話題

【てんがらもん】映画キャスト三浦春馬であらすじネタバレ内容は?

映画「天外者(てんがらもん)」が、2020年12月11日に公開されることが決定。

 

主演は、三浦春馬さんに決まりました。

 

 

三浦春馬さんは、江戸末期から明治時代にかけて、日本の未来を切り開いた偉人・五代友厚(ごだい ともあつ)を演じます。

 

 

今回は、天外者(てんがらもん)の映画のあらすじやキャスト、公開日がいつになるのかについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

【てんがらもん】映画あらすじは?原作はある?

 

 

映画「天外者(てんがらもん)」は、小説やマンガの原作というものはありません。

 

本作品は史実を軸にしたオリジナルストーリーとなっています。

 

歴史の史実に基づいて、2013年に、日本の偉人・五代友厚の「志」を次世代に継承すべく、製作総指揮の廣田稔さんをはじめとして市民有志が「五代プロジェクト」を立ち上げて作られた映画です。

 

ストーリーの時代背景は激動の幕末から明治初期です。

 

若き日より日本の未来のために世界に目を向け、薩摩藩士として培われた武士の魂と明治政府役人を経て実業家として成功した手腕を存分に発揮した人物がいました。

 

彼は「商都大阪」ひいては近代日本経済の基礎を構築した稀代の「天外者(てんがらもん)」・五代友厚です。

 

この映画では五代友厚の生きざまが描かれています。

 

 

スポンサーリンク

映画【天外者(てんがらもん)】キャストは?

 

 

映画「天外者(てんがらもん)」に出演が決まっている主なキャストをご紹介します!

 

(主演・五代友厚役):三浦春馬さん

 

主人公で五代友厚役をつとめるのは、三浦春馬さんです。

 

江戸末期から明治の激動の時代といえば、坂本龍馬や西郷隆盛のイメージが強いですが、三浦春馬さんが演じたおかげで、こういった他の偉人のことも知れることが出来るのは素晴らしいことだと思います。

 

(坂本龍馬役):三浦翔平さん

 

三浦翔平さんのコメントを紹介します。

 

この度、歴史的偉人である坂本龍馬役をやらせてもらえると聞き、生涯で龍馬を演じられる事は、とても光栄な事だと喜びました。

沢山のファンがいらっしゃる方なので、重圧を物凄い感じましたが、払拭するために土佐弁の稽古や、霊山歴史館、龍馬のお墓など、歴史から学びました。

クランクイン前には、春馬と何度も読み合わせして、才助、利助、弥太郎との関係性を築きあげ、自分なりの新しい豪快な龍馬を思いっきり演じる事ができました。

撮影期間は長くはなかったのですが、初めての太秦で、濃密で貴重な経験をさせて頂き、とても感謝しております。

幕末から明治へ、激動の時代を生き、同じ志を持った者達の生き様を是非劇場でご覧下さい。

そして、天国で五代さんと一緒に観てくれる事を願います。

引用元:公式サイト

 

 

スポンサーリンク

【天外者(てんがらもん)】映画は主演が三浦春馬で公開日はいつ?

 

映画「天外者(てんがらもん)」の公開は、公式サイトの発表により、2020年12月11日より全国の映画館で公開となっています。

 

映画の撮影自体は、2019年中に撮影が終わっていました。

 

 

当初は、2020年中に公開予定で具体的な日程も決まりかけていたのですが、春ごろより感染が拡大した新型コロナウイルスの流行や、2020年7月18日に主演の三浦春馬さんが急逝したため公開日は未定となっていました。

 

一時はお蔵入りになるのでは?言われていましたが、なんとか無事公開が決まって良かったですね。

 

「天外者(てんがらもん)」の公開が発表されて、ネット上ではこんな声があがっています!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、今回は、「天外者(てんがらもん)」の映画のあらすじやキャスト、公開日がいつになるのかについてまとめてみました。

 

主演をつとめた三浦春馬さん、いつも天真爛漫で明るくて爽やかな印象があるんですよね!

 

本当に今でもこの世にいないことが信じられないくらいです。

 

この映画でどう演じているのか、気になります。

 

ファンにとっては、2021年公開の「ブレイブ 群青戦記」「太陽の子」と共に目に焼き付けておきたい作品です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!