エール朝ドラ

【エール】音が妊娠で娘の華を出産!裕一の船頭可愛いや小唄は大ヒットへ

朝ドラ「エール」裕一と音が東京に来てからも、仲が良いですね!

 

歌手を目指している音(二階堂ふみさん)が、オーディションを応募したり、裕一も作曲家目指して曲作りに励んでます。

 

ところで、そんな二人に子供が産まれるんだとか。

 

どんな赤ちゃんが誕生するのか気になりました!

 

今回は、音が妊娠して娘の華を出産は本当なのか?裕一の曲は大ヒットするのかも調査してみました。

 

スポンサーリンク

【エール】音が妊娠で娘の華を出産は本当?

 

裕一と音さんの、実在のモデルの古関裕而さんと古関金子さんには、子供がいます。

 

それで、エールのドラマでも、音楽学校のトップの千鶴子に勝って、椿姫の主役に抜擢されるそう。

 

音は、記念公演のために、呼吸法や体づくりに取り組み始めました。

 

そんなある日、音は妊娠していることに気付きます。

 

練習の成果が出始めた音ですが、それでも舞台に立ちたいという音。

 

ところが、音が妊娠していることに周囲は困惑するんです。

 

音にとっても、育児をしながらの通学は難しくて、でも学校はいずれ退学しなければならないけど、いつか歌手になる道につなげるためにも記念公演の「椿姫」だけはやり遂げるつもりでした。

 

稽古終わりに、音はみんなにその旨を伝えようと「自分に気遣ってもらう必要はないです。」と訴えます。

 

ところが周囲の反応はそれほどでもなく、さらに、千鶴子(小南満佑子さん)からは周りのことも少しは考えるようにと言われます。

 

音自身も何をしても「お腹の子に障る」と言われることに苛立っています。

 

一方、双浦環だけは、今まで通りに接してくれるんです。

 

音は環に歌への情熱を訴えるんですが、環は逆に「プロ意識がなってない。」と音に伝えるんです。

 

音は、どうしたら良いか解らなくなるんですが、裕一は「音の夢を僕に預けて欲しい」と提案します。

 

「僕が作った曲を、いつか音には、大舞台で歌って欲しい。」と言ってくれます。

 

裕一の言葉にうなずいた音は『椿姫』を降板し、退学届けを提出。

 

半年後、古山家に元気な女の子が誕生するんだとか!

 

二人の子供だから、めちゃくちゃ可愛いでしょうね。

 

あっという間に半年後、娘の華が生まれます。

 

スポンサーリンク

【エール】裕一の「船頭可愛いや小唄」曲は大ヒット?

 

なかなか裕一さんの曲は、早稲田大学の応援歌(学校の曲なので、コロンブスレコードからのヒットではないですが。)以降、芽が出なかったので、何とかヒット曲が欲しいところでした。

 

裕一の初めてのレコードとなった「福島行進曲」もヒット曲にならなかったですし、「船頭可愛いや」も親友の鉄男が詞を作ってくれても、これまたヒット曲には至りませんでした。

 

コロンブスレコードからは、これまでの契約金を全額返金しろと言われた、裕一。

 

古山家最大のピンチとなりますが、音から船頭小唄のことを聞いた、双浦環が、「私が歌いたい。」と言ってきます。

 

そして、「船頭可愛いや」の小唄は、裕一にとって最初の大ヒット曲となるのでした。

 

音丸さんが歌ったバージョンも相乗効果で、ヒット曲となりました。

 

下駄屋の娘さんとして知られていた音丸さんも、この曲で人気歌手となります!

 

そんな時、音は、妊娠してることに気付き、体調不良のために、「椿姫」を降板します。

 

音の出産を機に、裕一も曲が大ヒットして、安定した作曲家生活を送れるようですね!

 

エールについては「【エール】船頭可愛いやの曲は誰の歌?古関裕而が作曲で実話と違うのか調査!」でもご紹介しています!

 

スポンサーリンク

朝ドラエールを見たみなさんの声

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、エールのドラマの、音の妊娠・出産についてまとめてみました。

 

二人の子供だから、めちゃくちゃ可愛いでしょう。

 

実在のモデルの、古関裕而さんと古関金子さんとの間には3人のお子さんがいるんですよね。

 

エールのドラマでは、このあたりをどう描かれるのか楽しみになっています。

 

最終回について「朝ドラエール最終回ネタバレ予想!結末ラストは甲子園で校歌の合唱!」でもご紹介しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!