ドラマ

らーめん才遊記ドラマ最終回ネタバレ紹介!原作通りになるのか?

「行列の女神~らーめん西遊記~」ドラマBiz

 

2020年4月スタート・毎週月曜日夜22:00~/テレビ東京

 

主演をつとめるのは、鈴木京香さん。

 

鈴木京香さんが演じるのは、フードコンサルタント・芹沢達美。

 

奇抜なアイデアと、計算しつくされた手法で苦境にあえぐ、ラーメン店を救ってくれるんです。

 

意外にも鈴木京香さんはテレ東のドラマに初出演にして、初主演となります。

 

今回は「らーめん才遊記」ドラマの最終回をネタバレ予想してみました!

スポンサーリンク

らーめん才遊記のあらすじは?

 

ドラマは2009年から2014年まで、「ビッグコミックスペリオール」で連載されていた、久部緑郎さん・作、河合単さん・画、石神秀幸さんが協力の漫画『らーめん才遊記』が元となっています。

 

原作マンガの中で登場する、繁盛ラーメン店主・芹沢達也が、今回実写化する「らーめん才遊記」の主人公となっています。

 

そして「らあめん清流房」のオーナーでラーメン界のカリスマである芹沢達也が、新たにフード・コンサルティング会社「清流企画」を設立するんです。

 

ここでは、実験的ラーメン発表の場として「麺屋せりざわ」をスタートさせます。

 

そこに彼の自信作を口にし、「今イチ」だと述べるのが、若い女性客・汐見ゆとりです。

 

汐見ゆとり役は、実写版では「黒島結菜」さんが演じます。

 

そして「芹沢達也」は、性別を女性に変更して「芹沢達美」となっています。

 

ラーメン評論家などが登場して、ラーメンの味や想いなどを綴るエピソードが登場しているので、ドラマでも、ラーメンの美味しさをより楽しむ内容になるでしょう。

 

テレ東のドラマBiz枠は、お仕事をされてる方にスポットを当ててドラマ化されています。

 

今回の実写化も、ラーメンを通して、様々な飲食業界事情が見える内容となるでしょう。

スポンサーリンク

らーめん才遊記の最終回はこうなる?

 

それでは「ラーメン才遊記」の最終回予想です。

 

原作漫画は、11巻で完結しており、最後はNo.1女性ラーメン職人決定戦「なでしこラーメン選手権」に主人公・汐見ゆとりが臨むのです。

 

結果は準優勝となりますが、審査に不備があったことから、ゆとりには、不満が残ります。

 

そこで、芹沢の提案で、カリスマ料理評論家である、ゆとりの母・よう子と、ラーメン勝負をすることになります。

 

料理対決が行われますが、ラーメンとは、なんなのか?と言った、歴史的な背景も語られます。

 

原作通りに、結果は「汐見ゆとり」が勝つんです。

 

「現代と過去のラーメンが対決する中で、時代背景を考慮したジャッジがされます。

 

そして、芹沢もラーメンの経営側の意見や、これからの未来を語るのです。

 

その後、汐見ゆとりは自分の店を経営するのでした。

 

実写版では、原作通りの展開となると予想しました。

 

あと、本当のラーメン評論家さんが出演されると思います~!

 

「食べたラーメンは、4000杯」のラーメン評論家として人気の、本谷亜紀さんが出演されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

らーめん才遊記の実写化に世間の反応は?

「らーめん才遊記」のドラマが決まったことに、世間の声を見てみましょう~。

 

スポンサーリンク

最後に・・・

今回は「行列の女神~らーめん才遊記~」のドラマ化で、ラスト最終回がどうなるのかを予想してみました。

 

今回のドラマ化が発表されると、原作マンガファンの方からは賛否両論の声があがっていましたね。

 

「ラーメンハゲ」の役を、どうして鈴木京香さんが演じるのか?ということで違和感を覚えた人も多くいたようです。

 

男性の役を女優さんが演じるという、テレビドラマではこれまでにもありがちなパターンですが、鈴木京香さんにはこのドラマの前評判を上回る程の演技力で盛り上げてもらいたいところです。

 

個人的には「グランメゾン東京」の早見倫子さんの、フレンチ料理のオーナーシェフが素敵だったので、今回も楽しみになっています~。

error: Content is protected !!