バチェロレッテジャパン

芹澤東洋(キックボクサー)プロフィール!年収や学歴インドについても調査!【バチェロレッテジャパン】

2020年夏に、Amazonプライムビデオ制作の恋愛リアリティ番組「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1の配信が決定しました。

 

日本ではこれまでに「バチェラーシリーズ」がシーズン3まで放送されています。

 

今回は男女の逆転版となります。

 

「初代バチェロレッテ」は、自他ともにお嬢様と認められている、福田萌子さんです!

 

そんな無敵の超セレブ・福田萌子さんを奪い合うのは、個性豊かな、17名の男性メンバーです。

 

どんな男性が出演されるのか、気になりますね!

 

今回はバチェロレッテ日本版の男性メンバーの1人で、芹澤東洋(せりざわとうよう)さんのプロフィールについて、年収や学歴、俳優としての経歴について調査してみました!

 


芹澤東洋の経歴プロフィール

 

まずはこちらで、芹澤東洋さんのプロフィールをご紹介させていただきますね!

 

 

芹澤東洋(せりざわとうよう)さんの出身地は、神奈川県川崎市です。

 

生年月日は、1989年10月15日生まれで、2020年現在、30歳です。

 

身長や体重、血液型や趣味については公表していませんでした。

 

芹澤東洋さんは、現在、「オンザロード」という芸能事務所に所属されています。

 

生まれたのは川崎市ですが、横浜市で育った芹澤さんは、両親と、お姉さんとの4人で、暮らしていました。

 

お母さんは、アメリカの大学を出てから、起業していた経歴もある女性。

 

そして、父親はミュージシャンだったのですが、子供の頃に離婚してから、芹澤さんは父親と離れて暮らす生活が続きました。

 

母子家庭ということから、家の事を手伝いつつ、野球やラグビーをしたりと青春時代も過ごしてきた芹澤さん。

 

続いて、芹澤さんの学歴についても、調査してみました。

 

芹澤東洋さんは、高校卒業後は早稲田大学を目標に受験していきますが不合格となってしまいました。

 

そこで、代々木ゼミナールの予備校に通いながら浪人する事に。

 

その後再挑戦した早稲田には落ちてしまったのですが、青山学院大学の理工学に入学し、卒業されています。

 

芹澤東洋さんは、心理カウンセラーの資格をとっているそうで、人にやさしくありたいからというのが理由という、意外な一面もお持ちです。

 

ということで、最終学歴は大学を卒業されていることになります。

 

芹澤東洋の大学卒業後の進路はキックボクサー?

 

芹澤東洋さんは、大学を卒業後の進路に迷う時期があったそうで、何をしたいのか分からなくなっていたそうです。

 

そこで、固定概念から抜け出して広い世界を見ていこうと、就職の道を選ぶことなく、バックパッカーになりました。

 

ここから、2~3年かけて世界各国の22か国も周ってきたということで、ハングリー精神が半端ないですね!

 

中でもインドには、2年間滞在しており、ガイドの仕事をスタートさせたのですが、上手くは行きませんでした。

 

25歳の頃には、100万円の借金を抱えてしまったんです。

 

そのために、一旦日本に帰国して、居酒屋で働いた、芹澤東洋さん。

 

何と8か月で、抱えていた借金を全額返済しているので、凄いスピード感ですね。

 

でもこの経験によって、反省することになり、人生をリセットするきっかけになった、芹澤さん。

 

この時に改めて思った夢が「かっこよく強い男になりたい。」。

 

ここから、プロのキックボクサーになりたいという夢につながったんです。

 

それから2年で本当にプロキックボクサーになって夢を叶えているので、有言実行されているんですね。

 

 

そして、29歳になってからは、インフルエンサーが所属する事務所OnThe Road(オンザロード)から、スカウトされて活動する事になりました。

 

現在はキックボクシングのインストラクターをしながら、インドのドキュメンタリー映画の自主制作を進めています。

 

芹澤東洋の年収やインド好きとは?

 

芹澤さんは、バックパッカーとして世界を回っていた時に滞在した、インドがとにかく大好きなんだとか。

 

「インドがなかったら、人生大きく変わっていた。」とまで、言い切っています。

 

インドが自分をいい方向へ変えてくれたと言い切る芹澤さんは、そんなインドに恩返しがしたいとボランティアなども行っていた時期もありました。

 

日本とかけ離れているインドを旅するたびに自分がどんどん変わっていき、人生が明るく楽しく前向きに考えられるようになっていったそうです。

 

もともと芹澤さんはあまり人に心開く方ではなく、インド人のフレンドリーさのお陰で、よい影響を受けれた、と語っています。

 

そんな、芹澤東洋さんは、もう一つの職業の肩書きがありまして、「旅作家」でもあります。

 

世界中を旅しながら本や映画を作成していく活動をされています。

 

特に、インド特有の習慣や風景に感化され、「生」について考えさせられたのだそうで、どうせなら好きな事をしていくという考え方をお持ちです。

 

そこで気になるのが、芹澤さんの年収です。

 

現在は、フリーキックボクシングのインストラクターをしながら、講演会やトークイベントの仕事をされています。

 

インストラクターといっても、会社員として働いているなら、平均年収300万円ほどになるそうです。

 

ですが、芹澤東洋さんは、フリーインストラクターということで、会社に所属していないので、どれだけ顧客が取れてレッスンの回数があるかで大きく変わってきますね。

 

例えば1回のレッスンで、3000円の金額を設定していたとしたら1日3レッスンで9000円となります。

 

それが定期的に行われてるなら、月に20万前後なので、年収300万円に届くかどうかです

 

なので、他にタレント活動で講演会などもやっていると考えると、やはり年収は300万前後となりますでしょうか。

 

フリーランスはどうしてもバラツキがあるのでしょうが、この年収について、バチェロレッテジャパンで、福田萌子さんがどう感じるのか?も気になるところです。

 

まとめ

 

今回はバチェロレッテ日本版の男性メンバーの1人、芹澤東洋(せりざわとうよう)さんの経歴プロフィールについてまとめてみました!

 

仕事の上で、借金を作ってしまったことから、強くなりたいと思ってキックボクサーになろうと決意した、芹澤さん。

 

バチェロレッテジャパンの男性メンバーは、とにかく個性豊かなメンバーが多いなかで、芹沢さんが福田萌子さんに、どんなアプローチをみせてくれるのか楽しみです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!