緊急事態宣言で梅田阪急百貨店デパ地下営業はどうなる?臨時休業期間を調査!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年4月7日(火)に、安倍首相が、東京や大阪をはじめ、全国7都府県に緊急事態宣言を発令しています。

 

宣言内容の一つに、ショッピングモールや百貨店が休業要請の対象となっています。

 

「デパートの食料品売り場はどうなるんだろう?」

 

「仕事は休めないから、帰りにデパートでお惣菜買って帰りたいなあ。」

 

そう思う方に、4月8日(水)以降の、梅田阪急(阪急梅田本店)百貨店の、デパ地下の営業時間や、臨時休業期間をお知らせいたします。

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言はいつまで?

 

4月7日(火)の緊急事態宣言の発令により、実施機関は、4月8日(水)0時~5月6日(水)の約1ヶ月で、対象となる地域は東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・兵庫・福岡の7都府県になると、発表されました。

 

今回の宣言により、食料品は通常通り営業となります。

 

これまで百貨店やデパートは、臨時休業となっても、食料品売り場は営業されていた店舗もありました。

 

今回は、緊急事態宣言ということで、臨時休業の場合でも食品売り場のみ、営業するのでしょうか?

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言で、梅田阪急のデパ地下営業はどうなる?

 

緊急事態宣言が発令されると、基本的に、休止を要請する施設の中に百貨店も含まれています。

 

緊急事態宣言発令前の営業については、4月8日(水)から12日(火)までは、時間を変更しての営業と
なっていました。

 

宣言が発令されたことで、4月8日(水)以降は、平日は、午前11時~午後19時まで、食料品売り場のみ営業となり、土日祝は全館休業です。

 

阪急百貨店公式通販 HANKYU FOODも、4月7日(火)時点で、一部商品を
除き注文の承りを一時休止されています

 

・一部商品を除き、販売を休止させていただきます。
・店舗受取サービスの承りを休止させていただきます。
・配送商品の、お届け日のご指定は承れません。
・ご注文後、お届けまで通常よりお日にちがかかる場合がございます。
・お電話でのお問い合わせの対応を休止させていただきます。

引用元:公式サイト

 

スポンサーリンク

梅田阪急 緊急事態宣言での臨時休業期間はいつまで?

 

うめだ阪急本店については、緊急事態宣言発令により、臨時休業期間は、緊急事態宣言発令の4月8日(水)から、5月6日(水・祝)までの期間となりました。

 

他の百貨店では緊急事態宣言発令後の4月8日から緊急事態宣言が解除されるまで、全館休業(食品フロア含む)と発表されていますが、阪急うめだ本店については、平日のみ食料品売り場は営業となります。

 

うめだ阪急の公式サイトでは、現在アクセスが殺到して繋がりにくくなっていますが、緊急事態宣言が発令された場合は休業ということがツイッターからの声でも確認出来ています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は緊急事態宣言が発令されたことで、4月8日(水)以降の、梅田阪急(阪急梅田本店)百貨店の、デパ地下の営業時間や、臨時休業期間をまとめてみました。

 

アメリカやヨーロッパ諸国のような、突然のロックダウン(都市封鎖)ではなく、先週末に東京で感染者数が100人を超えてから、発令します、という前置きのような発令でしたが、やはり休業となると、仕方がないとはいえ、ちょっと寂しいですね。

 

他にも、正式な情報が確認できましたら追記していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© nikmatic story , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!