エール朝ドラ

【エール】柴咲コウのモデルは三浦環!双浦環のオペラは吹き替え?

NHK朝ドラ「エール」で、4月7日放送で登場した、柴咲コウさんの歌唱シーンが注目されました。

 

教会に現れた柴崎さんの姿はネット上でも話題になり、思わず見入ってしまった方も多かったのではないでしょうか?

 

柴咲コウさんは、オペラ歌手の双浦環という役で出演しています!

 

今回は、柴咲コウさん演じる、双浦環(ふたうら たまき)のモデルの三浦環さんについて、又、柴咲コウさんのこれまでの歌唱経験についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

【 エール】双浦環(柴咲コウ)のモデルは三浦環!

 

朝ドラ「エール」で柴咲コウさんが演じるオペラ歌手の双浦環は、三浦環さんという実在の人物がモデルになっています。

 

ドラマの中で、環が歌う姿を見て、音が衝撃の出会いを果たした、と言う場面で登場していた、白のドレスを着て歌っていた女性です。

 

双浦環のモデルとなった、三浦環(みうら たまき)さんは、1884年(明治17年)東京・京橋生まれです。

 

 

3歳の頃から日本舞踊、6歳の頃から長唄と箏を習うなど、幼い頃から音楽の環境に恵まれていました。

 

東京音楽学校(現在の東京藝術大学音楽学部)に入学すると、瀧廉太郎(ピアノ)、幸田延(声楽)らに師事します。

 

在学中には日本人の手による初めてのオペラに出演し、成功を収めました。

 

音楽学校を卒業後は研究科へと進み山田耕筰らを教え、1907年(明治40年)には助教授になっています。

 

1914年(大正3年)、前年に結婚していた医師の夫・三浦政太郎とともにドイツに留学。

 

欧州でオペラの才能を認められた環は、イギリス、アメリカ、イタリア、スペインなど欧米各地で次々に公演を成功させました。

 

特にジャコモ・プッチーニ(イタリア)作のオペラ「蝶々夫人」の蝶々役は当たり役となり、プッチーニ本人からも激賞されます。

 

環による「蝶々夫人」の公演は実に2,000を超え、国際的に知られるオペラ歌手として成功を収めることになりました。

 

帰国後は、日本国内でも「蝶々夫人」などの舞台に出演。

 

終戦後も国内でリサイタルを開くなど、本場欧州で培った音楽文化を日本へと伝えたのでした。

 

残念ながら、1946年に頃から体調を崩され、目に見えて衰弱し始めます。

 

同年の3月には入院することになり、膀胱癌のため、2か月の5月に62歳でお亡くなりになりました。

 

 

スポンサーリンク

三浦環は実在のオペラ歌手だった!

三浦環さんは、明治時代に実在したオペラ歌手ということで、後に裕一のモデルである、作曲家の古関裕而と交流がありました。

 

シチリア島のパレルモで「蝶々夫人」の2000回公演を達成したことをきっかけに、三浦環さんは永住帰国を決意します。

 

1935年11月に帰国すると、日本でもオペラの公演やレコーディングをし、オペラ歌手として活躍します。

 

帰国後レコーディングした曲の中に古関裕而さんが作曲した「船頭可愛や」がありました。

 

華々しい活躍を続けてきた三浦環さんですが、1944年に第二次世界大戦が激化してくると、山梨県に疎開します。

 

疎開先にもピアノを持ち込んで地元の子供たちに教えていたこともありました。

 

こんな人が明治時代にもいたのか・・・と思うと信じられない気もしますが、西洋文化が浸透しきっていない日本において、当時とても珍しい存在だったようです。

 

「エール」のドラマでも、音だけでなく、裕一にとっても欠かせない人物であることは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

【エール】柴咲コウの歌は吹き替え?歌唱の歌声は?

 

柴咲コウさんといえば、女優だけでなく、歌手としても活躍されています。

 

RUI名義で歌ったシングル「月のしずく」は、オリコンのチャートに入るなど、大ヒットの曲となりました。


今回の「エール」では、オペラ歌手の役ということで、歌手活動されてるものの、オペラの発声法はこれまでの歌い方と違うということで、ドラマのためにレッスンを頑張ったんだとか。

 

ただ、これまでにない歌唱方法を経験したことで、勉強になったそうです。

 

ということで、柴咲コウさん演じる、双浦環の歌声は吹き替えでないということが分かりました!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、、柴咲コウさん演じる、双浦環(ふたうら たまき)のモデルの三浦環さんについて、又、柴咲コウさんのこれまでの歌唱経験についてまとめてみました。

 

今回のドラマは、出演される女優さんたちも吹き替えなしに歌ってることを知って、すごいどりょくされてるんだなあ、と思いました。

 

一昔前の昭和時代のドラマとかだったら、平気で吹き替えしてたような気もします。

 

令和の時代にもなると、そんな訳にいかないんですね。

 

柴咲コウさんの美しい歌声を最後まで、楽しみたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!