エール朝ドラ

【エール】朝ドラネタバレ!早稲田大学の応援部が裕一を救う!?

朝ドラ「エール」では、曲が書けないプレッシャーを背負った裕一のもとへ、突然早稲田大学の応援団がやって来ました。

 

しかも大勢の人が押しかけてきます!

 

この人たちは裕一に何をしようとしたのでしょう?

 

今回は、【エール】朝ドラネタバレとして早稲田大学の応援部が裕一を救うのか、お伝えします。

 

スポンサーリンク

【エール】朝ドラネタバレ!早稲田大学の応援部が裕一を救う!?

 

早稲田大学の応援団長・田中隆(たなか たかし)さんと、その一団!

 

何とも強烈なインパクトで登場。

 

マンガに出てくるような応援団長です。

 

早稲田大学応援部五代目団長は、田中隆(三浦貴大さん)。

団長として早稲田大学野球部を勝たせることに命をかけています。

 

正直、個人的には大変暑苦しい人物です。

 

でも、田中隆は、仲間を信じて、まっすぐに自分の夢に進んでいく男です。

 

田中さんの夢は、早稲田大学野球部を勝たせること。

 

田中隆は早稲田大学野球部を、何としても勝たせるために、わき目もふらず部員たちを引き連れて裕一のもとへやってきました。

 

応援歌を作ってもらうためですが、このことが裕一のターニングポイントになる出会いでもあります。

 

裕一は、西洋音楽からなかなか抜け出せず、流行りの単純な曲作れないことから、スランプに陥っていました。

 

そこへ舞い込んできた応援歌の話。

 

早稲田野球部といえば、ライバルは慶応ですよね!

 

慶応大学が新しい応援歌「若き血」を作ってから、早稲田は負け続きだったんです。

 

田中隆は、心湧きたつような新しい応援歌が欲しいと、裕一に頼みに来たのでした。

 

実はすでに「紺碧の空」という、タイトルと詩は決まっていました。

 

期限は2週間でしたが、この応援歌への取り組みが、裕一のターニングポイントとなるんです。

 

裕一にとっても大事な人物となったんですね!

 

ちなみに田中さんが来るきっかけとなったのは、久志のようです。

 

久志はとにかく人脈が広いですね。

 

スポンサーリンク

【エール】朝ドラネタバレ!田中隆のモデルは誰?

 

田中隆にはモデルがいるのか、気になり調べてみました。

 

早稲田応援部だった高山三夫さんという方なのだそうです。

 

そして、この高山三夫さんの息子さんの博光さんも早稲田大学。

 

何とあの、タモリさんより3年先輩だったんだとか。

 

高山三夫さんは、当時、タモリさんを歓楽街にあったフルーツパーラーのバーテンに抜擢しています。

 

タモリさんのお笑いがウケ、お店は大繁盛したんだとか。

 

そんなご縁もあって、高山三夫さんはタモリさんの結婚式で仲人をしたそうです。

 

髙山さんの息子の博光さんは、福岡市議に立候補したことがありました。

 

この時、タモリさんは応援に駆けつけています。

 

早稲田大学の応援団が古関裕而さんに依頼時に、高山三夫さんは早稲田大学時代応援団長でした。

 

副応援団長だったという説もありますが、いずれにしても高山三夫さんをモデルにしているものと思われます。

 

田中隆さんを演じる三浦貴大さんについては、「【エール】三浦貴大の演技は?田中隆は早稲田大学応援団長がモデル!」で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧になってください!

 

スポンサーリンク

【エール】朝ドラを見た世間の声

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、【エール】朝ドラについてお伝えしました。

 

小山田先生にあってますます重圧を感じてしまった、裕一さん。

 

突然やって来た早稲田大学の応援団の迫力というか、圧がスゴイですね。

 

応援団を演じるキャストのみなさんの演技にも注目していきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!