エール朝ドラ

【エール】放送中断はいつからで再開はいつ?どこまでの話になる?

NHKの朝ドラ「エール」が放送されていますが、新型コロナウィルスの影響で放送が一旦中止になります。

 

4月からの「緊急事態宣言」によって、ドラマの撮影が休止となったためです。

 

撮影済みのストックが6月末から7月初旬に切れるんだとか。

 

今回は、NHK朝ドラ「エール」の放送中断はいつからで再開はいつなのか、どこまでの話になるのか、調査してみました!

 

スポンサーリンク

NHK朝ドラエールの放送は6月で中止へ

 

4月8日に発令された「緊急事態宣言」は当初、5月6日のゴールデンウイーク連休明けには解除となる方向でした。

 

ところが、コロナウィルス感染の状況により、5月7日以降も1カ月程度延長する方針が、5月1日発表されています。

 

朝ドラエールのドラマ撮影は、4月1日から撮影が止まっていました。

 

ところが今回、緊急事態宣言の延長表明でさらに約1カ月再開できないことが決定的になったことで、早ければ、NHKの朝ドラは、6月末に撮影済みの放送回がなくなってしまうことが分かりました。

 

これは仕方がないですね。

 

国が指示を出している限りは、撮影は出来ないので、一旦は長期の「次回へ続く」とならざるを得ませんね。

 

スポンサーリンク

【エール】放送中断はいつからで再開はいつ?

 

緊急時多宣言の延長が表明となったことで、NHKでは、当面は再放送や総集編を放送することが決まりました。

 

そうなると、次の撮影が開始となり編集作業もあるでしょうから、通常なら9月末までの放送が、ずれ込みます。

 

「エール」は、朝ドラ史上初めて週5回の放送になっています。

 

これは、朝ドラで初めて解像度の高い「4K」で撮影のため、これまでより制作時間がかかるからなのだそうです。

 

もうこうなったら、通常の映像に切替えて放送しても良いと思うんですが、「4K」となってしまった以上変更出来ないということですね。

 

スポンサーリンク

【エール】どこまでの話になる?

 

朝ドラエールは、5月1日(金)の放送が終わった時点で、5週目となります。

 

早くて6月末に撮影済みの放送回がなくなってしまうことが判明しています。

 

なので、6月27日(土)(第13週)をもって、一旦中止となります。

 

6週目からとなる5月4日からは、窪田正孝さん演じる裕一と、二階堂ふみさん演じる音さんが、結婚を決めたところからのストーリーが新たに展開しています。

 

6月末となると、朝ドラとしては丁度半分までの物語になりますね。

 

裕一と音さんは音楽のために、東京に上京しますので、コロンブスレコードに所属して、作曲家として成長されていく姿が描かれる様子が描かれています。

 

お二人には子供さんも産まれるでしょうし、再開されれば、裕一さんと音さんの後半の生涯についての物語になります。

 

こちらでもエールのネタバレをお伝えしています⇒「【エール】音が妊娠で娘の華を出産は本当?裕一の曲は大ヒットへ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、NHK朝ドラ「エール」ドラマの放送中止について、まとめてみました!

 

ドラマの放送の続きが楽しみだとはいっても、コロナウィルスの影響だけは残念ですが、仕方がないですね。

 

(もし万が一、キャスト出演者の方々が感染したりしたら大変なことになりますし。)

 

本当に一日も早く、コロナウィルスが終息してくれることを願うばかりです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!