月6日のゴールデンウィーク(GW連休)明けまでは、自粛の要請となります。

 

NHKのニュースでも報道されていますが、「緊急事態宣言」は強制ではありません。

 

ですが、感染拡大防止のために、不要不急の外出の強い自粛行動が求められることになります。

 

米国やヨーロッパ諸国のような、罰則を伴う、完全な都市封鎖(ロックダウン)は、日本の法律の中に、定められていませんので、外出禁止とまでには、なりません。

 

そして、緊急事態宣言が発せられますと、指定された都府県においては、各自治体に於いての権限の元に、指定された業種の店舗の営業自粛が求められます。

 

今回の宣言の中に、当初は理髪店や美容院が含まれていましたが、理美容院においては、西村経済再生相が、4月7日の衆院議院運営委員会で理髪店、美容院の営業は「必要な事業」として、国として制限しないと断言しました。

 

なので、緊急事態宣言中でも、髪を切りに行くことは可能です。

 

緊急事態宣言については「スタバの休業いつまで?コロナ対策で営業開始はいつ?クーポンやチケットについても調査!」でも内容をまとめていますので、ぜひご覧になってみてください。

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言期間での美容院や、散髪店の補償は?

 

「緊急事態宣言」が発令されることで、客足の減った美容院のお店の営業補償はどうなるのか?

 

福岡県の美容院ではクラスター感染も発生する事例がありました。

 

当初、安倍総理は「何とか雇用を持続しながら事業を継続できるような支援をしっかりと行いたい。」と述べました。

 

「緊急事態宣言の問題になっていきますが、やはり補償、そういうものとセットでないと」(立憲民主党 野田国義 参院議員)

「個別の損失に対して、補償するということは困難です。何とか雇用を持続しながら事業を継続できるような支援をしっかりと行いたい」(安倍首相)

緊急事態宣言について安倍総理は触れませんでしたが、東京都などの自粛要請によって、すでに経済的な影響を受けている飲食店などに対しては事業が継続できるよう、これからの緊急経済対策などで支援する考えを示しました。

引用元:TBSNEWS

 

東京都を例に上げると、4月22日(水)~6月15日(月)までの申請期間に申請すれば、休業協力金が支給されることが決まりました。

 

ですが理美容院は、休業要請の対象外となっていますので、支給とならないようです。

 

東京都の対象施設一覧

 

理美容院の休業補償については、全国によって条件が変わってくると思いますので、まずはお住まいの市町村のホームページを確認してみてください。

 

【追記】

 

東京都は4月28日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、連休を含む30日~5月6日の間自主的に休業する理髪店や美容院に対して、最大30万円の給付金を支給すると発表がありました。

 

理美容は都の休業要請の対象に含まれていないが、客に触れて作業するため感染リスクが高いと判断した。

 

対象となるのは、都内で理美容を営業する約1万6000の中小企業や個人事業主です。

 

4月30日から7日間連続で自主休業する場合、単独店舗で15万円、複数店舗で30万円を支給する。

 

5月7日からウェブや郵送で申請を受け付けます。

 

 

(こちらでは、具体的な補償内容が分かりましたら、随時更新していきます。)

 

 

 

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言への実行について世間の声は?

 

緊急事態宣言が、4月18日より全国に宣言されたことで、対象外となる理美容院について、このような声があがっています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は「緊急事態宣言」がいつまで続くのか、また宣言することで休業対象となる店舗についての補償について、まとめてみました。

 

2020年の、お正月明けの頃には、まさかこんなことになるとは思いませんでしたね。

 

特に店舗経営者の方々にとっては、突然のことで、気持ちの整理や、切り替えが付かなくて、大変不安な気持ちをお持ちだと思います。

 

こちらのサイトでも、出来るだけ分かることがあれば、更新していきますので、何とかこの困難の局面を乗り切って頂きたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© nikmatic story , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!