エール朝ドラ

朝ドラエール5週目ネタバレあらすじ!尊敬する小山田耕三に会える?

朝のNHK連続テレビ小説「エール」は4月27日より5週目に入ります。

 

前週の4週目では、裕一が作曲した交響曲「竹取物語」が、何と音楽コンクールで二等を授賞となりました。

 

そして古山裕一の受賞を新聞で知った音が、裕一へファンレターを書きます!

 

音の熱意溢れる手紙に心を惹かれる裕一と音は、手紙を交換し合います。

 

ですが、次第に音は裕一との将来を考えてしまい、手紙を出すのを止めうことを裕一に告げます。

 

そんな音の別れの手紙を読んだ裕一が起こした行動「愛の狂奏曲」とは??

 

ここでは、第5週のネタバレ感想をご紹介します!

 

スポンサーリンク

【朝ドラエール5週目】音の実家へ突然訪ねる裕一

 

音のいる豊橋の関内家に、突然訪ねてきた、裕一さん。

 

音からの別れの手紙を読んで、どうしても会いたくなったんです!

 

しかも音に会った瞬間、裕一のなかに、たくさんのメロディーが浮かんできたんです。

 

裕一はいきなり「ここにしばらく置いてください。」とお願いすると、光子さんは受け入れてくれます。

 

確か音は写真を送ってないんですが、それでも裕一は会いたかったんですね。

 

次の日、音は、裕一を豊橋へ案内します。

 

その後も神社のお祭りへ出かける二人。

 

音はお母さんから深入りしないように言われてたものの、裕一への気持ちが抑えきれないのでした。

 

スポンサーリンク

【朝ドラエール5週目】音との結婚を申し込む裕一

 

神社のお祭りから二人が帰ってくると、三郎が来ていたのです。

 

突然いなくなった裕一は、ここにいるだろうと追っかけてきたんです。

 

二人を別れさそうと思ったのですが、何と裕一は音と「結婚したい!」と言い出します!

 

突然の求婚でしたが、嬉しさが隠しきれなかった、音。

 

二人は結婚も、音楽の道も両方諦めたくない、という気持ちをお互いに強く持っていたのでした。

 

驚いた母の光子さんは、驚きのあまり、三郎の口に薄皮饅頭を思わず突っ込んでしまうほどの慌てっぷり!

 

だけど、裕一は真剣に音のことが好きなんですよね!

 

そんな二人の姿を見た、光子さんは受け入れることになり、三郎は福島に帰って、家族たちを説得すると宣言したのでした。

 

スポンサーリンク

【朝ドラエール5週目】豊橋で演奏会を開く裕一に小山田耕三は?

 

古山裕一は、豊橋で開催する演奏会に向けて、準備を進めて、ミュージックティーチャー・御手洗の教室で、曲を完成させます。

 

御手洗先生は、裕一が小山田耕三先生の本で、全くの独学で学んできたことに驚きを隠せません!

 

そして演奏会の当日、裕一のオリジナル曲は大好評となります。

 

コンサートのラストは、梅が詞を書いた曲を、音が歌うのです。

 

練習のし過ぎで喉を痛めて途中で歌えなくなるという、アクシデントがあったものの、裕一のサポートで無事に歌いきりました!

 

演奏会は大成功です!

 

またしても裕一の活躍が新聞に取り上げられ、何と、裕一の憧れである、小山田耕三の耳にも、彼の活躍が届くことになるのでした。

 

小山田耕三を演じる志村けんさんの役柄については「【エール】志村けんの役名や出演放送日はいつ?何話に登場で代役はあるのか調査!」でも紹介していますので、ぜひ見ていってください。

 

 

スポンサーリンク

【朝ドラエール5週目】鶴亀寅吉は何者?

 

豊橋のコンサートを開くきっかけとなったのは、裕一のことを聞いた、鶴亀寅吉(つるかめとらきち)という興行師からの誘いでした。

 

実は鶴亀寅吉の存在を、光子さんはかなり怪しんでいたんですね。

 

音はやる気になり、3か所の会場でコンサートを開く契約を交わすことになったのです。

 

そして、演奏会は大好評!となったのに、、何と、鶴亀寅吉はギャラを持ち逃げしてしまったのでした!

 

音は東京行きの足しにしたかったのに、とご立腹でしたが、裕一は「楽しかったからいいよ!」と言います。

 

(なんていい人なんでしょう、裕一さん。)

 

そして、裕一は、留学と結婚の準備のために、福島へ帰って行くのでした。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は朝ドラ「エール」、第5週のネタバレ感想をご紹介しました!

 

裕一さん、会えないと分ったら、いきなり音の住む町まで突然駆けつけるとは、スゴイ行動力!

 

しかも音にあった瞬間に、曲のイメージが頭に浮かぶなんて、やっぱり裕一さんと音の二人は、何か運命的なつながりがあるということなんですね。

 

(私もこんなお二人のような、運命的な出会いをしてみたいです!)

 

でもそうなると、音さんはやっぱり裕一さんについてイギリスに行くんでしょうか?

 

そしてついに、志村けんさん扮する、小山田耕三さんが登場となります。

 

志村けんさんがどこまでの出演となるのかは分かりませんが、最後の演技を見届けたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

error: Content is protected !!