青天を衝け

青天を衝け1話ネタバレ感想!草なぎ剛(つよぽん)の演技力がヤバい

NHK大河ドラマ2021年「青天を衝け」がついに2月14日から始まりました。

コロナの影響で通常よりも1か月遅れとなりましたが、渋沢栄一さんの生涯がどのように描かれていくのかこれから楽しみです。

今回は第1話を見た感想をネタバレでお伝えします。


青天を衝け1話ネタバレ感想!草なぎ剛(つよぽん)の演技力がヤバい

1話のオープニングで最初にいきなり登場したのは徳川家康を演じる、北大路欣也さんでした。

「こんばんは、徳川家康です。」のセリフからスタート!

渋沢栄一さん演じる吉沢亮さんが一番に出てくるのかと思っていたので、結構な不意打ちを食らいました^^

徳川家康は渋沢栄一が出てくるまでの、世の流れを語ってくれて始まりました。

そして冒頭で、吉沢亮さん演じる渋沢栄一が、栄一のいとこの渋沢喜作(高良健吾さん)と一緒に徳川慶喜がお供を連れて街道を馬で駆けて行くところを呼び止めます。

何としても直接会って話を聞いてもらおうとするために、渋沢栄一は「それがしは渋沢栄一でございます!」と叫び、立ちふさがります。

で、その馬に乗っていたのが徳川慶喜を演じる、草なぎ剛さんなんですよね~!

私は草なぎさんの演技をリアルタイムで見るのが実は初めてで、これまでにもネットのニュースなどで草なぎさんの演技力が評価されているのを読んでいてどんななんだろう?と思ってたのですが、出てきた瞬間からの佇まいが貫禄もあるし、本人かのような雰囲気もあって、やっと1話を見て草なぎさんの演技力の凄さを感じることが出来ました。

(今さら気付いたんかよ、と言われそうですが、、、^^;)

ネット上でもこんな意見がありました。

渋沢栄一とはまるで住む世界が違うし、素質もまるで違う 七郎麿呂(徳川慶喜) この二人の幼少期の対比も良かったので、第2話以降も楽しみになってきました。

青天を衝け1話ネタバレ感想!玉木宏や他のキャストもヤバい

1話ということでキャストは当然ながら初めての登場ばかりなんですよね。

草なぎさんの徳川慶喜もたたずまいが美しく良かったですが、他のキャストも気になる方々が。

つよぽん演じる徳川慶喜の幼少期を演じる子役の男の子も吉沢亮さんと同じくアミューズ所属のイケメン男子だな~と思いながら見ていました。

他にも竹中直人さんの徳川斉昭、和久井映見さん演じる栄一の母、栄一の父・渋沢市郎右衛門を演じる小林薫さんなど出演していましたが、気になったのが、玉木宏さん!

玉木宏さんが最初に登場したのは、罪人としてでした。

そして栄一は千代(のちの橋本愛さん、渋沢栄一の奥さんになる人)が川に落としてしまった櫛を拾おうとするのですが、その櫛を拾ってくれたのが謎の男だったのでした。

髪も服もボロボロの姿で出てくるのですが、やっぱりイケメンです。

牢屋にいる罪人で砲術家の高島秋帆役が玉木宏とは! そのまま打ち首になることはなく赦免されるようですね。

てっきり玉木宏さんは1話にして退場となるのかと思っていたので2話以降も登場するようでほっと安心しました^^

第1話では、幼いころの栄一が高島秋帆と出会ってますが、2月28日放送の第3話では成長した栄一が秋帆と再会するシーンが有るようで、吉沢亮さんと玉木宏さんのイケメン同士がどのような演技を見せてくれるのか?とこれまた続きが楽しみになりました。

よく考えたら中学高校と私が習っていた日本史はいつも江戸時代の中頃辺りで、時間切れとなって、近代史はよく分からないまま終わっていました。

「青天を衝け」を見ることで、これまでになく近代史に興味が湧いたのは良かったです^^

「青天を衝け」最終回はいつ頃になる?

渋沢栄一の子供時代を演じているのは女の子?

 

error: Content is protected !!