小日向えりの引退の理由はなぜ?城からぴんぴんころりが原因か?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

タレントの小日向えりさんが、自身のブログで、2020年5月末日をもって芸能界を引退すると発表されましたね!

 

小日向えりさんと言えば、歴ドルという新ジャンルを確立して話題になっていました。

 

歴ドルとしてお城が大好きだった、小日向えりさんの引退の理由が気になります。

 

今回は、小日向えりさんの引退の理由や原因や、ぴんぴんころりについても調査してみました。

 

スポンサーリンク

小日向えり経歴プロフィール

 

まずはこちらで、小日向えりさんのプロフィールをご紹介させていただきますね!

 

 

  • 名前:小日向えり(こひなたえり)
  • 生年月日:1988年1月17日
  • 出身地:奈良県
  • 年齢:32歳(2020年5月時点)
  • 血液型:O型
  • 事務所:サンミュージック(2020年5月末日まで)
  • 学歴:奈良県立郡山高校→横浜国立大学人間学部
  • 身長:165cm
  • 体重:46g
  • スリーサイズ:B80・W58・H85
  • 公式サイト Instagram:erikohinata /  Twitter:@erikohinata

 

小日向えりさんは、高学歴アイドルとしても知られていましたね。

 

出身高校の奈良県立郡山高校は、偏差値68と超難関校。

 

高校卒業後は、横浜国立大学教育人間学部に入学されています。

 

高学歴アイドルと言えば、タレントの真鍋かをりさんも横浜国立大学出身でした。

 

そんな小日向えりさんが芸能界入りしたきっかけは、実は子供の頃からアイドルになりたいと思っていたからだそうです。

 

高校卒業後に、事務所のオーディションに応募して合格!

 

当初は正統派アイドルとしてやっていく予定でしたが、歴史史跡巡り座禅など、アイドルのイメージからはかけはなれた、渋い趣味が事務所の目に留まったんです。

 

小日向えりさんの変わった趣味として、Tシャツの収集家でもあるそう。

 

大学時代は「Tシャツ研究会」に所属して活動していたほどです。

 

とにかく好きな趣味が出来ると、ハマってしまうそうで、Tシャツと同じく歴史も大好きな小日向えりさんは、歴ドルとしてのジャンルを確立して、注目されるようになります。

 

芸能界での経歴をお伝えしていきます!

 

・20085月
歴史アイドルとしてデビュー

 

・20093
「歴ドル小日向えりの恋する三国志」を出版

 

・2010
「イケメン幕末史」を出版

 

・20124
NHK高校講座世界史のMCに抜擢

 

・20159
「関ケ原女性武将隊 巴組」リーダー宇喜多秀家役として関ケ原古戦場PRの活動を開始

 

・2015年10
「いざ、真田の聖地へ」出版

 

・20194
NHK高校講座日本史MCに抜擢

 

こうやって見ると歴ドルという名がふさわしいですね。

 

ニュースや歴史を題材としたNHKなどの番組を中心に、ラジオやイベントでも歴史関連で活躍していました。

 

ちなみに、プライベートでは、これまでに熱愛のウワサはなく、結婚はされていません。

 

スポンサーリンク

小日向えりの歴ドルとしての経歴は?

 

小日向えりさんは、歴ドルとして活躍されてますが、メディア以外の活躍もされています!

 

これまでには、「信州上田観光大使」に「関ヶ原観光大使」、「関ケ原グランドデザイン策定委員」に「関ケ原女性武将隊巴組リーダー宇喜多秀家役」と、多くの大使役を任されています。

 

他にも、歴史に関する資格をお持ちです。

 

  • 三国志検定1級
  • 江戸文化検定3級
  • 日本城郭検定3級

 

この中で、「三国志検定1級」は、女性で唯一の保持者なんだとか。

 

ちなみに、「日本城郭検定3級」は、城好きで有名なロンブーの田村淳さんも持っているそうです。

 

スポンサーリンク

小日向えりの引退の理由や原因はなぜ?

 

小日向えりさんが突然芸能界を引退した理由や原因は何だったのでしょう?

 

小日向えりさんは、自身の公式ブログで、芸能界を引退の理由を2つ挙げられています。

 

  • 芸能界をやりきったこと。
  • 起業家として活動するためには時間が足りない。

 

ブログにはこう書かれています。

 

ここ数年、芸能をやめようかな?と何度か頭によぎることがありました。

大河ドラマ「真田丸」を駆け抜けて、ある程度「やりきった」という感覚がありました。

小日向えりブログ

 

今も、自分がもうひとりいたら、「歴ドル 小日向えり」として活動したいくらいです。

でも、人の時間は平等に1日24時間で

それに私は、同時にいろんなことができるほど能力がある、スーパーマンでもありません。

小日向えりブログ

 

芸能界を引退する、となると事務所とのケンカが原因、ということもあるそうです。

 

小日向えりさんは、所属事務所のサンミュージックとは円満退社となっています。

 

なので、事務所社長にも温かく「籍だけでも残ししておけば?」と言われたものの、小日向えりさんは何ごとも中途半端にしたくないということで退所する意向を伝えたとのことでした。

 

ケンカ別れしたというのではないので、近い将来もしかしたら又歴ドルとして、登場してくれるかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

小日向えりの引退の原因はぴんぴんころり?城への興味がなくなった?

 

小日向えりさんは今後どのような活動をしていくのでしょうか?

 

実は、小日向えりさんは、2017年には、すでに起業して株式会社「ぴんぴんころり」という会社を立ち上げて活動していました。

 

小日向えりさんが代表をつとめている、「株式会社ぴんぴんころり」で行っているのは2つの事業です。

 

1つ目は、母親目線のライフサポートを行う、東京かあさん

 

 

そして、もう1つは、元気高齢者の地域活動のサポートをする「GBER(ジーバー)」

 

「東京かあさん」のサービス内容は、こちらになります。

 

  • お掃除
  • お料理
  • 子育てヘルプ
  • お洗濯
  • 収納の整理
  • アイロン掛け
  • お話相手
  • 買い物代行

 

一見よくある家事代行サービスのようですね。

 

少し違うのが、家事代行サービスではなく、ご近所にもう一人のお母さんを持てるサービスなんです。

 

家事代行サービスとの違いでもある特徴としてこのように書かれています。

 

  • ほっこり体験
  • お母さんとの交流

 

お母さんとの交流もサービスの1つとなって、一緒に食事や会話を楽しむことも出来ます。

 

月額がと利用回数・利用時間が決まっていて、「たまに息抜きがしたい!ミニマムコース」から「共働きのご夫婦におすすめ!ボリュームコース」まで、利用者のニーズ合わせたサービスになっています。

 

少子高齢化社会に向けて、これからの社会環境と若者・高齢者にとって使いやすい内容になっていますね。

 

ありそうで、これまでなかなか思いつかないようなビジネスなので、ニーズがしっかりとあれば軌道にのって成長しそうです!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、小日向えりさんが引退される理由についてまとめてみました。

 

小日向えりさん、ご自身の興味や趣味などやりたいことがたくさんあるんですね。

 

引退する前から会社を立ち上げて、しっかりとキャリア形成されているので、今後も女性起業家として将来が楽しみな方だと思いました。

 

小日向えりさんに、今後も注目していきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© nikmatic story , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!