話題

須藤美貴wikiプロフィール!職業や年齢やハーフなの?ホットドッグ大食いする理由も調べてみた

2020年7月4日にアメリカ・ニューヨークで、恒例のホットドッグ早食い大会が行われましたね!

 

この大会の女性部門で、須藤美貴(ミキ・スドー(Miki Sudo)さんが48.5個のホットドッグを食べて、7年連続という、大会新記録を樹立されました。

 

日本人男性の大食い記録は過去にありましたが、日本人女性の記録は話題で、どういう方なのか気になります。

 

今回は、「須藤美貴wikiプロフィール!職業や年齢やハーフなの?ホットドッグ大食いする理由も調べてみた」と題して、須藤美貴さんの経歴について調べてみました。

 


須藤美貴のwiki経歴プロフィール!職業や年齢やハーフなの?

 

まずはこちらで、須藤美貴さんのプロフィールをご紹介させていただきますね!

 

須藤美貴さんの本名ですが、Miki Victoria Sudo(美貴(みき)・ヴィクトリア・須藤(すどう))となります。

 

生年月日は、1985年7月22日生まれで、年齢は、2020年7月現在、34歳になります。

 

須藤美貴さんの出身地は、アメリカ合衆国ニューヨーク州です。

 

須藤さんはハーフなのか?どうかですが、お父さんが日本人で、お母さんがヨーロッパ系アメリカ人の間に生まれたハーフの方でした。

 

5歳までアメリカで過ごした須藤美貴さんですが、その後は来日し、12歳まで日本で過ごしています。

 

その後はお父さんの仕事の都合で再び渡米し、ずっとアメリカに住んでおられます。

 

米国では、ハワイ・ラスベガス・カリフォルニア・ニューヨークに住んでいたそうです。

 

須藤美貴さんの身長は163㎝で、体重58㎏となっています。

 

須藤美貴さんが早食いコンテストに興味を持ったキッカケですが、幼い頃から、サーフィンをした後に友達とマクドナルドへ行き、安いチーズバーガーを、いつも10個ほど食べていたからだそう。

 

周りはビックリしていましたが、それが普通だと思っていた、須藤さん。

 

そんな大食いの須藤美貴さんに、友人がコンテストに出場することを勧めてくれたそうです。

 

最初の大食いコンテストは、2013年にチャイナタウンで行われたフォーの早食い大会でした。

 

その時におよそ5.4㎏の大きいフォーのスープボウルを完食したら無料ということを知った須藤さん。

 

早速、挑戦したところ見事成功しています。

 

その翌年の2014年には、Major League Eating-メジャーリーグ・イーティング‐(国際大食い連盟が定めた、大食い・早食いコンテストのシリーズ)において女性の大食い選手としてトップに食い込む成績を残し、2015年にはトップ3に入りました。

 

今現在は6位のようですね。

 

須藤美貴wikiプロフィール!ホットドッグ大食いする理由も調べてみた

 

 

続いて、須藤美貴さんがホットドッグを大食いする理由や、大食いするにはどうすればいいのかも、調べてみました。

 

藤本美貴さんのような、フードファイトの方は、体の大きな食いしん坊たちが競っているようなイメージが強いですね。

 

ですが、実際には、トレーニングとを積んだ選手たちが競うスポーツなんだそうです。

 

勝つためには、様々な努力が求められます。

  • アゴの力を鍛える
  • 胃袋を拡張する
  • 食材ごとに効率のいい食べ方を研究

 

昔のような金持ちの道楽ではないそうで、須藤さんはオリジナルの食べ方で勝ったとのこと!

 

そして、須藤美貴さんは、ソーセージだけを2本立て続けに食べ、その間にもう片方の手で半分に割ったバンズを水に浸しておき、口が空いたら放り込む方法を確立されています。

 

優勝するためには、単なる大食いであるのは、通用しないんですよね。

 

勝負に勝つためには、味は二の次なのでしょう!

 

まとめ

 

今回はホットドッグ早食い大会で7年連続優勝している、須藤美貴さんについてwikiプロフィールをまとめてみました。

 

須藤美貴さんのような大食い女性の方って、いつも思うのですが、食べたものは身体のどこに行くんでしょうか。

 

それにしても、スゴイ記録ですね。

 

2021年度も引続き優勝となりそうですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!