おじさまと猫

おじさまと猫(おじ猫)感想1話2話ネタバレ!ふくまると神田の出会い

「おじさまと猫」ドラマパラビ

2021年1月6日スタート・毎週水曜日深夜0:58~/テレビ東京

少年ガンガンに連載の大人気漫画「おじさまと猫」通称「おじ猫」がついに実写ドラマ化。

神田冬樹役を演じるのは超ダンディな俳優・草刈正雄さん、「ふくまる」はぬいぐるみで神木隆之介さんが声を演じてます。

今回はドラマ「おじさまと猫」の1話と2話を視聴したネタバレ感想についてお伝えします。

 


おじさまとドラマ猫1話のあらすじネタバレ


ドラマの舞台は東京都内。

とあるペットショップに訪れたカップルが猫を見ています。どの猫も可愛いけれど予算に合う子が見つかりません。

そんな時「エキゾチックショートヘア-9万円」と書かれたショーケースを見つけます。

2人は期待に胸を躍らせて中を見てみると、そこにいたのはみたこともないような不細工なネコちゃんで、左頬には黒い模様があり「鼻クソついてるじゃん!」と呼ばれる始末。

でもこの猫にとってそんな事は日常茶飯事です。

「私はブサイクと呼ばれている。私はもうすぐ1歳になるが名前にゃんてにゃい。これから先もきっとない。」そう思う猫ですが、日に日にショーケースも狭くなり食欲も無くなってきました。

場面は1年前に妻に先立たれ一人で寂しく暮らしているピアニストの神田冬樹(草刈正雄さん)の豪邸です。

そんな神田に、親友の小林夏人(升毅さん)は犬を飼うことを勧めるのですが、神田冬樹は動物が大の苦手で触ったこともありません。

しかし亡くなった妻が猫を飼いたがっていたことを思い出してふとペットショップに入ります。

そのペットショップで結婚指輪のついたネックレスを忘れて再び店に戻るのですが、そこで指輪を落として拾い上げた先にいたのがのちに”ふくまる”と名付けられる、あのブサイク猫でした。

ネコと目が合った瞬間に神田冬樹は「この猫をください」と言っていました。

今まで生きてきて猫を触ったこともなかった神田冬樹ですが「本当に可愛くて今すぐ抱きしめたい。」とぶさいく猫をギュッとと抱きしめます。

幸せをかみしめつつも、なぜ???と半信半疑のブサイク猫ちゃん。

ずっと売れなくて心配していたペットショップの店員さんも大喜びです。

神田冬樹は店員さんに勧められるまま、両手いっぱいに猫飼育用のグッズをかかえて自宅に帰宅するのです。

世界的なピアニストとして活躍していた神田冬樹は妻が亡くなってから気力を失い何もできなくなっていました。

しかしこの「ふくまる」と名付けた猫との出会いが神田冬樹の日常と心を変えていくのです。

おじさまと猫ドラマ1話を視聴した感想


「おじさまと猫」の実写ドラマが決まって、神田冬樹は草刈正雄さんと知って「おお!ナイス人選!」と思いつつ、ぬいぐるみで「ふくまる」を演じさせると聞いた時は正直「ぬいぐるみ、、、しかも原作マンガと顔が違うし、、、。」というのが正直な感想でした。

「アニメの世界観が壊れていくのではないか・・・。」と思いながらも視聴したのですが、ぶさいく猫”ふくまる”はぬいぐるみなのに何とも言えないリアルな動きがあって観ているうちに本物のように思えてきました。

25分という短い時間で気軽に見られる上、なんだか癒されるドラマです。

まだやっぱり違和感は少しあるのですが、ドラマ実写としてみれば全然アリなのではないでしょうか。

そして猫の声はなんと神木隆之介さん!

優しい声が猫とぴったりで、逆におじ猫の最新刊を見てる時にふくまるの画像を見てたら神木隆之介さんが浮かんできたのには自分でもビックリでした(笑)

そして草刈正雄さんが予想以上に良かったです!!中年男性の哀愁が本当に素敵です。

私は勝手に草刈正雄さんって、お坊ちゃんな人生を送った俳優さんだと思いこんでいたのですが、今回のドラマを知ってwikipediaを見てみたら幼少期から色々と苦労されていた方だと知って、だからあのような悲哀を出せるのかな、と思いました。

これから猫とおじさまの生活がどうなっていくのか、とても楽しみな作品です。

 

