話題

西川史子の現在!最新の病院の勤務先は?生い立ちや家族やがんの疑いはどうなったのか調査!

情報番組やバラエティーで、女医タレントとして大活躍だった西川史子(にしかわ あやこ)さん!

 

2007年から13年レギュラーを務めてきたTBS『サンデージャポン』を2020年3月22日の生放送で卒業されましたね。

 

テレビに出ていない時にはどんなところで働いていらっしゃるのか医師としての専門は何か、出身校など気になりました。

 

今回は西川史子先生の勤務先の病院や実家や家族、生い立ちやがんの疑いについても調べてみました。

 


西川史子の経歴プロフィール

 

まずはこちらで、西川史子さんのプロフィールをご紹介させていただきますね!

 

 

  • 名前:西川 史子(ニシカワ アヤコ)
  • 生年月日:1971年4月5日(2020年10月現在、49歳)
  • 星座:おひつじ座
  • 出身地:神奈川県相模原市
  • 学歴:湘南白百合学園(幼・小・中)→桐蔭学園高校→聖マリアンナ医科大学医学部
  • 血液型:B型
  • 身長:160cm
  • スリーサイズ:76-58-85
  • 肩書:(日本整形外科学会会員・日本美容皮膚科学会会員)
  • 所属事務所:ホリプロ
  • デビューのきっかけ:聖マリアンナ医科大学在学中に1996年ミス日本を受賞
  • 将来の目標:医療ジャーナリスト

 

西川史子さんは1996年のミス日本に出場して、フォトジェニック賞を受賞。

 

同年からバラエティー番組「恋のから騒ぎ」に3期生として出演し、注目を集めました。

 

 

2001年には「OLヴィジュアル系」で女優デビュー!

 

『シマウマ』や『表参道高校合唱部!』などのドラマへと出演していきます。

 

2004年頃からは、女医タレントとしてメディアへの露出が増えています。

 

関西ローカル番組の『ちちんぷいぷい』や『国民的洗剤能力テスト』などのバラエティー番組でレギュラー出演し、イメージビデオや写真集を出版する傍ら『有吉ジャポン』や『サンデージャポン』などにレギュラー出演していました。

 

プライベート私生活も好調で、2009年に会社役員と結婚していましたね!

 

元旦那さんの方は10年来の友人だった元葛飾区議会議員で、福祉関係の会社役員の福本亜細亜さんでしたが、2014年1月に離婚されています。

 

西川史子さんは結婚当初は、女医タレントとしていろいろな番組の中で「結婚相手は年収4000万円かせげる男でないと。」「ブサイクは生きる価値なし。」と公言して賛否両論の話題をよんでいました。

 

公言するだけでなく「年収4000万にこだわるりゆう(わけ)」(小学館)という本まで出版されています。

 

西川史子の現在!最新の病院の勤務先は?どんな治療?

 

 

西川史子さんは現在勤務先病院はどこなのか、場所やどんな治療をされているのでしょうか?

 

 

西川史子さんの勤務先病院は「表参道駅」徒歩1分という場所にある松倉クリニック&メディカルスパで、2004年頃から勤務されています。

 

 

『松倉クリニック&メディカルスパ』の院長は、松倉知之さんです。

 

松倉知之さんは日本で最初に『ボトックス』『レチノイン酸』『Obaji(オバジ)』日本に紹介した方なんだとか。

 

「ボトックス注射」やしみやニキビ痕の治療に効果を発揮する「レチノイン酸」も、私が日本で初めて導入しました。美白に興味のある女性ならよくご恩時の「Obaji(オバジ)」も、私が初めて日本に紹介したものの一つです。

引用元:https://doctorsfile.jp/h/18492/df/1/

 

 

西川史子さんは日本の美容に関する医学の最前線で仕事をされているんですね!

