エール朝ドラ

ミュージックティーチャーは実在する?エールみたらい先生モデルは誰?

NHK朝ドラ「エール」では、裕一さんが愛する音さんと共に、音楽家への道を志すストーリー。

 

音はドイツ留学経験のある先生に本格的に歌を習っています。

 

この先生は、音の声楽の先生で「スター御手洗」こと御手洗清太郎(みたらいきよたろう)!

 

古川雄大(ふるかわ ゆうた)さんが演じています。

 

ミュージックティーチャーは実在するんでしょうか?

 

御手洗清太郎さんのモデルは、誰なんでしょう?

 

今回は、ミュージックティのモデルは実在するのか、御手洗を演じる、古川雄大さんの経歴についても調査してみました。

 


【エール】ミュージックティーチャーは実在する?御手洗先生のモデルは誰?

 

 

主人公となる、古山裕一(こやまゆういち)は、一度は諦めた作曲家の夢を再び追い続けることになりました。

 

その頃、関内音(せきうち おと)は、豊橋で歌手を目指して日々レッスンに励んでいました。

 

その指導レッスンを行ってくれるのが、ミュージックティーチャー御手洗先生!

 

御手洗清太郎先生のモデルは、公式では特に発表はありません。

 

ネット上の声などを見ていますと、ベルトラメリ能子(よしこ)さんという女性がモデルでは?と言われています。

 

 

この方は、エールで柴咲コウさんが演じる、オペラ歌手の双浦環(ふたうら たまき)の実在のモデル三浦環の妹弟子でもありました。

 

御手洗先生は、留学経験があることから、音が「先生」と呼んだときはいつも、「堅苦しいのは嫌だから”ミュージックティーチャー”って呼んで!」と訂正し、発音にもこだわりのある、クセの強い人物です。

 

キャラの濃い先生の登場で、さらにドラマが盛り上がりそうです。

 

 

今回の朝ドラ出演について、御手洗先生を演じている古川雄太さんは、こんなコメントをしています。

 

連続テレビ小説に初めて出演させていただくことになり、大変うれしいです。

 

台本を読ませていただいて、この作品は多くの方々へのエールとなり、背中を押してもらえるような作品だと思いました。

 

僕が演じさせていただく御手洗清太郎は、二階堂さん演じる関内 音さんの歌の先生です。

 

僕自身、ミュージカルに出演させていただくなかでさまざまな先生に歌を習ってきました。

 

その経験をこの役でかせたらと思っています。

 

今までに演じたことのない役柄なので、僕にとっては挑戦となりますが、この作品に溶け込めるよう、精いっぱい努めて参ります。

 

引用元 公式サイト

 

 

古川雄大の経歴プロフィール

 

ここからは、ミュージックティーチャーを演じる、古川雄大さんの経歴プロフィールについて追ってみたいと思います。

 

 

古川雄大(ふるかわ ゆうた)さんは、長野県高山村の生まれ。

 

生年月日は1987年7月9日で、2020年11月現在、33歳です。

 

古川雄大さんは、20歳のころからトヨタオフィスに所属して芸能活動をスタート。

 

一度フリーとなった後、2018年に研音に所属しました。

 

研音といえば、裕一(窪田正孝さん)の父親・三郎を演じている唐沢寿明さんや、佐藤久志役の山崎育三郎さんも所属しています。

 

趣味はギターと卓球です。

 

そして古川雄大さんの特技はダンス!

 

ジャズダンスやクラシックバレエなど、幅広いダンスを経験されています。

 

他にも作詞や作曲もしていて、音楽CDもリリースしています。

 

ミュージカル界の新プリンスといわれる古川雄大さんですが、初舞台は、2007年の「ミュージカル テニスの王子様」。

 

この時は、4代目の不二周助を演じています。

 

その後もミュージカルには、定期的に出演されています。

 

最近では2019年の「エリザベート」にトート役で出演していました。

 

テレビドラマの出演は、実はあまり多くありません。

 

2007年 風魔の小次郎
2010年 新撰組 PEACE MAKER
2010年 ヤンキー君とメガネちゃん
2012年 あかねさす~新古今恋物語~
2018年 下町ロケット
2020年 トップナイフ、エール

 

 

2018年の「下町ロケット」では悪役を演じています。

 

新潟の大きな農家の三男で、農林業協同組合で働く吉井浩という男。

 

古川雄大さんは、仕事に愛情もやる気もない典型的なダメ男の役作りのために、髪を10センチも切ってチャラ男を演出したそうです。

 

最近では日テレで、2020年の冬ドラマ「トップナイフ」に出演。

 

脳外科医たちのオアシスとなるバー「カサブランカ」のオーナーの役を演じていました。

 

 

トップナイフでもチャラ男役で続いてたんですが、「エール」では、朝ドラらしく?!クセはあっても爽やかな役柄ですね。

 

6月24日放送分では、裕一の所属するコロンブスレコードで、新人歌手を募集されるのですが、ミュージックティーチャー御手洗も最後のチャンスということで、豊橋から上京!

 

 

同じく応募しているプリンス・久志との二人だけのライバル対決も面白かったです。

 

【エール】山崎育三郎はいつから出演?久志役モデルについても調査!

 

そんな御手洗(みたらい)先生、新人歌手のオーディションに合格することは出来ず時代は戦時下をむかえて終戦となりました。

 

10月19日からは本格的に終戦後の日本が描かれているのですが、なんとミュージックティーチャーが占い師に転身してお茶の間に再び現れるんですよね。

 

御手洗先生は、梶取夫婦が経営している喫茶バンブーの常連客・ベルトーマス羽生さんの友人として再登場されます。

 

音や裕一の未来を占ってくれそうな雰囲気のみたらい先生、占い師なので名前も変わっているかもですね^^

 

 

吉原光夫プロフィール!結婚や子供は?レミゼラブルの演技や劇団四季の退団理由がヤバい!

 

モスラの歌を歌った小南満佑子のwikiプロフィール!

 

朝ドラエール最終回ネタバレ!結末ラストはキャスト全員で合唱!

 

まとめ

 

今回は、御手洗清太郎(みたらい きよたろう)を演じる、古川雄大さんのプロフィールや、古川さんが演じるミュージックティーチャーのモデルについてまとめてみました。

 

朝ドラエールは、音楽を題材にしているだけあって、素敵な音楽関係の人物がたくさん登場していますね。

 

2020年のNHK紅白歌合戦では「エール」の企画コーナーがあるので、こちらも楽しみです。

 


最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!