話題

新型肺炎の予防方法や対策は?症状の原因が濃厚接触は本当?

中国・武漢で2020年1月頃より、新型コロナウイルス感染症について、集団感染者が報告されていると、報道されています。

 

1月16日(木)には、ついに日本国内で初めて、新型肺炎の感染者が確認されております。

 

この新型ウィルスについては、中には「人から人に感染」とか「春節で拡散されるかも?」といった声がネット上でもあがっています。

 

新型コロナウイルスは本当に怖い感染症なのでしょうか。

 

現時点で判明している国内感染について、症状・予防方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

日本国内で初の新型肺炎患者のその後は

 

中国・武漢で相次いで発見されている新型コロナウイルスよる肺炎患者。

 

日本国内患者が日本で初めて確認されたというニュースが出ています。

 

こうなることは分かっているとも言われていましたが、ついに日本にも感染者が出てしまいました。

 

陽性反応が出てしまった男性の感染経路や症状、現在の状態について厚生労働省健康局は1月16日に会見を開き、説明を行っています。

感染患者の状況まとめ

  • 日本国内で確認された患者は神奈川県の30代男性
  • 武漢市への渡航歴がある
  • 症状: 1月3日から発熱あり
  • 1月6日に中華人民共和国湖北省武漢市から帰国。同日、医療機関を受診
  • 1月10日から入院
  • 1月15日に症状が軽快し、退院
  • 15日夜に国立感染症研究所の検査で新型ウイルスの陽性結果が出た
  • 男性患者は武漢市の海鮮市場には立ち寄っていない
  • 国で肺炎患者と生活を共にするなど濃厚接触した可能性がある

引用元:厚生労働省ホームページ

 

現在、この男性患者は、熱も下がって症状も回復しており、退院しています。

 

この男性は重症化せずに済んで本当によかったです。

 

ですが、今後の日本国内での更なる感染も懸念されています。

 

中国ではこれから日本で言う正月に当たる「春節」の時期に入ります。

 

正月休みを日本で過ごそうとする、中国人の観光客の増加も予想されるので、不要な外出を控えた方が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

新型肺炎の初期症状や予防方法について

新型肺炎とは一体どのような症状が出て、どれくらい危険な病気なのでしょう?

 

中国では1人の死亡が確認されました。

 

現在も、6人の重症者が出ているので、当然のことながら心配になってしまいます。

 

厚生労働省、医療関係のサイトから初期症状や予防方法について記載があります。

新型コロナウイルスの初期症状は?

コロナウイルスには通常の風邪レベルのウイルス4種類と、重症化するウイルス2種類(SARS、MARS)が知られています。

それぞれの主な症状はこちらになります。

 

新型肺炎(新型コロナウイルス)は、通常のコロナウイルスの症状と同じです。

 

発熱や咳が主な症状と言われています。

 

コロナウイルスの症状に似た症状が出ている場合は、なるべく早めに病院を受診しておきましょう。

 

何も無くてただの風邪であれば安心ですよね。

 

もしも新型肺炎に感染していた場合、周囲に感染を拡大してしまう危険性があります。

 

もあるので「広めない」という予防も大切になってきます。

新型肺炎(新型コロナウイルス)の予防方法は?

 

新型肺炎(新型コロナウイルス)の予防方法については、厚生労働省のホームページに記載がありました。

◆国民の皆様へのメッセージ

新型コロナウイルス関連肺炎に関するWHOや国立感染症研究所のリスク評価によると、現時点では本疾患は、家族間などの限定的なヒトからヒトへの感染の可能性が否定できない事例が報告されているものの、持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠はありません。

風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。

武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、速やかに医療機関を受診していただきますよう、御協力をお願いします。なお、受診に当たっては、武漢市の滞在歴があることを申告してください。

引用元:厚生労働省HP

 

かなり話題になっている新型肺炎(新型コロナウイルス)といえど、予防方法は通常の風邪予防と同じく、

  • 咳エチケット(マスク着用)
  • 手洗い・うがい

を徹底していきましょう。

 

あとはできる限り人混みを避けるというのも重要な予防方法です。

濃厚接触で感染する?

 

新型肺炎に罹患した患者が出たニュースを受けて、Twitterでは「#濃厚接触」というワードが話題になっています。

 

「濃厚接触」とはどういう状態を指すのでしょう?

 

濃厚接触というのは、抱き合ったりキスをしたりという行為ではありません。

 

「濃厚接触」とは、マスクなしで2メートル以内の範囲で会話をしたり、 咳やくしゃみを直接浴びた場合のことです。

 

感染している患者と対面で会話をしたり、患者の側で生活を共にしている場合に使われる言葉です。

 

インフルエンザについても、この言葉が使われています。

 

なので、新型肺炎(新型コロナウイルス)もインフルエンザと同じく、感染患者と濃厚接触した場合は自身の感染も疑われるということになります。

 

・咳やくしゃみを浴びる
・患者から2メートル以内の席に座る
・患者と向き合って話す

 

なので、電車内や飛行機内、大人数の密室では感染しやすくなってしまうということです。

 

濃厚接触というとツイッター上で、面白い発想がいくつか呟かれていますが、簡単にうつってしまうんです。

 

いくら今年の日本は暖冬の季節とはいえ、1月から2月にかけては寒い毎日が続きます。

 

マスクをしたり、家に帰ってきたらうがいをするなどの予防は常日頃から習慣にしておきましょう。

error: Content is protected !!