【エール】ネタバレあらすじ7週33話!夫婦喧嘩と久志(育三郎)との再会は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

朝ドラ「エール」の33話(5月13日)では、曲を作るも連続不採用となる裕一を、木枯正人がカフェに誘ってくれます。

 

ところが、家に帰ってきた裕一をみて、いつもと違う様子の音は?

 

そして裕一にうれしい再会が!

 

33話のエールを見たネタバレ感想をお伝えします。

 

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ7週33話!

 

裕一の同期の木枯正人(野田洋次郎さん)の曲が採用となり、木枯がレコーディングに入ることを知って、裕一は落ち込みます。

 

それでも木枯におめでとうの声をかける裕一。

 

木枯は採用されたものの自分の思うようなやり方にならずに、不満がありました。

 

木枯は、裕一をカフェに誘ってくれます。

 

初めてのお店に戸惑う裕一でしたが、木枯の店内で唄い、聞きほれる店内の人たちの姿に、何か思うところがあったようです。

 

夜遅く帰宅した裕一でしたが、いつもと違う匂い(香水)を感じ、シャツについた口紅を見た音の怒りが爆発!

 

夫婦ゲンカが始まります。

 

 

夫婦ゲンカで、元気のないまま声楽の練習をしている音に、上級生のプリンスが声をかけて指導してくれます。

 

「君は指導したことを素直に受け入れてくれるから、見込みがあるよ。」と言われて、以前に川のところで一人で練習してた時に声をかけてくれた「謎の男」と気付く音でした。

 

プリンス久志と一緒に、バンブーの喫茶店に入ってきた、音。

 

そこへ帽子を忘れて取りに帰ってきた裕一の姿を見て、久志は気付いて声を掛けます!

 

久しぶりの再会に喜ぶ裕一と久でした。

 

スポンサーリンク

【エール】7週33話の感想!

 

木枯さん、何も知らない裕一をいかがわしい店に連れて行ってしまいましたね!

 

でも、歌謡曲のヒット曲を出さなければならない裕一にとって、こういう店の空気感を感じたり、一般大衆がどういう曲を求めるか知ることはよい経験になったかな?と思いました。

 

裕一さんのシャツについた口紅を見つけて、音が怒ってしまう場面は、ベタな展開なんですが、笑ってしまいました。

 

又この二人を見守る、バンブー喫茶店の夫婦の、音と久志のアテレコにも面白かったです。

 

久志との再会となったことで、また一つ音楽家への道を進んで成長していく裕一の姿が楽しみになりました。

 

スポンサーリンク

エール33話を見た視聴者の声

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、朝ドラ「エール33話」を見たネタバレ感想をお伝えしました

 

音が通う学校の上級生プリンス・久志が、まさかの裕一さんの小学校の同級生だったとは・・。

 

久志との再会が、今後の裕一の人生に良いつながりがありそうですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© nikmatic story , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!