エール朝ドラ

エール暁に祈る(あかつきにいのる)のモデルは?歌詞の意味やヒットの理由をネタバレ調査!

朝ドラエールは、9月21日(第15週)放送より、戦争の時代が描かれていきます。

 

そんな中戦争の歌となる「露営の歌」が50万枚以上の大ヒットとなった古山裕一に、次なるヒット曲のチャンスがやって来ます。

 

古山裕一が作曲した「暁に祈る」は、作詞が村野鉄男、歌うのは佐藤久志です。

 

「あかつきにいのる」はついに「福島三羽ガラス」として実現した曲です。

 

この曲の実際のモデルはどうなっているのでしょうか?

 

今回は、エールで佐藤久志が歌って流れていた「暁に祈る」について、モデルや歌詞の意味作詞家などについてネタバレ調査してみました。

 

スポンサーリンク

エール戦争の歌で暁に祈る(あかつきにいのる)のモデルとは?

 

 

「暁に祈る」は、昭和13年(1938年)の1月までに、日本で56万枚の売り上げとなり、戦前の流行歌では空前の大ヒットとなった「露営の歌」に続く、古関裕而古関さんのヒット曲です。

 

「暁に祈る」の歌です↓

 

曲を作るきっかけとなったのは、昭和15年(1940年)に公開された、同名タイトルの松竹大船映画の主題歌(戦時歌謡)です。

 

映画のサブタイトルは「征戦愛馬譜」となっていて、軍馬に対する認識と関心を高めるために陸軍省馬政課(当時の課長は栗林忠道騎兵大佐)が指導・後援して作られています。

 

映画を通して、日本人の戦いに勝とうとする気持ちを高めようとしたんですね。

 

映画は、中国大陸でロケを行い、実戦部隊を動員して撮影するほど当時としてはかなりの力の入れようとなりました。

 

映画のストーリーは恋愛物となっています。

 

【あらすじ】

千代は牧場の跡取り娘で、母親のしげから牧童頭の冬木との結婚を勧められていたが、となり村の真吉と恋仲になり真吉に嫁いでしまう。

そのためしげは千代と親子の縁を切っていた。

ある日真吉が出征することになり、真吉の親友でもある冬木は千代を許すようしげを説得するがしげは首を縦に振らない。

やがて真吉と千代が育てていた馬・太郎が軍に徴発されることになるが時を同じくして冬木にも召集令状が来る。

騎兵軍曹である冬木は隊長に掛け合って太郎を自分の馬にしてもらい、大陸に出陣する。

太郎のおかげで手柄を立てた冬木は真吉の部隊が近くにいることを知り、会いに行くが、真吉は前日の戦闘で戦死したところだった。

真吉の戦死の報は内地にも届き、しげは娘を連れ戻しに嫁ぎ先に行くが、千代は一生真吉の妻であり続けると母に告げる。

しげはやっと娘の真心を知り、縁切りを解き、娘に謝罪する。

大陸では真吉の遺骨を抱いた冬木が、太郎の背にまたがり堂々の入城行進を行う。

引用元:Wikipedia

 

古関裕而さんは、この映画『暁に祈る』の主題歌を、「愛馬花嫁」とのカップリングで1940年に発表して、またもや大ヒットとなりました。

 

「愛馬花嫁」の歌です↓

 

また、「暁に祈る」の曲を歌った伊藤久男さんは、映画にも「唄う兵隊」の役で出演しています。

 

陸軍省がかなり力を入れた映画であったことから、主題歌については、作詞を担当した野村俊夫は7回も書き直しを命じられたエピソードが残っています。

 

当時の馬政課員の軍人達は、国を挙げての一大プロモーションとしてこの映画を成功させたかったんでしょう。

 

あまりの徹底ぶりに、その時野村俊夫さんは思わず「あ~あ」というため息を漏らしたのですが、この「あ~あ」が、歌の歌い出しとなって生まれたんだとか。

 

詩と曲には、望郷の念にかられる兵士達の思いが見事に描かれていたことが、大衆に受けて、当初の目的である「軍馬PR映画」の枠を超えてレコードも大ヒットを記録しています。

 

「露営の歌」の50万枚以上の大ヒットに比べて、4万1000枚のヒット。

 

ですが、当時は第二次大戦も勃発するなど、日に日に庶民の暮らしは楽にならず経済的に困窮しはじめていた時代にこれだけの売り上げがあったということでいかに支持されていたのかが分かります。

 

エールのドラマでは、話数が減らされたことも影響したのかは分かりませんが「露営の歌」がサラッと描かれていたので、「暁に祈る」がどこまで描かれるのかにも注目してみたいと思います。

 

露営の歌ネタバレはコチラ⇒「エール露営の歌(ろえいのうた)のモデルは何?歌詞の意味やヒットの理由をネタバレ調査!

 

スポンサーリンク

エール暁に祈る(あかつきにいのる)歌詞の意味やヒットの理由をネタバレ調査!

 

エールで戦争の歌「暁に祈る」は、実は「反戦の歌」であることが、聞いているとよく分かります。

 

本心では家族と別れ戦争に行きたくはなかった兵士達に共感を得て愛唱された結果、ヒットした曲です。

 

著作権の関係がありますので、すべての歌詞を見たい方はココから見てください。

 

スポンサーリンク

エール暁に祈る(あかつきにいのる)福島三羽ガラスが話題

 

 

朝ドラエールでは、「暁に祈る」を歌うのは、山崎育三郎さん演じる佐藤久志です。

 

裕一が作曲して、鉄男が作詞をしていて、久志の歌うことになったこの曲は、国民の心をとらえて出征する兵士の見送りに歌われるようになり、大ヒットします。

 

この曲で、久志だけでなく鉄男もヒット曲に恵まれることになり、福島三羽ガラスとして音楽の世界で3人そろって成功することが出来ました。

 

鉄男は「福島行進曲」で作詞を担当したものの、永らくヒット曲に恵まれずでおでん屋を続けていたので、ようやく世に認められることが出来て良かったですね。

 

ただ、昭和16年(1941年)には、太平洋戦争が勃発。

 

小山祐一は戦時歌謡曲に加えて、ニュース歌謡の作曲にも携わるようになっていきます。

 

佐藤久志について⇒「【エール】山崎育三郎の久志役モデルは誰?キャストをネタバレ調査!

 

鉄男のネタバレはコチラ⇒「エール鉄男の作詞家モデルは誰?裕一の友達キャスト中村蒼も調査!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、朝ドラエールで登場する「暁に祈る」の曲について、ネタバレ調査してみました。

 

裕一は吟の夫の鏑木智彦から曲を作ることを頼まれてもなかなか良い曲が作れなかったのが、藤堂先生のアドバイスもあって完成することが出来て良かったです。

 

歌や音楽って確かに、人の心に訴えるものはあるし、なくてはならないと思うのですが、戦時中に軍歌として大ヒットとなると、複雑な気持ちになります。

 

小山祐一や、妻の音だってこの時は、日本の国を思ってやっていたとはいえ何とも言えないなあ、と個人的には思いました。

 

エールのドラマで、戦時下をどのように描いていくのか、引き続き見ていきたいと思います。

error: Content is protected !!