話題

セブンカフェのアイスコーヒーの買い方が変更の理由は?なぜ袋で販売するのか調査!

セブンカフェで売ってる、100円のアイスコーヒーの販売方法が変更されてるお店が出ています。

 

セブンのアイスコーヒーと言ったら、氷入りのカップを買って、機械にセットして手軽に飲めますよね。

 

コンビ二コーヒーの購入方法が、なぜ突然変更になったんでしょう??

 

今回は「セブンカフェのアイスコーヒーの買い方が変更の理由は?なぜ袋で販売するのか調査!」と題して、セブンイレブンのカフェについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

セブンカフェとは何?

 

 

「セブンカフェ」は、コンビニエンスストアのレジカウンターで販売されるカップ入りのコーヒーですね。

 

カウンターでカップを受け取り、自分で抽出するという方式から、カウンターコーヒーとも呼ばれるんだとか。

 

日本では、セブン-イレブンが初めて導入しているそうです。

 

その後、2010年代からその他のコンビニエンスストア大手各社も導入して、現在のように普及しています。

 

各コンビの提供するカフェの最低価格が100円程度。

 

でコーヒーメーカーを使ってその場で抽出するようになっていて、淹れたてならではの本格的な味わいや多彩なメニュー展開も好評です。

 

特に、通勤客や、カフェの主な客層である女性や若年層の支持があり現在に渡って定着しています。

 

コンビニコーヒーは、サンドイッチやデザートなどの「ついで買い」の期待効果もあるそうです。

 

たしかに、コンビニで珈琲を買うと、つい新作のスイーツも買いたくなったりする時がありますね!

 

スポンサーリンク

セブンカフェのアイスコーヒーの買い方が変更の理由は?なぜ袋で販売するの?

 

セブン-イレブンのコンビニコーヒー「セブンカフェ」について、「販売方法が変わった」という声は、ネット上でも、あがっていますが、まだ全店で導入されているわけではないようです。

 


この「袋入り氷」タイプは現在テスト販売中の商品なのだそう。

 

現時点ではまだ全国展開の予定はないそうですが、価格についてはカップの場合と同一とのこと。

 

「セブンイレブンジャパン」では普段からさまざまなテスト商品を販売していて、これもその一環とのことなんだとか。

 

でも正直言って、買う人もこれまでの操作で慣れてるからこれまで通りでいいと思うんですけどね。

 

いくらセルフでも、これだったら逆に手間をかけさせるし袋のゴミも増えるし、しかもレジ袋は料金もかかります。

氷を袋にすることでセブン側のメリットは何があるんでしょうか??

 

 

スポンサーリンク

セブンカフェのアイスコーヒーの買い方が変更!世間の声は?

 

セブンカフェのアイスコーヒーが変更してることに、こんな不満の声があがっています。

 

 

私も、今回の袋入りのセブンカフェの販売方法には、疑問の声や不満しかありません。

 

何のためにこんなテストをやってるのか、そもそも疑問です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、セブンカフェのアイスコーヒーの買い方が変更したことについて、まとめてみました。

 

本当に、どういう意図で今回セブンイレブンさんは、こんな謎のテスト販売をされてるのか不思議です。

 

ただでさえ、2020年に入って不自由な生活を強いられてるのに、コンビニのコーヒーまでこんなことになるなんて、個人的にはとても悲しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!