ドラマ

【青天を衝け】エキストラ募集はいつから?ドラマのクランクインについても調査!

NHK大河ドラマ「青天を衝け」が、2021年(令和3年)に放送されることが決まりました。

 

主人公・渋沢栄一を演じるのは、若手イケメン俳優の吉沢亮さんです。

 

「日本資本主義の父」とも称される渋沢栄一を主人公にしたストーリーで、江戸時代の幕末から明治までの時代背景が描かれます。

 

今回は「【青天を衝け】エキストラ募集はいつから?ドラマのクランクインについても調査!」と題して、分かったことをお伝えします。

 

 


【青天を衝け】エキストラ募集はいつから?

 

 

「晴天を衝け」のエキストラ募集を調べてみますと、現時点で、1件だけ募集がありました。

 

エキストラを募集しているのは、「株式会社古賀プロダクション(東京都)」です。

 

株式会社古賀プロダクションではエキストラを随時受け付けていて、希望する場合は事前登録が必要となります。

 

ただ、「晴天を衝け」のエキストラ募集開始については明確な記載が、2020年8月時点では、ありません。

 

 

通常ですと、大河ドラマのエキストラはクランクインの「約1か月前」から募集されることが多いです。

 

ちなみに、これまでの大河ドラマのクランクイン日は下記の通りです。

  • 2015年「花燃ゆ」:2014年8月5日~
  • 2016年「真田丸」:2015年9月1日~
  • 2017年「おんな城主直虎」:2016年9月6日~
  • 2018年「西郷どん」:2017年7月6日~
  • 2019年「いだてん」:2018年4月4日~
  • 2020年「麒麟がくる」:2019年6月3日~

 

例年の流れを見ていきますと、大河ドラマの撮影は早くて4月から、遅くても、9月からスタートとなっていました

 

報道によると、「青天を衝け」の撮影は2020年夏頃からスタートするという情報もありました。

 

なので、エキストラ募集がスタートしたということは、「晴天を衝け」もそろそろ撮影が始まるのかな?と言ったところでしょう。

 

ただ、今年はコロナの影響で、現在放送中の「麒麟がくる」の撮影が遅れています。

 

また、8月9日には、「麒麟がくる」に出演中の、眞島秀和さんがコロナに感染したとの報道がありました。

 

 

なので、2021年放送の「青天を衝け」も、撮影がずれ込む可能性がありますね。

 

 

【青天を衝け】ドラマのクランクインについても調査!

 

 

2021年大河ドラマ「青天を衝け」のクランクインについても調べてみました。

 

今のところ、具体的に撮影が始まったとの報道も出ていません。

 

おそらく、現在撮影が遅れている「麒麟がくる」の撮影メドがある程度たってからではないとスタートはむずかしいのではないでしょうか。

 

NHKのドラマの撮影は、他局の撮影よりも、感染症対策の基準値が厳しくなっているので、かなり時間がかかるとのことです。

 

このため、NHKのドラマ担当のスタッフは、通常よりも業務が増加していて、例年のような始め方は困難となっているようですね。

 

こちらでは、詳しいことが分かり次第、追記したいと思います。

 

 

まとめ

 

今回は、NHK大河ドラマ「青天を衝け」のエキストラ募集や、クランクインについてまとめてみました。

 

2020年からのコロナの影響で、ドラマの撮影は全般的に、延期や中止など大変な状況が続いてますね。

 

一日も早く収束して、通常のエキストラを入れてのクランクイン撮影が始まるといいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!