おちょやん

おちょやん朝ドラ最終回結末のネタバレ予想!女優復帰で主役に抜擢?!

「おちょやん」NHK朝ドラマ

 

2020年11月30日(月曜)スタート・毎週月~金曜日(土曜日は総集編)

 

2020年後期のNHKの朝ドラは「おちょやん」に決定致しています。

 

主人公・竹井千代を演じるのは、杉咲花さんです。

 

今回は「おちょやん」朝ドラの最終回結末をネタバレ予想してみました!

 


おちょやん朝ドラはどんな内容?あらすじを紹介

 

「おちょやん」のドラマの時代背景は、戦前から戦後。

 

この激動ともいえる昭和の時代に、松竹新喜劇の看板女優として活躍した上方女優の代名詞のような存在で、「大阪のお母さん」としても親しまれた浪花千栄子の人生をモデルとして、描かれることになりました。

 

何でもこのドラマは、NHKアーカイブスに残るNHK大阪放送局制作による浪花千栄子出演のラジオドラマを聴いた制作統括の桜井壮一さんが、その下町の人情物語に感動したことが、きっかけだったんだとか。

 

明治の末、大阪・南河内の貧しい家に生まれたヒロイン・竹井千代(杉咲花さん)は小学校にも満足に通えず、9歳の時に、道頓堀の芝居茶屋に奉公に出されます。

 

ですが、そこで目にした華やかな芝居の世界に憧れて、女優を志します。

 

やがて千代は、芝居の世界に飛び込んでいくのです。

 

そして、大阪で新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。喜劇界のプリンス・天海一平と結婚し、喜劇女優として成長していくのでした。

 

しかしその後、戦争が始まり、一平との結婚生活も破綻してしまうのです。

 

絶望のどん底に突き落とされて、千代は芝居の世界から一時引退するのですが、あるラジオドラマをきっかけに奇跡の復活を遂げる…と言った物語になっています。

 

おちょやん【NHK朝ドラ】最終回結末は?

 

 

竹井千代(杉咲花さん)のモデル浪花千栄子が離婚したのは、夫・渋谷天外さんの不倫が原因。

 

松竹新喜劇を辞めて、京都へ行って自殺しようとまで考えたそう。

 

が、真後ろを通り過ぎるバイクの爆音を聞いて我に返り、自殺を思いとどまることに。

 

そこからは、京都の長屋の2階で人知れず、堕落した生活を送っていたのです。

 

そんな時、吉本興業の芸人・花菱アチャコがNHKのラジオドラマ「アチャコ青春手帖」を開始。

 

ですが、直ぐに相方(母親役)が降板してしまったので、花菱アチャコは、自分のアドリブに対応でき、大阪弁が喋れる女優として、浪花千栄子を相方に指名します。

 

ところが、浪花千栄子は松竹新喜劇を辞めた後、消息不明となっていて、何処にいるのか全くつかめていません。

 

NHK大阪放送局のプロデューサー・富久進次郎さんが、浪花千栄子が京都にいるという噂を手がかりに、京都中を探し回るのです。

 

ですが、浪花千栄子は見つからなかったので、諦めて他の女優を相方にしようとします。

 

ところが、NHK大阪放送局の佐々木英之助が「もう1日だけ待つ」と言うので、富久進次郎は再び京都へと向かいます。

 

それでもやはり浪花千栄子は見つからないので、疲れ果てた富久進次郎は、1杯飲み屋に入り、「ここら辺に居るはずなんだがね。」とため息をつくと、飲み屋の主人が「浪花千栄子なら、さっき、銭湯に入っていきましたよ!」と。

 

驚いた、富久進次郎は、浪花千栄子を発見。

 

浪花千栄子は長屋の2階で生活しており、着物も質に入れ、電車賃も無いほど落ちぶれた生活をしていました。

 

こうして浪花千栄子は、ラジオドラマ「アチャコ青春手帖」に出演し、花菱アチャコの母親役を務めた事がキッカケとなって、映画の仕事も舞い込むようになり、女優としてブレイクしていくのでした。

 

その後、浪花千栄子は仕事が軌道に乗り、旅館「竹生」を経営し、事業を手がけ、女優としても名脇役として活躍していたのですが、昭和48年(1973年)12月22日に死去されています。

 

浪花千栄子さんといえば、名脇役女優として人気だった女優さんでした。

 

がしかし、ドラマでは、竹井千代は脇役でなく主役(主演)に抜擢されると予想します。

 

そして作品に主役級として出演し、名女優として名をはせるまでの生涯が描かれるでしょう。

 

おわりに・・・

 

今回は、2020年度後期で、11月30日よりスタートされる、NHK朝ドラ「おちょやん」の最終回を結末予想してみました。

 

2020年はコロナの影響もあって、朝ドラの撮影中断もあり、おちょやんのドラマも一時は、2021年まで延期されるのでは?と言われていたので無事放送が決まって良かったです。

 

11月から始まるドラマが今から楽しみですね^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!