生活

千葉市花見川区幕張本郷中学校の60代女性教師がコロナ感染!場所や今後の対応は?

新型肺炎コロナウィルスの感染拡大が続いています。

 

2月22日には、千葉県千葉市花見川区の幕張本郷中学校に勤務する、60代の女性教師の感染が確認されたとの報道が発表されました。

 

この女性教師は、症状が発症した後も学校に通勤していました。

 

そのため、集団感染につながるおそれも高まっています。

 

今回は、感染した女性教師の勤務する千葉市立幕張本郷中学校の場所や、千葉市の対応について、確認していきます。

スポンサーリンク

幕張本郷中学校の場所はどこ? 【千葉県千葉市花見川区】

 

千葉県千葉市の幕張本郷中学校の場所は、コチラになります。

 

住所:千葉県千葉市花見川区幕張本郷5丁目18−1

 

京葉道路の近くの住宅街の中に立地し、西側には総武本線の幕張本郷駅も徒歩圏内の場所です。

スポンサーリンク

千葉市の対応は?

 

 

この女性教師は2月12日に発熱と吐き気の症状ががあったものの、試験監督の仕事のために、翌日の13日から14日に勤務。

 

2月17日から19日に、試験の返却を行うも咳の症状が出たために、19日には入院することになり、21日に新型コロナの陽性反応が確認されています。

 

女性教諭は発症後13日から19日には中学校に勤務していたということで、千葉市はこの中学校を今月25日と26日、臨時休校とすることを発表しています。

 

この女性は発症前2週間以内の海外渡航歴はなく、感染者との明確な接触も確認されていないとのことです。

 

今のところ、2月26日まで休校と決定していますが、その後はどうなるのかまだ未定としています。

 

中学校では、説明会も検討されましたが、更なる感染拡大のリスクを懸念して、説明会は行わず、文書での連絡となったそうです。

スポンサーリンク

千葉市の女性教諭感染に対するネットの声

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、千葉県の中学校に勤務している女性教諭の学校の場所や、今後の対応についてまとめてみました。

 

国内でも10歳未満の子供がコロナウイルスに感染したことが確認されましたが、遂に教師の感染も確認されるようになってしまいました。

 

私立高校校の受験は終っていますが、まだこれから公立高校の受験が始まる時期が近づいています。

 

特に受験生のいるご家庭では、むやみな外出は控えるようにして、うがいや手洗いをしっかり行っていただきたいものです。

error: Content is protected !!