おじさまと猫2話のあらすじネタバレ


ふくまるはペットショップで売れ残っていた不細工なエキゾチックショートヘア。

世界的ピアニストの神田冬樹ことおじさまに一目ぼれされ、神田の住む豪邸へ。

たくさんの猫グッズと共に帰宅したおじさまと猫ですが、猫はゲージからなかなか出ようとはしません。

しかし神田冬樹の優しさに徐々に心を開いていく猫は「ふくまる」と名付けられ抱きしめられると幸せでいっぱいな気持ちになるのです。

お店で食べていたのと同じカリカリのキャットフードも、神田冬樹の家ではものすごく美味しく感じます。

ふくまるは興奮のあまり「もっと欲しいニャ!」とお代わりを要求します。

おじさまは、エキゾチックショートヘアは肥満になりやすいので食事量に気を付けるようにペットショップのお姉さんに言われていたのですが、ふくまるの可愛さに「少しだけならいいか」とあげてしまいます。

そして神田冬樹は大の愛犬家の親友・小林夏人にふくまるの写メを送ります。

すると早速電話が。

「お前なんでよりによってそんな不細工な猫を選んだんだよ」と言われ神田冬樹は怒って電話を切ってしまいます。

神田冬樹は亡くなった妻が猫を飼うのを楽しみにしていたことを思い出しました。

猫を触ったこともなかったおじさまは妻に猫を飼うことを提案された時戸惑いましたが「すごく幸せな気分になるわよ。」と言われたことがその通りになったと思いました。

おじさまが寝ていると、ふくまるが甘えて布団に潜り込んできます。

神田冬樹は幸福感に満たされながら眠りにつきます。

ふくまるのお陰か少し前向きになった神田冬樹は、子供向けの音楽教室に就職面接に行きます。

世界的なピアニストが何故小さな音楽教室に・・?と恐縮されながらも、神田冬樹は採用されることになりました。

親友の小林夏人(升毅さん)は電話でふくまるのことを不細工と言ったことを謝罪しに、神田の家を訪れました。

動物好きの小林はふくまるを可愛い可愛いともみくちゃにします。

そして親友である神田冬樹が久しぶりに笑っているところを見て心から喜びふくまるに「これからも神田を支えてやってくれ、ふくちゃん♪」と語りかけます。

しかしさっきもみくちゃにされて苦しい思いをしたふくまるは小林夏人が何だか苦手て、つい甘噛みしてしまうのでした。

 

おじさまと猫2話を視聴した感想


先週の第1話よりもさらにふくまる猫の動きや姿に違和感が無くなってきました^^

神田冬樹とおじさまの親友の小林夏人という2人のおっさんが猫に夢中になってじゃれる姿がまた癒されて幸せな気持ちになります。

こういうひたすら平和なドラマもあっていいなあ、さすがテレ東と思いました。

主人公のおじさまがピアニストということもあってエンディングにピアノの演奏が流れるのも良いなあ、と。

1話約30分と短いドラマなのでちょっと休憩がてらに観るのに最適なんですよね。

今回から神田冬樹の親友の小林夏人役の升毅さんも登場していますが、なんともいい味だしてます!お2人ともとっても素敵です。

とはいえ、草刈正雄さんが猫のぬいぐるみを抱きかかえて演技をしている姿を目にする日がやって来るとは思ってもみなかったので、未だにこのシチュエーションがシュールでたまりません!

おじさまと猫(おじ猫)の放送日はいつからいつまで??

おじさまと猫(おじ猫)ドラマのあらすじキャスト!相関図や原作

 

最後に

今回はドラマ「おじさまと猫(おじ猫)」の第1話と2話を見た感想とあらすじをネタバレでお伝えしました。

回を重ねるごとに、不思議と違和感なくマンガとは違った良さを感じながら続きが楽しみになってきました^^

第3話からは他のキャストも続々と登場されるので、さらにドラマならではの世界観が広がっていきそうですね~!

続きも楽しみです♬

ドラマ「おじさまと猫」については、まだ見たことがない方や、放送地域の関係で視聴出来るのはもっと先の日程になってしまう方、見たかったけど録画出来なかった、見逃した!という方もいるでしょう。

そんな方へは、初回14日間のお試し無料視聴が出来るParavi(パラビ)の動画配信サービスがおすすめです。

おじさまと猫のドラマを動画配信サービスで見れるのは、Paravi(パラビ)が独占配信中です。しかも今なら本編よりも先行配信中で見れることになっています。

(ちなみに私は少しでも早く見たいので、パラビで「おじ猫」視聴中です^^)

今すぐ視聴したい方は、こちらからParavi(パラビ)で無料視聴が出来ます!

Paraviで今すぐ無料視聴♪

登録日より2週間以内に解約すればお金は一切かかりません。

error: Content is protected !!