ドラマ

【太陽の子NHKドラマ】あらすじネタバレ感想!三浦春馬の演技についても

ドラマスペシャル「太陽の子(たいようのこ)」が8月15日(土)NHKで放送されます。

 

戦時下における科学者たちの苦悩を描いた青春ストーリーです。

 

今回は、「【太陽の子NHKドラマ】あらすじネタバレ感想!三浦春馬の演技についても」と題して、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

太陽の子(NHK)のあらすじ

 

 

第二次世界大戦も終盤に差し掛かったころ、京都帝国大学の物理学研究室で原子について研究を進めている石村修(柳楽優弥さん)たちのもとに海軍から「核分裂のエネルギーを使い、新しい爆弾の開発に務めるように」という命令が下ります。

 

そんななか、空襲による火災予防のために、国の命令で家を取り壊すことになってしまった、幼馴染の朝倉世津(有村架純さん)が、おじいちゃん(山本晋也さん)と一緒に、修の家に居候することになります。

 

世津に密かな思いを寄せていた修はこの再会を喜んでいました。

 

その後、修の弟である裕之(三浦春馬さん)も戦争に行っていましたが、一時的に家に戻ってくることになり、幼馴染3人は久しぶりの再会を喜び、少しの間和やかな時間を過ごします。

 

一方、物理研究室では新爆弾の開発に向けて研究が続けられていましたが、なかなか思うように進みません。

 

そんななか、研究室のメンバーたちもこのまま研究を続けていっていいものか疑問を持ち始めます。

 

そして、裕之が再び戦争に向かうことが決まった矢先に、修たち物理学研究室のメンバーたちは広島に原子爆弾が投下されたという知らせを耳にします。

 

研究者たちは急いで広島に向かい、原爆が投下された後の焼け野原になった姿の目の当たりにするのでした。

 

スポンサーリンク

【太陽の子(NHKドラマ)】のネタバレ感想

 

 

第二次大戦中の日本全国各地で、行われてたことがここ数年は特に詳しく語られることが多くなってるんですよね。

 

第二次世界大戦末期に京都大学で行われた核分裂エネルギーを用いた新型爆弾の開発において、爆弾開発の研究に没頭する1人の若手研究者が戦争という時代の波に翻弄されていく姿を史実に基づいて描く、若者の戦争における悲劇の物語、というドラマでした。

 

今回のドラマは、日本が原子爆弾をもし完成させてたら、世界は核戦争になってたかも・・、という実話に基づいたストーリー。

 

お恥ずかしながら、ウランって焼物の釉薬に使われていたことなんて、今回の物語を見るまで、全く知りませんでした。

 

日本でも実は原子爆弾の作り方は理論的に分かっていた。

 

でも、戦況が悪くなり物資不足であった事や、そもそも使用した時の破壊力が実験室レベル以外ではアメリカも含めて誰にも分からなかった。

 

実際に落としてみて、予想以上の惨状になるとは・・・でした。

 

ただ、単発どらまだったから、ちょっと期待しすぎたかも、、、。

 

もっと研究室の事に関して、せめて前編後編の2日間に分けてガッツリと連続ドラマで見せてくれた方が良かったかなあ、と思いました。

 

そしてやはり、三浦春馬さんの演技が好きだったので、気になって見ていました。

 

 

三浦春馬さんが言ったセリフの「そろそろ部隊に戻る」が「そろそろ舞台に戻る」に聞こえてしまい、やはり辛いものがありました。

 

有村架純さんが、 ゴンドラの唄を鼻歌で歌ってましたね。

 

それを黙って聞いている三浦春馬さん(役名は裕之さんですが)。

 

そして三浦春馬さんは海に入っていこうとするのですが、それを 必死にとめる柳楽優弥さん。

 

この場面は、本当に切なすぎて正視できないくらいでした。

 

つくづく、惜しい俳優さんが亡くなったのだと実感しています。

 

悲しいですし、 「笑って死にます さよなら」なんて台詞が、辛すぎました。

 

いまだに、この世にいないことが信じられないですね。

 

まだまだ三浦春馬さんの演技を見ていたかったです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、NHK大河ドラマ「太陽の子」を見た、ネタバレ感想についてお伝えしました。

 

色々なシーンが現実に起こったことと重なってしまって、正直視聴してて、辛かったです。

 

ですが三浦春馬さんが伝えたかったこと受け取りました。

 

柳楽優弥さん、有村架純さんらと、3人で未来の話をしようというシーンが心に残りました。

 

何年経とうが戦争のことは忘れてはいけないですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!