ドラマ

【M愛すべき人がいて】ドラマ主題歌は浜崎あゆみ!田中みな実の役は何になるのか調査!

【M愛すべき人がいて】のドラマが、2020年の春ドラマで放送が決定しましたね!

 

2020年4月18日スタート!毎週土曜 23:15~24:05ということですね!

 

安斉かれんさんが、浜崎あゆみさんを演じることや、三浦翔平さんが相手役の松浦氏を演じるなど、更に注目が集まっています。

 

ということで今回は、【M愛すべき人がいて】のあらすじや主題歌、気になる田中みな実さんの役について調査しました!

 


【M愛すべき人がいて】原作あらすじは?

 

ドラマ「M愛すべき人がいて」の原作は、ノンフィクション作家の、小松成美さんが、「事実を基にした」フィクション小説です。

 

浜崎あゆみさんと、所属事務所の社長・松浦勝人さんへのインタビューが元となっています。

 

 

浜崎あゆみさんが1998年に歌手デビューしてから、トップスターに上り詰めるまでの2年間に秘められた「出会いと別れの物語」が、赤裸々に描き出されます。

 

ドラマは、1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝さん)とともに上京してきたアユ(安斉かれんさん)が登場する処から始まります。

 

東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユですが、なかなか上手くいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていました。

 

そんな下積みともいえる日々を送っていたアユが、松浦氏との出会いをキッカケに、歌姫として成長していくドラマになっています。

 

安斉かれんさんが主人公となる浜崎あゆみさんを演じていますが、浜崎さん本人によく似ていますよね!

 

又、レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書を演じるのは、田中みな実さんです。

 

決して右目の眼帯を外さない謎めいた美女・姫野礼香(ひめの れいか)を演じます

 

長年マサに思いを寄せている姫野は、彼が離婚するのを待ち望んでいる、という役どころです。

 

眼帯を付ける原因となったできごとにはマサが関係しているそうで、愛するマサがアユに肩入れするのが許せず、激しく嫉妬して、狂気すら感じる姑息な手段でアユへの嫌がらせを繰り返す、となっています。

 

田中みな実さんと言えば、元TBSのアナウンサーから、フリーアナウンサーとなりましたが、最近では女優としての出演も続いています。

 

2019年には、深田恭子さん主演のドラマ「ルパンの娘」にゲスト出演し、「モトカレマニア」では、来栖むぎ役でレギュラー出演していました。

 

演技力も認められていて、アナウンサーだけにとどまらない幅広い活躍が続いていますね。

 

M愛すべき人がいてのドラマについては「M愛すべき人がいてドラマの放送日はいつから?あらすじやキャストも調査!」でも詳しくご紹介していますので、よかったら是非見ていってください。

 

M愛すべき人がいて【あゆのドラマ】主題歌や挿入歌は?

 

M愛すべき人がいて」のドラマの主題歌は、浜崎あゆみさんの「M」に決定しました。

 

浜崎あゆみさんと言えば、90年代は特にすさまじい人気の歌手で、年末の紅白歌合戦に連続で15回の出場経験あるなど、現在も歌姫として活躍されています。

 

2020年1月1日には、公式ファンクラブサイト「Team Ayu」において、前年末に極秘出産をしていたことを明かしていて、ママになったことでも話題になりました。

 

ドラマの中で、実際に曲が流れるのが待ち遠しいですね!

 

また、挿入歌については「REVIVE ‘EM ALL 2020」の新曲『CAN’T STOP THIS!!』に決定しました!

 

「REVIVE ‘EM ALL 2020 」は、avexの次世代アーティストたち「Beverly」「FAKY」「FEMM」「lol (エルオーエル)」「Yup’in」「安斉かれん」による6組のアーティストが集結したものとなっています。

 

「REVIVAL」とは「復活・再生・回復」という意味です。

 

楽曲「CAN’T STOP THIS!!」の歌詞には、世界がREVIVE(リバイバル)できますように…といった願いや、”Don’t Stop The Music(音楽を止めさせない)”という思いが込められた内容になっています。

【M愛すべき人がいて】ドラマの音楽担当は?

 

「M愛すべき人がいて」の挿入歌やサントラなど、音楽担当についても見ていきますね!

 

音楽担当は、沢田完(さわだ かん)さんに決まりました。

 

沢田完さんは、東京都の出身で、1968年4月9日生まれで、2020年現在、51歳になります。

 

沢田完さんは東京音楽大学作曲科を中退後、作曲家・指揮者の山本直純のもとでアレンジャー・オーケストレーターを務めてきました。

 

現在は幅広いジャンルで多彩な曲を提供する作曲家として知られており、ドラマ・舞台・映画などの分野で活動しています。

 

平原綾香さん、秋川雅史さんの楽曲や、2005年に、リニューアルしたアニメ『ドラえもん』の音楽および挿入歌作曲を担当していることでも知られています。

 

沢田完の手掛けた作品

 

沢田完さんがこれまでに手掛けてきた作品は、

  • ドクターX~外科医・大門未知子~
  • 松本清張ドラマスペシャル「砂の器」
  • あなたには渡さない
  • ドラえもん映画シリーズ
  • 題名のない音楽会

 

といった人気作品が多数!

 

特に「ドラえもん映画」の音楽を担当して一躍注目されています。

 

その後「ドクターX」などのヒットで、音楽家として確固たる地位を築いた沢田完さん。

 

沢田完さんはドラマなど作品の音楽を担当する時に、

 

仕事で一番怖いのは仕事が来ない事でも仕事を無くす事でもない。作品がコケる事でもない。守りの姿勢に気づかぬ間に陥ってしまう事、手慣れたスコアを書いてしまう事だ。少しでも楽したいという気持ちはシロアリのように見えない所で自分の中に増殖する。

 

といった思い出取り組んでいます。

 

音楽担当のそういった想いを知った上で、ドラマを見るのも楽しくなりますね!

 

まとめ

 

今回はドラマ「M愛すべき人がいて」の主題歌や、ドラマに出演される田中みな実さんの役についてまとめてみました。

 

豪華なキャストの追加もありますし、90年代が好きな人にとっては懐かしいドラマとなりそうですね。

 

個人的には、主題歌を歌う浜崎あゆみさんが、シークレットで出演してくれないかな?と期待しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

error: Content is protected !!