エール朝ドラ

【エール】ネタバレあらすじ8週37話!早稲田の応援歌はどうなる?

朝ドラ「エール」の37話(5月19日)では、裕一は、早稲田大学応援部の田中隆から応援の曲を依頼されています。

 

ですが、どうしても自分の音楽にこだわりを持ってしまう、裕一。

 

そんな裕一を心配する音が取った行動とは?

 

37話のエールを見たネタバレ感想をお伝えします。

 

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ8週37話!早稲田の応援歌はどうなる?

 

木枯は裕一に、歌手の山藤(柿澤勇人さん)を裕一に紹介します。

 

山藤は慶應義塾大学の応援団に、新しい応援歌「若き血」の歌唱指導をした人物だったのでした。

 

山藤は厳しい指導をしたことで、応援団から反発の声もあがったのですが、それはあくまで慶應のためを思ってしたこと。

 

その思いが慶応義塾大学の応援部員にも伝わって、見事な応援歌となり、慶応の優勝へとつながったのでした。

 

一方、裕一は早大の応援歌がなかなか作れず行き詰まります。

 

作って、田中に見せても意見が合わず、認めてもらえません。

 

音も、バンブーのマスターも裕一のこだわりが曲作りに影響してることが関係してることを裕一に伝えるのですが、裕一は理解できず!

 

心配する音に、久志はアドバイス。

 

バンブーの梶取恵(仲里依紗さん)は、徳川家遺訓を渡してくれます。

 

そして裕一は突然応援歌とは別に、曲を作って、小山田先生のもとへ訪れるのでした。

 

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ8週37話の感想

 

思った以上に、裕一さんが曲作りにこだわりを持ってるんですよね。

 

何とか曲の完成に間に合ってほしいです。

 

しかし久志さんは何であんな的確なアドバイスが出来るんでしょう??

 

久志さんの生い立ちが気になると同時に、田中隆の裕一さんと心中の場面に、ちょっと笑ってしまいました。

 

スポンサーリンク

エール37話を見た視聴者の声

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、朝ドラ「エール37話」を見たネタバレ感想をお伝えしました

 

なかなか曲が作れない裕一さん、もうすぐ曲の締め切りなのに、間に合うんでしょうか?

 

音は、心配しながらも、何とかしようと考えてるみたいですね!

 

果たして、曲は完成できるんでしょうか??

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!