話題

9月入学で甲子園はどうなる?コロナによるメリットやデメリットとは?

新型コロナの影響で、突然「9月入学制度」の話が出てきましたね。

 

確かにこのまま非常事態宣言が長引くと、学業で支障が出てきます。

 

ところで本格的に9月導入の話が出たことで、甲子園はどうなるのでしょう?

 

高校球児のみならず、高校野球ファンにとっても気になるところです。

 

今回は、9月入学で、甲子園球場で毎年開催されている、夏の高校野球やセンバツがどうなるのか?メリットやデメリットも調べてみました。

 

スポンサーリンク

9月入学で甲子園はどうなる?

 

甲子園の開催について、表にしてみました。

 

個人的な勝手な予測(例年の開催月を元に)で、単純に当てはめてみるとこんな開催になりました。

 

9月 9月入学(新学期)
10月
11月 冬の甲子園に向けて都道府県で予選をスタート。
12月 冬の甲子園に向けて都道府県で予選をスタート。
1月 冬の甲子園(選手権)
2月
3月
4月
5月
6月 夏のセンバツに向けて、各都道府県で予選スタート。
7月 夏のセンバツに向けて、各都道府県で予選スタート。
8月 夏のセンバツ?甲子園

 

・9月入学として、センバツ・・・3月の春に開催だったのが、8月の夏へ

・夏の高校野球選手権・・・8月の夏に開催されていたのが、1月の冬へ

 

ややこしいですよね!

 

センバツと選手権が逆転するイメージになります。

 

ただこのスケジュールにすると、8月のセンバツを開催していたら、当然ながら大学受験には間に合いません。

 

なので、受験に合わせて年に二回の野球開催の日程の変更を行うか、8月のセンバツは2年生までの参加にする、といった従来の開催内容から大幅な変更が生じてくるでしょう。

 

スポンサーリンク

9月入学で高校野球のメリットやデメリットは

 

9月入学になることで、高校野球にとって一番のメリットは、気温です。

 

日本はここ数年の間、夏の季節は猛暑となる年が続いています。

 

夏の高校野球大会は8月に行われますが、地方大会は例年6月頃からスタートしています。

 

9月入学となると、夏という一番暑い時期に、甲子園の開催を避けることが出来るので、選手としてはベストシーズンで野球をすることができます。

 

では逆に、9月入学によるデメリットは何でしょう?

 

一番のデメリットは、開催期間です。

 

これまでだと、プロ野球もオープン戦の4月から開催しています。

 

となると、甲子園が本拠地となる、阪神タイガースが試合に使用していることになります。

 

ですので、高校野球の晴れ舞台である甲子園球場で、試合が行えない可能性が出てきます。

 

プロ野球とのスケジュール調整が必要となるでしょう。

 

そして、プロ野球選手を目指す人たちの、プロ入りのタイミングがズレることになります。

 

8月卒業になるので、プロ野球は当然ながら既に始まっています。

 

なので、高校卒業後、即戦力としてプロ野球で活躍とならないので、受け入れ先のプロ野球チームも何らかの対策を取る必要が出てきます。

 

そうなってくると、高野連と 日本野球機構との間で、今後の開催について話し合う必要性が出てくるでしょう。

 

9月入学になるのかまだ検討中ですが、高校野球のスケジュールが変更になるのか気になるところです。

 

高校野球は歴史と伝統がありますし、経営上の問題もあるので、そう簡単に変更することは実際は難しいと思います。

 

高校球児にとっても、野球関係者にとっても、誰もが納得できる開催となると良いですよね!

 

スポンサーリンク

9月入学で高校野球はどうなるのか?について世間の声は?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、学校が9月入学になると高校野球はどうなるのか?

 

メリットやデメリットについてまとめてみました。

 

「9月入学制」の話が実際に導入することになれば、「夏の風物詩」がまた一つ無くなることになりますね。

 

歴史と伝統の高校野球の開催については、当分の間手探り状態になるのは間違いないと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

error: Content is protected !!