おちょやん

おちょやん 高城百合子モデルのネタバレ!井川遥の経歴もチェック

NHK朝ドラおちょやんで、杉咲花さん演じる千代が初めて憧れたスター女優が高城百合子。

高城百合子(たかしろゆりこ)の実在モデルは存在するのでしょうか?

今回は、竹井千代の憧れの女優となる、高城百合子(たかしろゆりこ)の実在モデルや、高城百合子役を演じる井川遥さんについて調査してみました。

 


【おちょやん】高城百合子のネタバレ

 

高城百合子(井川遥さん)は、道頓堀の芝居小屋に出演していたスター女優です。

千代ちゃんは高城百合子の舞台芝居を見て、芝居が大好きになりお茶子の仕事の合間を見ては芝居を舞台の端から盗み見るほど熱狂するようになりました。

ですがこの頃、高城百合子は「鶴亀」の社長・大山鶴蔵(中村鴈治郎さん)から、映画女優への転向を命じられていて、行方不明に。

高城百合子が逃げ回っているところを、竹井千代が偶然出会って芝居茶屋「岡安」にかくまってあげます。

その後、高城百合子は大山鶴蔵の推薦で「鶴亀撮影所」の女優となるのですが、社長の推薦付きで女優になったことが他の女優から妬まれてしまいます。

それでも、高城百合子は演技の実力で他の女優と黙らせ、「鶴亀撮影所」の大女優となっていくのです。

その後、大部屋女優として「鶴亀撮影所」に入ってきた竹井千代と再会!

高城百合子は竹井千代に助けて貰ったことを思い出すと、役が付かずに困っていた竹井千代を監督に推薦してくれるのです。

このことがキッカケとなって千代ちゃんは始めて大抜擢されて映画に出る事が出来るのですが、高城百合子は芝居の相手役の男性と駆け落ちしてしまったのでした・・・。

おちょやん千代の憧れの女優・高城百合子のモデルは誰?

 


高城百合子のモデルは、女優の岡田嘉子(おかだよしこ)さんです。

岡田嘉子さんは、明治35年(1902年)4月21日に、広島県広島市細工町で、士族・岡田武雄の長女として生まれました。

岡田嘉子さんは、女子美術学校の西洋画科へ入学したのですが、お父さんの岡田武雄さんが北海道小樽の「北門日報」の主筆に招かれたので、岡田嘉子も一緒に北海道へと移ることとなり「北門日報」の婦人記者となるのです。

その後岡田嘉子さんは「北門日報」の演芸会の舞台に出演した事を機に女優を志すようになり、上京して女優の道を歩みます。

そして岡田嘉子さんは日活にスター女優として招かれた後、昭和2年、岡田嘉子は「椿姫」の主演に抜擢されます。

この頃岡田嘉子さんは、内縁の夫・山田隆弥との関係が悪化していたことや、撮影の時に大勢の前で監督から罵倒されていたことで「椿姫」を演じることが重荷になっていました。

岡田嘉子は撮影中に相手役の竹内良一さんに悩みを打ち明けたことがキッカケとなって、2人は「椿姫」の撮影中に駆け落ちし、飯塚という田舎で結ばれるのでした。

当然ながら駆け落ちした岡田嘉子さんは、日活をクビに。

そこで「岡田嘉子一座」を旗揚げして、竹内良一さんと5年ほど巡業をして、昭和7年に松竹に入るのですが、今度は岡田嘉子さんは竹内良一さんと別居状態となり、松竹で出会った演出家・杉本良吉さんと恋愛関係へ。

ところが杉本良吉さんは、プロレタリア運動に関わった共産主義者。

召集令状を受ければ、刑務所に送られると考えて、岡田嘉子さんにソ連への逃亡を打ち明けたことで、お二人は昭和13年1月に樺太からソ連(ロシア)へと亡命するのです。

ですが結局、ソ連からスパイの容疑をかけられてしまい、別々に収容されることになり、岡田嘉子さんは独房生活を送ります。

(杉本良吉さんは裁判で銃殺刑となり、銃殺。)

岡田嘉子さんは終戦後に自由の身となったものの、自らの意思でモスクワに残り、戦後はモスクワ放送局で日本語放送のアナウンサーとなり、滝口新太郎さんと結婚します。

昭和47年に35年ぶりに帰国して日本の映画やテレビに出演したのですが、昭和61年に再びソ連へと戻り、平成4年(1992年)にモスクワで亡くなったのでした。

おちょやんモデル浪花千恵子の経歴プロフィール!夫や子供オロナイン

おちょやん朝ドラ最終回結末のネタバレ予想!

おちょやんロケ地や撮影場所について

 

【おちょやん】高城百合子役は井川遥!経歴プロフィール

 

ここからは、おちょやん朝ドラで千代の憧れのスター女優・高城百合子を演じる、井川遥(いがわ はるか)さんの経歴プロフィールについて追ってみたいと思います。

井川遥(いがわはるか)さんは、1976年6月29日生まれで、出身地は東京都墨田区・練馬区育ちです。

身長は167センチで、スリーサイズは、上から85-59-87、血液型はB型です。

学歴は、東横学園女子短期大学卒業。

趣味は、水泳・読書で、特技は「料理」となっています。

井川遥さんは、短大在学中から読者モデルとして活動を始められ、短大卒業後は一旦就職されるも半年で退職し、再び、モデルの仕事をスタート。

1999年に「東洋紡水着サマーキャンペーンガール」に選ばれて、本格的に芸能界デビューします。

翌年の2000年には「アサヒビールイメージガール」にも選ばれ、注目を集めます。

当初井川遥さんはグラビアモデルとして活動されていたのですが、おっとりとした柔らかな雰囲気から「癒し系アイドル」として人気を博し、CMに引っ張りだことなり、以降は、雑誌モデルだけでなく女優として、映画やテレビドラマにも数多く出演されるようになります。

気になるプライベートですが、2006年11月、14歳年上のファションデザイナー、松本与(まつもと あとう)さんと結婚されています。

お二人は2005年の秋頃、お食事会で知り合い、その3ヶ月後の2006年春に再び同じメンバーで食事会をしたことで徐々に意識するようになり、交際をスタート。

ご主人の松本与さんですが「超セレブ」ということでも、注目を集めました。

松本与(まつもと あとう)さんのおじいさんは、大手音響メーカー「パイオニア」の創業者、松本望さんで、お父さんは「パイオニア」の元会長、松本冠也さん。

そしてお母さんは、岩倉具視を高祖父に持つ、由緒正しい家柄の方なんだとか。

ということで玉の輿に乗った井川遥さんは、東京都渋谷区の一等地にある4億円の新築マンションで、結婚生活を送られています。

2009年に女の子を、2012年には男の子を出産されており、ママさん女優として活躍されています。

 

まとめ

 

今回はおちょやん朝ドラに登場する高城百合子さんの実在モデルや、たかしろゆりこを演じる井川遥さんの経歴についてお伝えしました。

この時代は令和の現在と比べれば、男尊女卑の考えがまだまだ浸透していた時代で、女性が独り立ちして生きていくのは容易ではなかったんですよね。

それでもそのカッコイイ生きざまに千代ちゃんは惹かれていったのだと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!