ドラマ

MIU404ドラマ最終回結末ネタバレ予想!伊吹の危機を志摩が救う?

「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」金曜ドラマ

 

2020年4月スタート・毎週金曜日夜22:00~/TBSテレビ

 

W主演をつとめるのは、綾野剛さんと星野源さん。

 

お二人はドラマ「コウノドリ」で共演して以来ですね~。

 

綾野剛さんが演じるは、運動神経抜群で、行動力がすごいけど、刑事の常識に欠けてる、伊吹藍(いぶき あおい)。

 

星野源さんは、観察力や社交力があるのに、自分も他人も信用しない理性的な刑事、志摩一未(しま かずみ)です。

 

今回は「MIU404」ドラマの最終回をネタバレ予想してみました。

 

スポンサーリンク

MIU404ドラマの最終話のあらすじは?

 

同時多発爆破テロのニュース映像はフェイクとわかり、大混乱は間もなく収束した。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、犯人が乗っているとネット上で拡散されたメロンパンの機捜車両404での密行は行えずにいた。

別の車両で密行していると、その車中、伊吹は志摩の態度がおかしいことを追及。

結果的に2人の関係がギクシャクしてしまう。

実は、トラックにひき逃げされた陣馬(橋本じゅん)は、爆破テロの大混乱で救急搬送が遅れてしまった…。

志摩はフェイクに気づけずに判断を誤った自分を責めていた。

九重(岡田健史)も陣馬の相棒として一緒に行動できなかったことを悔やみ、桔梗(麻生久美子)は班長としての責任を痛感。

それぞれが無力感にさいなまれていた。そして伊吹は…。

さらに、依然として久住(菅田将暉)の行方は掴めないまま…。

4機捜はこのまま久住を捕まえられず、バラバラになってしまうのか…。

 

引用元:公式サイト

 

スポンサーリンク

MIU404【ドラマ】最終回結末は?

 

 

野木亜紀子さんさんのオリジナル脚本により、スタートするドラマ。

 

野木さんと言えば、これまでにもTBSドラマで「逃げ恥」や「アンナチュラル」を手がけていました。

 

さらに「アンナチュラル」プロデュースの新井順子さんや塚原あゆ子監督も参加されます。

 

2018年に大ヒットしたドラマの主要製作陣が再集結することで、かなりの話題となっています。

 

ここから、ドラマの最終回ラストを予想をしてみました。

 

公式サイトによりますと、警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となります。

 

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源さん)は、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからない事態に。

 

そこで候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛さん)と共に、バディを組むよう命じられる、となっています。

 

伊吹は、志摩とは真逆の性格。

 

「とにかく足が速い。」伊吹は、初対面では意外にも礼儀正しく、志摩は好印象を抱くものの、いざ事件となると野生のカンで捜査を解決しようとするので、志摩さんはとにかくやりにくいと思います。

 

おそらくドラマ中盤までは、伊吹の行動ペースについて行けずイライラする場面もあるのでは?

 

でも伊吹はとにかく事件を解決したい!!という強い想いを持って行動しているのは、志摩にも伝わり二人はお互いの行動ペースを徐々に理解しながら共に事件を解決していくことになるでしょう。

 

ところがラスト結末で、伊吹は野性的な行動が裏目に出てしまって、絶体絶命の危機を迎えるのでは?

 

そこへ志摩一未が理性的な判断でもって、伊吹を救い出すことになると予想してみました。

 

同時多発爆破テロのニュース映像はフェイクとわかり、大混乱は間もなく収束した。伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、犯人が乗っているとネット上で拡散されたメロンパンの機捜車両404での密行は行えずにいた。別の車両で密行していると、その車中、伊吹は志摩の態度がおかしいことを追及。結果的に2人の関係がギクシャクしてしまう。

実は、トラックにひき逃げされた陣馬(橋本じゅん)は、爆破テロの大混乱で救急搬送が遅れてしまった…。志摩はフェイクに気づけずに判断を誤った自分を責めていた。九重(岡田健史)も陣馬の相棒として一緒に行動できなかったことを悔やみ、桔梗(麻生久美子)は班長としての責任を痛感。それぞれが無力感にさいなまれていた。そして伊吹は…。

さらに、依然として久住(菅田将暉)の行方は掴めないまま…。4機捜はこのまま久住を捕まえられず、バラバラになってしまうのか…。

引用元:公式サイト

 

 

スポンサーリンク

MIU404最終回に世間の反応は?

 

「MIU404」のドラマの最終回について、世間の反応を見てみたいと思います。

 


最終回の予告を観ていると、不安しか感じられないです!

 

出来れば、4機捜メンバー全員に、幸せの笑顔を浮かべる、ハッピーエンドの結末となって欲しいです。

スポンサーリンク

おわりに・・・

 

今回は「MIU404【ドラマ】最終回結末ネタバレ予想!伊吹の危機を志摩が救う?」と題してお伝えしました。

 

今回のドラマは「アンナチュラル」の時とは打って変わって、軽快でコミカル、事件の人間ドラマ、サスペンス溢れるエンターテインメント作品となりそうです。

 

1話完結物となっているので、毎回のゲスト出演も今から楽しみです。

 

スポンサーリンク

MIU404【ドラマ】あらすじ

 

本作では、警察内部で“何でも屋”と揶揄されながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナルである「機動捜査隊」(通称:機捜)が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す物語。

タイトル『MIU404』の“MIU”とはMobile Investigative Unit(機動捜査隊)の頭文字であり、“404”は綾野と星野が演じる機動捜査隊員の二人を指すコールサインだ。

警視庁には現在3つの機動捜査隊が存在するが、本作は、警視庁の働き方改革の一環で作られたという架空の設定の臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」が舞台。二人はその第4機捜に所属し、第1~3機捜のヘルプだけでなく、捜査1課などの各部署のヘルプも行う。

普段は覆面パトカーで地域をパトロールし、110番通報があれば事件現場に急行、迅速に初動捜査を行う。勤務は24時間制で、次の当番勤務は4日後。初動捜査で事件が解決できない場合は専門の課に捜査を引き継ぎ、継続捜査は行わない。

つまり、街中で勃発する各事案に対し、24時間でできうる限り対処するのが彼らの仕事だ。

綾野が演じるのは、機動力と運動神経はピカイチだが機捜経験がなく、刑事の常識にも欠ける伊吹藍(いぶき・あい)。考える前に身体が動いてしまう“野生のバカ”だ。

一方、星野が演じるのは、常に先回り思考で道理を見極める志摩一未(しま・かずみ)。観察眼と社交力に長けているものの、自分も他人も信用しない理性的な刑事だ。

第4機捜の隊長から伊吹とバディを組むことを命じられた志摩は、隙あらば暴走する“野生のバカ”に振り回されながら、犯人を追う羽目になる。志摩は“ハンドラー”として任務を遂行できるのか?数々の事件を乗り越え、二人は信頼しあうバディになれるのか…!?

綾野と星野の共演は、2017年10月期放送の『コウノドリ』以来、約2年半ぶりとなる。『コウノドリ』では正反対な性格ながら、心から信頼し合う産婦人科医役をしっとりと優しく演じた二人。本作では一転、破天荒な“機捜バディ”としてガチンコバトルを繰り広げる。また、二人が車内で繰り広げる軽快な会話劇も大きなみどころのひとつだ。

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!