エール

【エール】三浦貴大の演技は?田中隆は早稲田大学応援団長がモデル!

NHK朝ドラ「エール」東京編は、いよいよ古山裕一と音が上京しますね!

 

二人の、音楽の夢を実現させるための日々が始まります。

 

裕一(窪田正孝さん)は、小山田耕三の推薦で、コロンブスレコードと専属契約を結び、作曲家としての道を歩き始めました。

 

そして上京先に、田中隆(たなか たかし)という、早稲田大学の応援団長が登場するんです。

 

田中隆を演じるのは、三浦貴大(みうら たかひろ)さんで、田中隆は、無名の裕一に、曲を歌ってほしいと言ってきます。

 

田中隆のモデルは、誰なんでしょう?

 

今回は、田中隆を演じる、三浦貴大さんの経歴や、早稲田大学応援団長のモデルについても調査してみました。

 


【エール】田中隆のモデルは早稲田大学応援団長?

 

エール「東京編」で、三浦貴大さんが演じるのは、早稲田大学応援部の、五代目応援団長をつとめる、田中隆です。

 

古山裕一(窪田正孝さん)は、東京に来てから、「コロンブスレコード」と、作曲家として契約を結びます。

 

田中隆は、無名の古山裕一の噂を聞いて、早慶戦に勝つために新しい曲を作ってほしいと、裕一を訪ねて来ました。

 

早稲田大学野球部は、慶應義塾大学野球部に連敗続きでした。

 

慶應が勝ち始めたのは新しい応援歌が使われ始めた頃からだということで、田中隆は、早稲田にも新しい応援歌で勝利の波を引き寄せたいと思い、古山裕一に応援歌の作曲を依頼します。

 

なかなか曲が出来ない裕一に「先生なら作曲出来ます!」と励まします。

 

田中隆は九州の出身という設定で、九州弁を話す三浦貴大さんにも注目です。

 

そして実在のモデルは、早稲田大学応援部団長の田村さんという方です。

 

実際に慶應に連敗していた時、当時はまだ無名だった、古関裕而さんに応援歌を作曲してもらいます。

 

作曲がはかどらず、作曲の進捗具合を確かめたいと、応援部幹部が古関家に連日詰めかけます。

 

完成した応援歌は幹部のほとんどが楽譜を読めなかったので、古関裕而さんが応援部の歌の特訓を。担当します!

 

新しい応援歌の評判は良く、早稲田大学の第一応援歌となりました。

 

古関裕而さんはその後も高校野球の『栄冠は君に輝く』「六甲おろし」といった、プロ野球の応援歌等野球にまつわる曲も数多く手掛けるようになりました。

 

 

田村さんら当時の応援部の応援も熱がこもっていたはずです。

 

裕一のモデルとなる、古関裕而さんもきっと元気づけられたのではないでしょうか。

 

今回の朝ドラ出演について、三浦貴大さんはこんなコメントをしています。

 

10年以上役者を続けてきてついに朝ドラに出演させていただけることになり大変嬉しく思っています。

 

久しぶりに窪田正孝くんと共演できることもとても楽しみでした。

 

私の役は早稲田大学応援部団長で大変暑苦しい部分はありながらも仲間を信じまっすぐに自分の夢に突き進んでいく男です。

 

このドラマのタイトルをまさに具現化したようなキャラクターだと思っております。

 

若い頃の悩める古山さんにとっても、ターニングポイントとなる出会いだったのではないかと思い大切に演じました。

 

まっすぐで暑くて騒々しい愛すべき応援部の姿をぜひ見守ってください。

 

引用元 公式サイト

 

三浦貴大さん演じる、応援団長の熱い、話題となりそうですね!

 

三浦貴大プロフィール

 

ここからは、応援団長を演じる、三浦貴大さんの経歴プロフィールについて追ってみたいと思います。

 

 

三浦貴大(みうら たかひろ)さんは、神奈川県の生まれ。

 

生年月日は、1985年11月10日で、2020年4月現在、34歳です。

 

父は俳優・三浦友和さんで、母は昭和世代に大人気だった歌手の・山口百恵さんです。

 

俳優になる気持ちはなかったので、体育大学に進学します。

 

三浦貴大さん、精神保健福祉士を目指していましたが、自分には向いていないと気づいたそうです。

 

 

大学卒業後ふと、お父さんである三浦友和さんの仕事・俳優に興味が湧き、俳優の道を歩み始めることになりました。

 

 

2010年、俳優デビュー作となった映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞されるなど、注目されています。

 

この10年で100本近い映画・ドラマに出演され大活躍されています。

 

まとめ

 

今回は、三浦貴大さん演じる、田中隆という人物の経歴や、モデルの応援団長さんのプロフィールについてまとめてみました。

 

朝ドラエールは、音楽を題材にしているだけあって、素敵な音楽関係の人物がたくさん登場していますね。

 

三浦貴大さんの熱弁をふるったり、実際の早慶戦の応援シーンも話題になりそうです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!