 

【松村クリニック診療案内】

  • 診療時間 月-金10時~20時 / 土日祝10時~19時(受付は診療時間終了30分前迄)
  • 休診日 年中無休(お盆・正月除く)
  • 初診料 5,500円
  • 予約方法 予約制です
  • 名称 医療法人社団 松徳会 松村クリニック&メディカルスパ
  • 住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-11-6 表参道千代田ビル9F
  • 電話 03-6455-5118
  • FAX 03-5414-3609
  • URL https://www.matsukura-clinic.com/clinic/
  • 診療項目 皮膚科・美容科・形成外科・内科

 

続いてもう一箇所の勤務先の西川整形外科医院は、西川史子さんのご実家の病院です。

 

西川整形外科医院

〒252-0311

神奈川県相模原市南区東林間3-10-11

TEL:042-743-0769

 

 

西川史子さんのお父様、西川秀樹さんが、日本医科大学の大学院卒業後に開業された病院。

 

診療科目は整形外科と形成外科です。

 

紹介によると、骨や軟部に発生する腫瘍性の病気の診断や治療について取り組んでいて専門は痛風やリウマチ性疾患となっています。

 

こちらでは、西川史子さんがアンチエイジングの観点から皮フの若さを保つ方法についてアドバイスをしてくれます。

 

ただ、「診療時間については現在は未定」とのこと。

 

西川史子さんの父親が高齢なためか、午前中の限られた時間のみ診察されていて、休診日は不定期となっています。

 

病院のHP上では、西川史子さんのワンポイントアドバイスを読むことができます。

 

西川史子さんの生い立ちや家族!ガンの疑いはどうなった?

 

 

西川史子さんは、幼少期から医師であったお父様からスパルタ教育を受け、お母様からは溺愛されながらも独特の教育方針で育てられてきました。

 

そんなご両親のに溺愛され育った西川史子さんですが、医師の家系を守るために、母親が打ち立てた教育方針がユニークです。

 

実は、お母様は元華族(近代日本の貴族階級)なんだとか。

 

ご自身は大学卒業後にも研究室で研究をするなど女性として自立されていたそうですが、24歳の時に、結婚を機に家庭に入られたそうです。

 

仕事をしていないことで、ご主人(西川史子さんのお父様)からキツイ言葉を投げかけられたこともあったりして、娘はちゃんと自立してほしいという気持ちがとても強かったんだとか。

 

西川史子さんが話していらっしゃる、西川家の家訓の一例を紹介します。

 

・勉強ができないことは恥ずかしい・勉強にかけるお金は惜しむな・先生にえこひいきされる存在になれ

・使えるコネはなんでも利用

・図工や家庭科はプロに依頼

・体育では全力疾走せずに余力を残す

・集合写真などでは必ずセンターに

・他人の悪口は自宅で、外では社交辞令を心がける

 

受験に必要な勉強以外に時間を使うのはもったいないから、家庭科の宿題などはプロに頼んで一切しなかった、というのはよくご本人も仰っていますよね。

 

また、全教科に家庭教師がついていたとか。

 

そんな西川史子さん、華麗な学歴も納得ですね!

 

テストで100点満点を取るごとに1万円のお小遣いをもらえるルールがありその使い道は自由、というものです。

 

 

また、金とコネがあれば勉強以外のものは手に入れられると、物心ついた時から教育されていたのだとか。

 

 

このように「医師になるという目的さえ果せれば良い」という母親の思いと、それを実現ささるための教育の下、西川史子さんも疑うことなく育ったのでしょう。

 

 

ですが完璧な教育を受けていた西川史子さんは、離婚を経験したことで、これまでの価値観が大きく変わることとなりかなり悩んでいた時期もあったようです。

 

離婚という、現実を受けとめられなかったことから激ヤセとなってしまったそう。

 

ちょうどこの頃、2017年に胃腸炎で3回入院しています。

 

ですが2020年にサンデージャポンを卒業されてからは、西川史子さんは以前よりもテレビでお見かけすることがなくなっています。

 

そんなことから西川史子さんがサンジャポを2020年3月22日で卒業した理由は、ガンの疑いで痩せたからともいわれていて公表されてはいませんが、がんの治療をしているのでは??とまで噂や心配の声があがっていました。

 

そんな西川史子さんですが、2020年10月26日に自身のインスタグラムを更新して、友人とフレンチレストランで楽しく食事したことを伝えてくれています。

 

 

インスタの投稿画像を見ていると以前よりも表情が穏やかになっていて、気持ちも落ち着かれているような印象を受けますね!

 

今回は、西川史子の現在!最新の病院の勤務先は?生い立ちや家族やがんの疑いはどうなったのか調査!と題してお伝えしました。

 

いつかまた、西川史子さんの、少し毒の入った楽しいコメントを聞いてみたいです。

 

西川史子さんの完全復活を心より祈っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

error: Content is protected !!