おじさまと猫

おじさまと猫(おじ猫)ドラマのあらすじキャスト!原作ネタバレで紹介

「おじさまと猫」ドラマパラビ

 

2021年1月6日スタート・毎週水曜日深夜0:58~/テレビ東京

 

少年ガンガンに連載の大人気漫画「おじさまと猫」通称「おじ猫」がついに実写ドラマ化。

 

神田冬樹役を演じるのは超ダンディな俳優・草刈正雄さんで、ブサ猫「ふくまる」を演じるのが本物の猫なのかぬいぐるみなのかも話題になっています。

 

今回は、ドラマの原作あらすじキャストのプロフィールや相関図についてまとめてみました!

 


おじさまと猫(おじ猫)ドラマあらすじネタバレ原作は?

 

「おじさまと猫(おじ猫)」のドラマは、漫画家桜井海さんのマンガを原作として作られています。

 

元々桜井海さんのツイッターに連載を始めたのですがすぐに評判となり、現在のガンガンコミックスにて現在も連載中となっています。

 

 

 

ここからは主なあらすじと共にキャストもご紹介していきます。

 

平成29年の全国犬猫飼育実態調査で、ついに猫の飼育数が犬を上回りました。

現在も日本は空前の猫ブームを突き進み続けています。

しかし、愛される猫が増えたからといって、愛されない猫が消えるわけではありません…。

 

これは、そんな愛されなかった猫と、おじさまの心温まる日々を描いた物語です。

テレビ東京では2021年1月6日(水)深夜0時58分からのドラマParavi枠で「おじさまと猫」が放送(予定)となりました!

原作はガンガンpixiv、月刊「少年ガンガン」で連載中の桜井海による同名コミック。インターネットを中心に爆発的な人気を呼び、コミックスは累計140万部を超える大人気作品をドラマ化!

妻に先立たれて以来、ふさぎこんだ日々を送っていた世界的有名ピアニスト・神田冬樹。

そんな神田がある日、ペットショップで売れ残っていたブサ猫のふくまると出会う。動物が苦手にも関わらず、一目で惹かれてしまった神田は、思わず「この猫をください」と告げる。

神田にとってふくまるとの生活は驚きの連続だったが、次第に笑顔を取り戻していく…。

愛されることを諦めていた猫と、孤独だったおじさまの心温まる日々を紡いだハートフルストーリー。

言葉は通じなくともお互いを想い合う一人と一匹に時に癒され、時に涙すること間違いなしの作品です!

本作の主人公・神田冬樹を演じるのは、「真田丸」(NHK)、「なつぞら」(NHK)、映画「記憶にございません!」など、鮮烈な印象を残し続けるベテラン俳優・草刈正雄!本作がテレビ東京ドラマ初主演となります。

日本一ダンディな名優が演じる“おじさま”にご期待ください!

引用元:公式サイト

 

おじさまと猫(おじ猫)ドラマのキャストや相関図は?

 

 

(相関図については、公式で発表され次第、更新していきます~♬)

 

ドラマにはたくさんの登場人物が出てきます。

 

ここでは、現在決まっているお2人(おじさまと猫)の役どころを紹介します。

・神田冬樹(かんだふゆき)…草刈正雄さん
・ペットショップでふくまるを見かけた際、一目でその姿に惹かれ迎え入れた男性。以前は世界的に著名なピアニストだったが、妻の死がきっかけで現在はピアニストとしての活動を休止し、音楽教室でピアノの先生として働いている。ふくまるを溺愛しており、ふくまるにとっても最愛の存在である。美しい容姿の持ち主で、男女問わず彼の美貌に虜になる描写が度々ある。

・ふくまる・・神木隆之介さん(声を担当)
・ペットショップで売れ残っていたところを、神田に迎えられた猫。猫種はつぶれた顔が特徴的なエキゾチックショートヘア。5匹兄弟の末っ子。物語開始時は、売れ残っている自身の現状に心を閉ざしていたが、神田と過ごすうちに少しずつ氷解させていく

 

 

おじさまと猫(おじ猫)ドラマの決定にSNS上の反応は?

 

「おじさまと猫(おじ猫)」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

 

おわりに・・・

 

今回はドラマパラビ枠テレビ東京で放送される「おじさまと猫(おじ猫)」のドラマについて、あらすじネタバレ原作から、キャストや相関図までお伝えしました。

 

草刈正雄さんが、神田冬樹を演じると聞いてピッタリだなあと思いつつ他のキャストの日比野さんを誰が演じるのか?と気になっています。

 

2021年1月放送スタートで繰り広げられるドラマを見れるということで、今から楽しみです~(⌒-⌒)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

error: Content is protected !!