おじさまと猫

おじさまと猫(おじ猫)感想7話と8話ネタバレ!マリンちゃん登場

「おじさまと猫」ドラマパラビ

2021年1月6日スタート・毎週水曜日深夜0:58~/テレビ東京

少年ガンガンに連載の大人気漫画「おじさまと猫」通称「おじ猫」がついに実写ドラマ化。

神田冬樹役を演じるのは超ダンディな俳優・草刈正雄さん、「ふくまる」はぬいぐるみで神木隆之介さんが声を演じてます。

今回はドラマ「おじさまと猫」の7話と8話を視聴したネタバレ感想についてお伝えします。

1話と2話のおじ猫ドラマの感想とあらすじはコチラ

おじさまと猫の感想3話4話はコチラ

おじ猫ドラマ5話と6話のネタバレ


おじさまとドラマ猫7話のあらすじネタバレ


世界的ピアニストである神田冬樹(草刈正雄さん)との才能の差に打ちのめされて以来、神田を憎んでいる日比野奏(平山浩行さん)は、先日、自分のコンサートを神田冬樹が途中退出したことに、苛立っていた。

そんなある日、日比野は母親(朝加真由美さん)からマリンという名の猫(声:松本穂香さん)が飼えなくなったので引き取り手が現れるまでの間の飼育を半ば強制のようにお願いされるのです。

日比野は、しぶしぶ猫グッズを揃えるためペットショップに向かうことに。

店員の佐藤(武田玲奈さん)に勧められるがまま、大量の猫グッズを選んでいると、偶然にも神田と再会を果たします。

その再会をきっかけに初めてネコを飼う日比野のために、神田冬樹がアドバイスも兼ねて、マリンちゃんに会いに行くのでした。

おじさまと猫ドラマ7話を視聴した感想

7話は神田おじさま日比野さんの再会の回で、今回も良かったです~。

日比野さんは神田冬樹が自分の演奏会始まってすぐに抜け出して行ったことを本当の理由も知らず勘違いして怒っていたんですよね。

このあたりのエピソードが原作漫画と同じで笑ってしまいました^^

(あと、ペットショップで「タッグを組むな!」の場面も)

神木隆之介さんはもはやふくまるだし、神田さん日比野さんも、原作の雰囲気大切にしながらも、ドラマならではの世界観があるし、癒されてほっこりしました。

次回8話はいよいよマリンちゃんが登場で楽しみ。

ホントおじ猫のドラマは毎週癒し効果が半端ないです。

おじさまと猫8話のあらすじネタバレ


8話は放送が始まったらお伝えします。

 

おじさまと猫8話を視聴した感想

8話については放送が始まったら視聴して感想をお伝えします。

おじさまと猫ドラマのロケ地や撮影場所まとめ

おじさまと猫(おじ猫)の放送日はいつからいつまで??

おじさまと猫(おじ猫)ドラマのあらすじキャスト!相関図や原作

今回はドラマ「おじさまと猫(おじ猫)」の第7話と8話を見た感想とあらすじをネタバレでお伝えしています。

回を重ねるごとに、不思議と違和感なくマンガとは違った良さを感じながら続きが楽しみになってきました^^

そして神木隆之介さんのふくまるの声がとってもカワイイ!もしテレビアニメ化されたら、神木隆之介さんに担当してほしいと思います。

9話以降続きが楽しみです♬

ドラマ「おじさまと猫」については、まだ見たことがない方や、放送地域の関係で視聴出来るのはもっと先の日程になってしまう方、見たかったけど録画出来なかった、見逃した!という方もいるでしょう。

そんな方へは、初回14日間のお試し無料視聴が出来るParavi(パラビ)の動画配信サービスがおすすめです。

おじさまと猫のドラマを動画配信サービスで見れるのは、Paravi(パラビ)が独占配信中です。しかも今なら本編よりも先行配信中で見れることになっています。

(ちなみに私は少しでも早く見たいので、パラビで「おじ猫」視聴中です^^)

今すぐ視聴したい方は、こちらからParavi(パラビ)で無料視聴が出来ます!

Paraviで今すぐ無料視聴♪

登録日より2週間以内に解約すればお金は一切かかりません。

error: Content is protected !!