おちょやん

【おちょやん】みつえちゃん戦争で未亡人のネタバレ感想

NHK朝ドラおちょやんで「岡安」の一人娘のみつえちゃんが「福富」の福助と結婚してから可愛い一人息子・一福くんも誕生して幸せな結婚生活を送っています。

ところが「おちょやん」ドラマの時代は太平洋戦争が始まり、しだいに厳しい状況となっていきます。

みつえちゃんの家族にも戦争の影響が出てくるのでは?

今回は、みつえちゃんの結婚生活についてネタバレ予想してみました。

 


【おちょやん】みつえちゃん戦争で未亡人のネタバレ

朝ドラのおちょやんは、昭和16年に太平洋戦争が開戦となってしまい、戦況は次第に厳しいものとなります。

この頃の日本といえば「欲しがりません勝つまでは」のスローガンの下に贅沢することが次第に許されなくなった時代背景もあり、みつえちゃん達の住む道頓堀・大阪周辺も徐々にその影響を受けます。

そして戦時下においては年代が若くて健康な人物は先に戦争へ招集がかかるのですが、みつえの夫・福助の元にもついに赤紙の招集命令が下っていく、との情報を当ブログで得ることが出来ました。

そしてここで考えられるのが福助さんのトランペットです。

先日NHKでは土曜スタジオパークで、「おちょやん」が取り上げられて大阪のNHKスタジオから生中継で放送されていました。

その際、おちょやんの音楽が生演奏されたんですが、何と福助を演じた井上拓哉さんも途中でトランペット演奏で参加して、これまで一切トランペットを吹いたことがないにもかかわらず最後まで演奏されて会場は大盛り上がりとなっていました。

井上拓哉さんのトランペット演奏が素敵

吹いたこともない井上拓哉さんがここで登場するというのは、 残念な話ですが福助さんは戦死されるということです。

そうなると、みつえちゃんは戦争未亡人となります。

【おちょやん】みつえと一福はどうなる

みつえちゃんはかなりのショックを受けると思います。

千代ちゃんと違ってこれまでどん底を味わう人生ではなく、少なくとも千代ちゃんと比べればはるかに裕福で恵まれた生活を送ってきたんですよね。

でもそんなみつえちゃんを、千代ちゃんは友達として何とか前を向いてもらおうとお芝居(喜劇)で勇気づけようとしてくれるんです。

一福くんもまだ小さいですし、これからシズさんたち両親が存命しているとはいえ、みつえちゃんはシングルマザーとなって生活していかなくてはなりません。

でもみつえちゃんは亡くなったハナおばあちゃんや、「岡安」をしっかり切り盛りしてきたシズさんの娘さんなので、可愛い一人息子・一福君のためにすいとん売りの商売をはじめて頑張っていくのでした。

みつえちゃんを演じる東野絢香さんの経歴もチェック

今回はおちょやん朝ドラのみつえちゃんについて戦争で未亡人になることへのネタバレ予想をしてみました。

前回の朝ドラ「エール」でも戦争の時代が描かれていて、史実が元になっているから仕方がないとはいえ、とても悲しい展開で絶対戦争は起きてほしくないなあと思います。

ただ千代ちゃんがみつえのために演じたお芝居で、すこしでもみつえちゃんの笑顔が見れることになったのは良かったと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!